子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

人気絵本作家の本格展覧会が日本初開催! 原画314点を展示

東京都の上野の森美術館では、2017年5月19日(金)〜6月11日(日)の期間、親子で楽しめる展覧会「絵本原画展 いもとようこの世界」が開催されます。NHK教育テレビ 「いないいないばぁっ!」でもお馴染みのイラストが多数楽しめます。

柔らかな画風で愛され続けるいもとようこの絵本

「ないしょばなし」(「子どもとお母さんのための童謡」より・2006年)   (C)いもとようこ

いもとようこさんは、これまでに300タイトル、2,000万冊以上の絵本が販売されている絵本・童話作家です。親から子へ、世代を超えて愛され続けている「いもとようこ」の本格的な展覧会は、日本国内では初めてです

「おむすびころりん」(2007年) (C)いもとようこ

独自に切り開いた貼り絵に着色する技法で描かれる作品には、日本の昔話「さるかにがっせん」や「はなさかじいさん」、世界の名作「あかずきんちゃん」や「おやゆびひめ」など、誰もが一度は読んだことがある絵本がたくさんあります


絵本のオリジナル原画314点を一挙に公開!

「ねこの絵本1」(1984年・ボローニア国際児童図書展エルバ賞)    (C)いもとようこ

フランスのパリ展、イタリアのボローニャ展に続く同展覧会では、134タイトル314点のオリジナル原画が公開されます

「てぶくろをかいに」(1993年) (C)いもとようこ

展示は6つのコーナーに分けられ、「あかちゃんのためのえほん」から3タイトル3点、「どうよう」から15タイトル15点、「日本むかしばなし」から14タイトル57点、「世界の名作」から24タイトル83点、「日本の名作」から11タイトル21点、「いもとようこの創作絵本」から67タイトル118点が展示されます。

サイン会や馬頭琴の生演奏も!

「おもちゃのチャチャチャ」(子どもとお母さんのための童謡・2006年) (C)いもとようこ

会期中の土曜日と日曜日(各日14:00〜)には、いもとようこさんによるサイン会が行われます(当日会場で作家著作本を購入した先着100名に整理券が配布されます)。また、会期中の土曜日(各日13:00〜)には、馬頭琴の生演奏イベントも。ぜひ、親子でおでかけして絵本の世界を楽しみましょう。

絵本原画展 いもとようこの世界

開催日時:2017年5月19日(金)〜6月11日(日)
10:00〜17:00(入場は16:30まで)
場所:上野の森美術館
料金:高校生以上1,000円(800円)、中学・小学生600円(400円)
※未就学児無料
※()内は、20人以上の団体料金
※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方1名は無料

イベントの詳細はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

渡邊晃子

1983年生まれ。フリーランスのライターとして、芸能記事を手掛ける。一歳児の母となった現在、暮らしに関するライティングにシフトチェンジ。好きなことは、写真、園芸、古いモノ集め、子どもを笑わせること。

ライターの最新記事