子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

映画『パワーレンジャー』を観て「ヒーロー体験」しよう!

大人から子どもまで人気の『スーパー戦隊』シリーズがハリウッド級の超大作になって日本凱旋! 日本で生まれ、アメリカで育ち、世界160カ国で愛され続けている「パワーレンジャー」が、この夏ハリウッド映画として、2017年7月15日(土)にいよいよ日本で公開になります!

この夏、親子で観に行きたい『パワーレンジャー』の魅力を余すところなくお伝えするとともに、鑑賞後に「ヒーロー体験」ができるスポットを紹介します。

親子で楽しめるヒーロー映画『パワーレンジャー』

『パワーレンジャー』は、日本の特撮シリーズ『スーパー戦隊』の英語ローカライズ版として1993年にハリウッドで誕生し、20年以上に渡ってアメリカで放映されている人気シリーズ。

今回公開の映画『パワーレンジャー』は、テレビシリーズ1作目『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』(日本版は『恐竜戦隊ジュウレンジャー』)を総製作費120億円かけてハリウッドで新たに作った作品です。

地球の危機に新たなヒーローが誕生! (c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

現在『スーパー戦隊』シリーズを観ている子どもたちはもちろん、かつて『スーパー戦隊』シリーズを観ていたパパ世代も、心に眠っていた(もしくは今も輝き続けている)ヒーロー魂が揺さぶられる内容になっています。

そこで「いこーよ」がおすすめする『パワーレンジャー』の見どころは以下の4つです!

『パワーレンジャー』の見どころ

  1. 主人公たちが困難を乗り越えて成長!
  2. 変身後の姿がカッコイイ!
  3. 先史時代の動物型ロボットに乗って戦う!
  4. 巨大な敵を協力して倒す!

【見どころ1】主人公たちが困難を乗り越えて成長!

自らの運命を知らされる5人の主人公 (c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

主人公は、人種も境遇もバラバラな5人の高校生。ある日、偶然にも超常的な力を手にした彼らは、地球を脅かす悪の戦士と戦う運命を知らされます。

相手の強大な力に恐れ、悩みながらも戦う決意をする主人公たちですが、敵を倒すためには手に入れた力だけでは不十分。力を最大限に引き出す「変身」ができるようになるため、数々の特訓をして自身を成長させます。

仲間が勇気を示したことに、みんなで大喜び! (c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

『パワーレンジャー』で描かれる「成長」は肉体的や技術的なものばかりではありません。自分の殻を破る勇気、仲間を思う気持ちなど、精神的な「成長」も含まれています

彼らが心身ともに「ヒーロー」として認められたとき、ついに「変身」することができるのです。困難を乗り越えて成長する姿は、子どもにとってもいい見本となるでしょう。

【ヒーロー体験1】フィールドアスレチックで困難を乗り越えて成長!

困難を乗り越えて成長できるお出かけ先といえば「アスレチック」がオススメです。設定されたポイントをすべてクリアしたときの達成感はもちろん、クリアできなかったところを再度挑戦することも成長につながりますね

東京都大田区の平和の森公園にある「フィールドアスレチック」には、写真のように水の上にコースがあるエリアも。挑戦する人の勇気も試されるスポットです。

■フィールドアスレチック
東京都大田区平和の森公園2-1

【見どころ2】変身後の姿がカッコイイ!

5人の主人公がついに変身! (c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

『スーパー戦隊』シリーズでもおなじみの「変身」は、『パワーレンジャー』でも大きな見どころの1つ。変身後のスーツのデザインは『スーパー戦隊』シリーズのエッセンスを受け継ぎつつ、ハリウッドらしく洗練されたものになっています。

レッドはパワーソードを使った戦いも披露 (c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

とくに変身した5人の戦士が押し寄せてくる敵を次々と撃破していくところは必見! アクロバティックなコンビネーションで敵を倒したり、パワーソードを使って敵を一刀両断したりと思わず親子で大興奮してしまうシーンです。

【ヒーロー体験2】変身ヒーローの衣装を着てなりきろう!

(C)2017 テレビ朝日・東映AG・東映

変身後の姿を見た子どもは「自分も変身してみたい!」と思うもの。そんな夢をかなえてくれるのが戦隊ヒーローショーの聖地「東京ドームシティ シアターGロッソ」です。

こちらの「ヒーロー写真館」では、「宇宙戦隊キュウレンジャー」のコスチュームを着てポーズを撮った写真が撮れます(2017年7月現在)。撮った写真はキーホルダーにもなるので、いい記念になります。

■東京ドームシティ シアターGロッソ
東京都文京区後楽1-3
※ヒーローショーは公演日のみの営業です。詳しくはヒーローショー公式HPをご確認ください。
※すべてのキャラクターのコスチュームはありません。
※宇宙戦隊キュウレンジャー(テレビ朝日系にて毎週日曜あさ7:30〜放送中!)

次はパワーレンジャーが乗り込むロボットの魅力と、それを追体験できるアトラクションを紹介!


【見どころ3】先史時代の動物型ロボットに乗って戦う!

ティラノサウルス型のゾードがガトリング砲を発射! (c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

巨大な敵との戦いには、ティラノサウルスやプテロダクティルスなど、先史時代の動物をモチーフにしたロボット「ゾード」が大活躍! 最新のCGを駆使した、ダイナミックで迫力あるバトルシーンが展開していきます。

ゾードには戦士が乗り込んでいます (c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

それぞれ戦士がゾードに乗り込んで操縦します。モチーフとなっている恐竜の特徴を生かした戦いぶりにも注目です。

【ヒーロー体験3】ロボットを操縦して戦おう!

(C)ハウステンボス/J-18073

「映画のようにロボットを操縦したい!」という気持ちが高まったら、実際にロボットが操縦できるアトラクションに挑戦してみるのはいかがでしょう?

「ハウステンボス」のロボットの館にある「バトルキング」では、ロボットに乗り込んで対戦バトルが楽しめます。小学生以上なら1人で乗れるので、親子で対決するのも盛り上がりそうです。

■ハウステンボス
長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1

【見どころ4】巨大な敵を協力して倒す!

CGを駆使した迫力あるバトルシーン (c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

主人公たちがゾードを駆使して戦うも、強大な力を前に苦戦を強いられます。そこで登場するのが、5体のゾードが合体した「メガゾード」です。

ゾードが合体した「メガゾード」で最後の戦いに挑む (c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

主人公たちがメガゾードの各パーツを操縦し、それぞれの力を合わせて動かすようになっています。5人の力が1つになって巨大な敵を倒すところは、映画の中でもとくに印象に残るシーンです。

【ヒーロー体験3】巨大迷路を親子で協力して制覇しよう!!

親子で「巨大な敵に挑める」お出かけ先といえば、巨大迷路がオススメです。迷いながらも進むべきルートを協力して導き出して、無事にゴールできたときの達成感はひとしおです。

「軽井沢おもちゃ王国」にある「大迷宮 アスレチック城」は5階建てのアスレチック型立体迷路。とくに仕掛け扉などのカラクリが用意されている「知力コース」は、親子で協力すると突破しやすくなっています

■軽井沢おもちゃ王国
群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277

【試写会レポート】実際に映画を観たこどもたちの反応は?

ひと足早く映画『パワーレンジャー』を観た親子に映画の感想を書いていただき、サプライズゲストのレッドレンジャーと一緒に記念撮影! 親子ともに大満足な表情と力強い感想コメントに注目です。

左から「大迫力!」「たのしかった!」「おもしろかった!」「レッド、かっこいい!!」
左から「諦めない心と友情に感動しました!」「つよくて かっこよかった!!」「面白かった!!」「大興奮」
左から「COOL」「ドキドキした」「たのしかった」「つよすぎた」

親子で一緒に映画を観て、そこで得たものをお出かけ先で体験してみると、より一層充実した体験になります。この夏は『パワーレンジャー』を観て、ぜひ「ヒーロー体験」をしてみてください。

『パワーレンジャー』公式サイトへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

いこーよ編集部

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、親子の成長、夢の育みを応援する親子のためのお出かけ情報サイトです。親子のお出かけを楽しくするスポット、イベントをリアルタイムで発信していきます。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの記事