子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

おたふくかぜ流行の兆し。流行る前に予防接種を!

4年〜5年に1度流行するというおたふくかぜ。前回の流行は2010年で、2015年後半から新たな流行の兆しが見え、注意喚起がされています。そこで、おたふくかぜの症状や予防接種について、国立感染症研究所感染症疫学センター第三室 室長で小児科医の多屋馨子さんに伺いました。

おたふくかぜとは?かかりやすい年齢とその症状

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)とは、どのような病気なのでしょうか。

おたふくかぜは、ムンプスウイルスにより起こる感染症です。唾液を介して飛沫感染する病気で、潜伏期間は2週間〜3週間ほど。発症すると耳の下が腫れて痛むのと同時に、発熱などの症状が出ます。かかりやすい年齢は4歳〜5歳頃で、例年6月頃が流行のピークとなります。学校保健安全法により耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が始まった後5日を経過し、かつ、全身状態が良好となるまでは出席停止とされている感染症ですね。」

発症した場合、通常は1週間〜2週間ほどで自然に治りますが、実は合併症が多い病気なのだそうです。

おたふくかぜは、髄膜炎や脳炎、難聴などを引き起こし、重症化すると後遺症が残る場合もあります。おたふくかぜ発症者の約8パーセントが髄膜炎、1,000人に1人は難聴になるというデータがあります。特に怖いのが難聴で、おたふくかぜで耳が聞こえなくなってしまうと、ムンプス難聴といって、片側性が多いとはいえ残念ながら聴力が戻ることはほぼないのです。」

大人がかかると重症化することも

さらに、大人がかかった場合には、子どもよりも症状が重いことがあるそうです。

大人がおたふくかぜになると、39度近い熱が1週間ほど続く場合があります。男性は睾丸炎(精巣炎)になる可能性がありますし、女性は卵巣炎や妊娠中にかかると流産の危険性もあります。」

合併症が起こるかどうかは誰にもわかりません。後遺症を患ってからでは取り返しがつかないので、「自分だけは大丈夫」と思わず、しっかり予防することが大切です。


もしかかってしまったら・・・ 家庭でできるケア

おたふくかぜを発症した場合ですが、ムンプスウイルスの特効薬はないので、解熱鎮痛薬を用いた痛みや熱に対する対症療法が基本となります。

「頬が腫れているときは、痛みがあるのですっぱいものなど唾液が出る食べものや飲みものは避けてください。なるべく刺激のない、やわらかいものをとるようにするのがいいですね。また、脱水症状にならないよう気をつけてください。」

そして、おたふくかぜにかかってしまったら、耳に異常がないか気をつけてみてあげることが必要だそうです。とくに小さな子どもの場合、片方の耳が聞こえづらくなっていたとしても気づかないことが多いので、子どもの耳元で指をこする「指こすり法」で難聴になっていないか調べてみるとよいとのことです。

<指こすり法>
お母さんの手元が見えないようお子さんの後ろに立ち、お子さんの耳元で指をこすり合わせ、聞こえたほうの手を挙げてもらいます。何度かくり返し、きちんと聞こえているかどうかを確認します。

もしお子さんの様子が少しでもおかしいと感じたら、すぐに耳鼻科を受診しましょう。

唯一の予防方法は、予防接種を受けること

多屋さんによれば「おたふくかぜを予防するには、予防接種を受けるのが唯一の方法」とのこと。

「おたふくかぜの予防接種は生ワクチンで、弱毒化したムンプスウイルスを身体の中に入れることで、免疫力をつけるものです。1度免疫を獲得すれば、通常、生涯おたふくかぜにかかることはありません。」

しかし、おたふくかぜワクチンは、任意接種のため接種費用が自己負担であるということや、副反応への不安などから、その他の定期接種に比べて接種率はかなり低く、0歳〜2歳の子どもの接種率は3割〜4割にとどまっているそうです。

「生ワクチンなので、数千人に1人の割合で髄膜炎になることがあります。しかし、これは自然感染での発生率よりもずっと低く、重症化しにくいもの。ワクチンの副反応を恐れて、予防接種を受けずおたふくかぜにかかるほうが合併症を起こすリスクが高く危険です。正しい知識を持って、理解をした上で、予防接種を受けてほしいですね。」


ワクチン接種は流行前に。なるべく入園・入学前の接種を!

ワクチンの効果が出るのは接種から2週間〜3週間後なので、流行前にしっかり接種しておきたいもの。
「おたふくかぜの予防接種は2回受けるのがベストです。タイミングとしては、MR(麻しん風しん混合)ワクチンと同じく、1歳過ぎ(0歳での接種はできません)に1回目、入学前に2回目を接種するとよいでしょう。おたふくかぜの場合、患者さんと接触後にワクチンを接種しても発症予防には間に合いませんので、この4月から幼稚園や保育所などの集団生活に入るお子さんでまだ予防接種を受けていない場合は、流行する前に、なるべく早く受けることをおすすめします。」

子どもはもちろん、子どもの頃におたふくかぜにかかっておらず、予防接種も受けていない大人も要注意です。抗体があるかどうか不明な場合は、病院で抗体検査を受けることができますので、おたふくかぜが流行する前に調べてみるとよいでしょう。

取材時に何度も繰り返し「何も知らないままおたふくかぜにかかってしまうことだけは避けてほしい、ワクチンの副反応を怖がるのではなく、正しく病気を理解してかからない方法を選んでほしい」とおっしゃっていた多屋さん。おたふくかぜの予防接種は「流行する前」に済ませることが大切です。この春、集団生活を始めるお子さんをお持ちのみなさん、おたふくかぜの予防接種について、この機会に考えてみてはいかがでしょうか。

お話を聞いたのは…

  • 多屋馨子さん

    国立感染症研究所・感染症疫学センター第三室 室長 医学博士(小児科医)

  • 国立感染症研究所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

飯田友美

出版社、編集プロダクション勤務を経て、フリーランスのライターに。好きなものは猫とパンダ、趣味はライブに行くこと、お芝居を観ること。杉並区在住。2児の母。

ライターの最新記事