子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

【関西】春休みに子どもが喜ぶ! おすすめ体験イベント3選

春休みの時期に合わせて、新アトラクションや限定イベントをスタートさせる施設や企業がいくつもあります。そこで今回は、関西エリアで2017年3月から開催されるおすすめの体験イベントを3つ紹介します。

「刀」を使った体験型アトラクション/東映太秦映画村

京都市の人気テーマパーク「東映太秦映画村」に、刀を使った体験型アトラクション「刀でGO!!」が3月18日(土)に新しくオープンします。刀を持ってアスレチックに挑戦するアトラクションで、3歳から挑戦できます

忍者の修行をイメージして作られた「丸太橋わたり」や「床下ひそみ」、「鳴子くぐり」といったアスレチックを進みながら、セット内に登場する木の人形を刀でなぎ倒していきます。アトラクションで使用する刀はビニール製なので、小さな子どもでも安心です。

最後の難関「バブルチャンバラ」では、プレイフィールドの四隅から降ってくる無数のシャボン玉を斬って、斬って、斬りまくります。見事アトラクションをクリアすると、「刀マスターカード」のプレゼントも! 

刀でGO!!

料金:大人(中学生以上)500円、子ども(3才〜小学生)400円、修学旅行生300円
※2歳以下の子どもは入場不可
※未就学児は16歳以上の同伴者が必要

「東映太秦映画村」の詳細はこちら

「屋根なしバス」で神戸市内を観光!

東京や京都で人気のオープントップバス「スカイバス」。そのオープントップバスで神戸市内を走る「スカイバス神戸」が、3月19日(日)より運行を開始します。

1周約70分で「神戸ポートタワー」や「南京町(中華街)」、「神戸大橋」、「メリケンパーク」、「六甲山」など神戸の観光名所を網羅できます。神戸の街を知り尽くした専属アテンダントのアナウンスと共に、気軽に観光を楽しみたい人にオススメ。

神戸港港島トンネル

また、「スカイバス神戸」最大の魅力は、なんといっても開放感! トンネルや高架下を通るときには、ジェットコースター気分を味わえます。潮風の香りや中華街の活気など、異国情緒溢れる港町を五感で楽しめるバスツアーです。

「スカイバス神戸」定期観光バス

運行開始日:2017年3月19日(日)
便数:1日5便(9:00〜10:10/11:00〜12:10/14:00〜15:10/16:00〜17:10/18:00〜19:10)
料金:大人 1,800円(税込)、子ども 900円(税込)

「スカイバス神戸」の詳細はこちら

渦潮とらくがきを楽しもう!/淡路島ワンダーランド

淡路島にある道の駅「福良」の「淡路島ワンダーランド」では、2017年3月18日(土)〜4月9日(日)に、設立20周年を記念した「淡路島ワンダーランド2017春〜春はらくがきワンダーランド〜」を開催します。期間中、小学生以下の子どもは、鳴門海峡で世界最大級のうず潮が見られる「うずしおクルーズ」に無料で乗船できます

また、自分の描いた絵が大きなスクリーンで動きまわる人気の体験型アトラクション「らくがきアクアリウム」や、全長10mのらくがきボードに自由に絵が描ける「らくがきアートボード」なども用意されています。そのほか、道の駅「福良」周辺の観光スポットにあるスタンプを集めて景品がもらえるスタンプラリーも実施されます。

淡路島ワンダーランド2017春〜春はらくがきワンダーランド〜

開催日時:2017年3月18日(土)〜4月9日(日)10:00〜16:00
※うずしおクルーズの出航時刻は公式ホームページでご確認ください
料金:【うずしおクルーズ】大人2,000円、子ども(小学生以下)無料
【らくがきアクアリウム】入場料300円(うずしおクルーズ乗船者は無料)

イベントの詳細はこちら

新しい体験をしてみたくなる春休み! ぜひ親子でのおでかけの参考にしてください。

家族で楽しもう!春休み特集2017

子どもが大好きなキャラクターイベントから親子で楽しめるコンサートまで、春休みイベントをまとめてご紹介します♪

家族で楽しもう!春休み特集2017
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

有馬巳姫

「いこーよ」編集部。2013年に長女、2015年に長男を出産し、育児に奮闘する日々。家の中にいるのは苦手で、新しい場所やモノが大好きな「THEミーハー」体質。子どもたちにも、いろんな場所でさまざまな経験をさせるべく、家族のおでかけ計画をたてるのが日課。趣味は読書、ドライブ、DIY、写真撮影。

ライターの最新記事