子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

初めてのバレエ鑑賞に!こどものための劇場「白鳥の湖」

バレエ鑑賞デビューにおすすめ! 世界中で愛される名作バレエ「白鳥の湖」が、初めてバレエを観る子どものために見どころを凝縮させた新たな作品となって登場。2016年7月21日(木)新国立劇場にて上演されます。

「バレエ鑑賞デビュー」を考えている家族に自信を持ってお勧めできるプロダクション

新国立劇場は、2009年より「新国立劇場こどものためのバレエ劇場」を実施。次世代を担うこどもたちが優れたバレエ芸術を親子で触れられる機会を提供することを目的とし、現在まで『しらゆき姫』『シンデレラ』をレパートリー作品として上演してきました。

今回上演される『白鳥の湖』は、初めてバレエを鑑賞する低年齢層の子どもにもわかりやすいよう工夫された構成となっています。また新国立劇場バレエ団ダンサーによって踊られる舞台は、子どもだけでなく親にとっても十分見ごたえがあり、「バレエ鑑賞デビュー」を考えている家族に自信を持ってお勧めできるプロダクションとなっています。

世界中で最も有名なバレエ作品と言っても過言ではない「白鳥の湖」

叙情豊かなオデットと王子のグラン・アダージオ、純白のクラシック・チュチュに身を包んだダンサーたちによる一糸乱れぬ群舞、色とりどりの衣裳で踊られる民族舞踊、誘惑者オディールと王子が踊るグラン・パ・ド・ドゥ、オディールによる32回転のグラン・フェッテ・アン・トゥールナンなど、印象深いシーンが次々と繰り広げられます。チャイコフスキーの叙情的でドラマティックな音楽と見事に一体化したこれらの振付が、この作品の最大の魅力とも言えます。

また、主演のプリマ・バレリーナが、過酷な運命に翻弄されながらも王子との出会いに全てを賭けるオデットと、奔放な誘惑者として登場するオディールという、正反対の女性を演じ分けます。国内外からの評価も高い、美しいコール・ド・バレエの踊りにも見所です。

今回の舞台は子どもが初めて舞台を観る際にも負担にならぬよう約1時間40分(休憩込み)と、上演時間を大幅に短縮。上演時間は短くなったものの、有名な第2幕の湖の場面などはそのままに、一部の場面や踊りをカットするにとどまっています。クラシック・バレエの踊りの規範とされる美しさは通常の全幕での上演と同様に楽しむことができます。

【ものがたり】

ジークフリード王子の城では、王子の誕生日が祝われている。王子の母、この国の王妃が登場し、成人したのだから、明日の舞踏会で妻を選ぶよう告げる。「結婚か…」現実を突きつけられ、物憂い気持ちの王子は、気晴らしにと弓を手に森に向かう。

湖のほとりで王子が見たのは、信じられない光景だった。一羽の白鳥が美しい女性に姿を変えたのだ。悪魔にさらわれたオデットは白鳥に変えられており、夜の間だけ人間の姿に戻ることができる。清楚なオデットを愛するようになった王子は、愛を誓い、舞踏会に彼女を招く。

翌日の舞踏会。各国から花嫁候補の姫が招かれているが、王子の心は動かない。新たなゲストの到着が告げられる。父親に連れられたオディールと名乗る女性は、オデットに瓜二つだが、彼女とは異なる妖艶な魅力を振りまき王子を翻弄。窓の外には悲し気なオデットの姿があるが、王子は気が付かぬまま、オディールを妻にすると宣言してしまう。王子を陥れるためにやってきた悪魔の娘の本性を現すオディール。

湖のほとり、オデットのお付の白鳥の娘たちがその帰りを待っていると、涙に濡れたオデットが戻ってくる。王子が愛の誓いを破ったため、もう人間には戻れない。深い絶望が広がる。駆け付けた王子は自分の過ちを心から詫び、オデットは王子を許す。試練を経て強く結ばれた真実の愛は、悪魔に打ち勝つことができるのだろうか。

「新国立劇場こどものためのバレエ劇場『白鳥の湖』」の詳細を見る

記事内で紹介したスポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

島袋 芙貴乃

沖縄生まれ、沖縄育ち。東京生活9年目。編集畑で図太く育ち、2014年11月から「いこーよ」にジョイン。心に愛と太陽を。海山川、星、月、朝日、夕日、虹etc.自然に関わること、きゅんっとすることが好き。お米派。幼稚園教諭一種免許保有。

ライターの最新記事