子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

【連載】子ども連れファミリーに大人気!浜名湖パルパルの魅力!

幼児と楽しめる遊園地を探しているファミリーが体験!

小さな子ども連れファミリーに大人気の遊園地「浜名湖パルパル」。2歳なら約15個3歳では約25個ものアトラクションに乗ることができます。また、浜名湖の大自然を満喫しながら一日遊べることもあり、今、家族連れ大注目の遊園地です。(※)

園内に入るとすぐ設置されている身長チェックボードには日付が。「『浜名湖パルパル』に来るたびに大きくなっていることを、家族で感じてほしい」そんな気持ちで設置されています。

今回は、3歳、7歳、10歳の3人の子どものいる木原さんファミリーが、1日で一体何アトラクション楽しめるのか!? 体験してきました!
※未就学児は中学生以上の同伴が必要なもの、身長制限も設定されている遊具も含む。

浜名湖パルパルの3つの魅力!

【魅力1】幼児向け乗り物数、3歳が乗れるアトラクションが25種類!

【魅力2】浜名湖の大自然の中で遊園地を楽しめる!

【魅力3】東京から車で約3時間、名古屋からも約1時間!

3つのエリアのどこから楽しむ!?浜名湖パルパル!

「浜名湖パルパル」は、3つのエリアで構成されています。入場ゲートをくぐると最初に目の前に広がるのが「エントランスゾーン」、浜名湖が目の前に広がる「レイクサイドゾーン」。高台から大パノラマを楽しみながら、パルパルキャラクターたちのアトラクションが楽しめる「モンテゾーン」。
どこから楽しむのか、家族で相談しながら出かけるのもおすすめです!

【10:30〜】エントランスゾーンから、浜名湖パルパルを満喫!

「エントランスゾーン」の9種類のアトラクションのうち、3歳〜でも楽しめるのは7アトラクション!

木原さんファミリーは、「エントランスゾーン」からスタート。浜名湖パルパルで人気の二つのジェットコースター「メガコースター『四次元』」(7歳〜)や「ミニコースター」(4歳〜)、人気の「回転すしカート『まわるんじゃ〜』」(2歳〜)など9つのアトラクションが楽しめるエリアです。

入口を入ってすぐ!エントランスゾーンで3歳から乗れるアトラクションは全9種類中7種類(2016年3月現在)

最初に挑戦したのは長男の悠月くん。はじめは運転に戸惑いながらも徐々にコツを覚えて着々とポイントをゲット。

まず挑戦したのが、「エントランスゾーン」の「回転すしカート『まわるんじゃー』」(2歳〜)。
国内で初めて回転寿司をテーマにしたアトラクションで、360度にくるくると回るカートに乗って、時間内にすしポイントをゲットするタイムレースです。

家族みんなでスピード感を楽しむエントランスゾーンを満喫!

ちさきちゃんとママはゆっくりと出発しながら完走!

続いて挑戦したのは「ゴーカート」(3歳〜)。
本格的なエンジンの音を聞きながら約2分のコースを走ります。運転席の左右どちらにもハンドルがついているので、小さな子どももドライブを満喫できます。
一人で乗った悠月くんはブーンとスタートダッシュ。はるきくん・パパ組は慎重にアクセルを踏んで前へ。それぞれが好みの運転を楽しみました。「(コースは)曲がりくねって迷路みたいですごく面白い!」(悠月くん)と、子どもたちも大満足!

木原さんファミリーが「エントランスゾーン」で乗ったのは?

「エントランスゾーン」で木原さんファミリーが乗ったのは、お兄ちゃん2人は、点検中の「ミニコースター」以外の全8アトラクション。
3歳のちさきちゃんは6種類のアトラクション。家族みんながアトラクションを満喫しました。

【12:00〜】レイクサイドゾーンから、浜名湖パルパルを満喫!

続いて木原さんファミリーが向かったのは、湖に接する「レイクサイドゾーン」です。地中海をイメージした景観で統一されたエリアで、ゾーンに入ると、聞こえてくるのはキャーという絶叫。その声に敏感に反応した子どもたちは、「あれ、乗れるかな〜!乗ろう乗ろう!」と大喜びで駆け出します。

「レイクサイドゾーン」の12種類のアトラクションのうち、3歳でも楽しめるのは10アトラクション!

地中海をイメージした「レイクサイドゾーン」で、3歳から乗れるアトラクションは全12種類中10種類(2016年3月現在)

高いところが苦手な悠月くん、スリルのあるアトラクションが大好きなはるきくんの、2人のお兄ちゃんとパパが挑戦!

レイクサイドゾーンで最初に乗ったのは、「急流すべり『ドン・ブラーコ』」。8人乗り大型ライドで1周約4分。浜名湖を眺めながら遊覧が楽しめて、クライマックスは最高部14メートルの高さから一気に大滑走のスリルが味わえます。

絶叫アトラクションが大好きなはるき君は「気持ちよかった〜!」。絶叫アトラクションが少し苦手な悠月くんも、「あードキドキした!…急に…ヒャ〜って落ちていったよ! 一番前ドキドキする!」と、全身を使って説明してくれました。

のんびり水辺を楽しむアトラクション「メルヘンボート」へ!

「(浜名湖パルパルは)アトラクションとアトラクションの間が近いので移動が楽ですね。小さな子どもでも、たくさん乗ることができて、密度の濃い時間を過ごせます」(ママ)

次にやってきたのは「メルヘンボート」(対象年齢なし)。丸い船に乗って、浜名湖を眺めながら小川をゆっくり1周します。途中でパルパルキャラクターにも会える、メルヘンチックなアトラクション。家族そろってゆらりゆらりと楽しみました。

メルヘンボートの後はすぐ隣のアトラクション「レッドバロン」(3歳〜)へ。飛行機型のアトラクションで操縦が楽しめます。左側のハンドルを上下すると、飛行機も上下し右側のボタンを押すと銃声がします。やっぱり男の子、ビーム音がでるボタンを夢中で押しながら体験していました。

絶叫系アトラクションが多い「レイクサイドゾーン」にワクワク!

お兄ちゃん2人とママが「ワイルドストーム」に挑戦している間、3歳のちさきちゃんは「ママ!お兄ちゃん頑張って!」と応援していました。

このゾーンのクライマックスは、「ワイルドストーム」(3歳以〜)。グルグルと回転しながら座席も左右に揺られます。「ものすごいスピードで回る観覧車みたいだった!」(悠月くん)。大空に放り出されるような感覚は超絶叫ものです。

木原さんファミリーが「レイクサイドゾーン」で乗ったのは?

「レイクサイドゾーン」で木原さんファミリーが乗ったのは、お兄ちゃん2人は、全11アトラクション。
3歳のちさきちゃんは7種類のアトラクション。浜名湖を眺めながら、家族みんなで楽しみました。

レイクサイドゾーンに3月18日新アトラクション「まわっタワ〜」誕生!

2016年3月18日に 新アトラクション 空中ブランコ「まわっタワ〜」(4歳〜)が登場します。
もともと「レイクサイドゾーン」にあった空中ブランコ「ファンタジースウィンガー」が生まれ変わり、昇降機能や偏心機能がプラスされて、より動きがダイナミックになり、スリルも倍増。電飾が多用されているので華やかさも一段とアップして楽しめます。

【13:30〜】PAKUPAKU大食堂でランチ!

たっぷり遊んだらお腹がペコペコ。園内のメインフードスポットである「PAKUPAKU大食堂」へやってきた木原さんファミリー。
大きなガラス窓に囲まれた窓際に座って、浜名湖やロープウェイの綺麗な景色を楽しみながら、エネルギー補給です。お座敷もあるので、小さな子がいるファミリーでも便利です。

【13:00〜】パルパルキャラクター遊具満載のモンテゾーン!

午後は高台にある「モンテゾーン」へ。漫画家やなせたかし先生による「浜名湖パルパル」のキャラクターたち(パレオ、パーラ、エビーノ、トマトーナ、マスケラーナ、アンティコ姫など)にたくさん出会えるエリアで、子どもたちに大人気です。

「モンテゾーン」の10種類のアトラクション全てが3歳でも楽しめます。中には2歳以下でも乗れるものも。

パルパルキャラクターたちに会える「モンテゾーン」で、3歳でも乗れるアトラクションはゾーン内の10種類全て!(2016年3月現在)

「モンテゾーン」では最初に「トマトーナのグルメトレイン」(対象年齢なし)に家族全員で乗車。
食べることが大好きなトマトーナがグルメの旅を案内します。「『レイクサイドゾーン』のドキドキとはちょっと違った面白さ!」と悠月くん。高台の大パノラマと、キャラクターワールドを楽しめます。

続いて「メリーゴーランド」(対象年齢なし)にやってきた木原さんファミリー。
珍しい2階建てのメリーゴーランドに全員で乗りました。3歳のちさきちゃんもなんと一人で乗馬! 馬を前後に自分で揺らしてとても楽しそうです。

「メリーゴーランドの遊具にベルトが付いているのは珍しいですね。これがあると安心して(3歳でも)一人で乗せられます。小さな子どもを連れている者としては、こんな細かい配慮が嬉しいですね」(ママ)

木原さんファミリーが「モンテゾーン」で乗ったのは?

「モンテゾーン」で木原さんファミリーが乗ったのは、キャラクターたちと楽しめる10アトラクションすべて! 

【15:00〜】帰宅前に華咲の湯でのんびり! もちろんウェルシーズン浜名湖で宿泊も!

遊び疲れたら、温泉にゆっくり浸かってリフレッシュするのも家族の楽しいひととき。浜名湖パルパルは、実は浜名湖最大級のスパリゾート「ホテル ウェルシーズン浜名湖」と直結しています。利便性が高く、天然療養温泉をはじめ、約60種類のできたてバイキングや和風 創作会席も楽しめます。日帰り利用だけでなく宿泊もおすすめです。宿泊者はなんと入園がなんと無料なんです。

木原さんファミリーは、1日で約30種類のアトラクションに乗れました!家族全員が大満足!

開園から「浜名湖パルパル」を満喫した木原さんファミリー! 
1日で楽しんだのは、、、、

  • エントランスゾーン…8アトラクション(取材日1アトラクション点検中)
  • レイクサイドゾーン…11アトラクション
  • モンテゾーン…10アトラクション

全29アトラクションです
「1日で約30ものアトラクションを楽しめるんですね!」と、家族みんなが大喜びでした!

【キッズの意見】子どもそれぞれが大好きなアトラクションを見つけられる!

1日で沢山のアトラクションを楽しんだ子どもたちは、
「『急流すべりドン・ブラーコ』が一番大好き! もっと怖いの乗りたいけど…次はもっと乗れるかな!」(悠月くん)
「『ワイルドストーム』のドキドキが忘れられない! 全然怖くなかったよ。また来たいな」(はるきくん)
「(一人で乗った)『メリーゴーランド』が楽しかった。また一人で乗りたいな!」(ちさきちゃん)
と、大喜び!

【パパの意見】家族みんなで満喫できる遊園地でした!

「思ったより大型で、迫力のあるアトラクションが充実していて、子どもと一緒に親も童心にかえって楽しみました! 
満足度は高いですね。いつもは、大きい遊園地に行っても1日に3つ、4つぐらいに何とか乗るという感じですが、「浜名湖パルパル」では1日で約30ものアトラクションに乗れてよかったです。印象に残ってるのは『急流すべり『ドン・ブラーコ』! また乗りたいですね」(パパ)

【ママの意見】子ども連れが楽しめる工夫が沢山の遊園地!

「子どもたちの年が離れていても、みんなが楽しめるアトラクションが多いですね。しかも大人でもドキドキするような適度なスリルもあり、クオリティがすごく高い遊園地だと思います。
ゾーンにそれぞれ特色があるので、子どもたちも飽きずに遊べます。園内の広さのサイズもちょうどよく、テンポよく遊べるという印象です。良い感じで時間を忘れることができました」(ママ)

浜名湖パルパルには幼児連れで楽しめるしかけがまだまだいっぱい!

3歳のお誕生日から1カ月! ファミリー無料ご招待!

「浜名湖パルパル」では、小さなうちから遊園地を思いっきり楽しんでほしい! そんなメッセージをこめて、「3歳ファミリー無料ご招待キャンペーン」を開催しています。
3歳のお誕生日から一か月間は、親子3人の入園が無料になります。(3歳の子ども本人+保護者2名)
※母子手帳等での確認があります。

季節のイベント盛りだくさん!何度来てもあきない!

浜名湖パルパルの魅力はアトラクションだけではありません。小さな子から高学年まで対象にした多彩なイベントが四季折々に開催されています。春には満開の桜が園内を彩り、夏には、プールも大人気です。

現在、行われているのはパルパルキャラクターと握手や写真が撮れる「パルパルファミリーの園内お散歩」(不定期)や、パルパルに隠された財宝を探す謎解きアトラクション「海賊船の財宝を探し出せ」(〜6月27日)など。HPで事前にチェックしておくとより楽しみ方が広がります。

授乳室や、ミルク用のお湯の準備も!

幼児連れで遊ぶときに気になるのは、授乳やおむつ替えです。浜名湖パルパルはそんな家族連れへの配慮も万全です。授乳室は園内3箇所にあり、その他、各多目的トイレにおむつ替え台があります。また、1つの授乳室にはお湯の完備がされています。その他の授乳室にはお湯の完備はありませんが、各ゾーンテイクアウトショップ・レストランに用意してありますのでリクエストしましょう。

混雑でも、子どもが夢中になる!やなせたかし氏が生んだキャラクターたち!

浜名湖パルパルの魅力のひとつが、個性豊かなキャラクターたちに出会えることです。

パレオやパーラ、エビーノ、トマトーナ、マスケラーナ、アンティコ姫など、36体のキャラクターは漫画家のやなせたかし氏によって生まれました。好きなキャラクターを見つけたら、握手したり、記念撮影したり、一緒に遊びましょう。

浜名湖パルパルをチェック!

ゆうえんち 浜名湖パルパル
〒431-1209 静岡県浜松市西区舘山寺町1891
053-487-2121
※料金やアトラクションについての記載は取材時のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

いこーよ編集部

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、親子の成長、夢の育みを応援する親子のためのお出かけ情報サイトです。親子のお出かけを楽しくするスポット、イベントをリアルタイムで発信していきます。

ライターの最新記事