子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

子どもの初海外はグアムで決まり! 現地おすすめスポット18選

「家族で海外旅行をしたい」「子どもに海外で英語を学ばせたい」など、夏休みを海外で過ごそうと検討している人も多いはず。そんな赤ちゃんや小さい子どもを連れての海外旅行に最適なのが常夏の楽園グアムです。

日本の6都市から飛行機で約3時間半で行けるほか、時差がわずか1時間、透明度の高いエメラルドブルーの海、温暖で1年中海で遊べる、アクティビティが豊富、本場アメリカ英語、現地ならではの食事など、魅力が盛りだくさんです。

今回は、親子でグアムを満喫するおすすめの過ごし方を紹介します。さらに、SNSで参加できる「グアム旅行が当たるキャンペーン」の情報もあります!

【午前は思いっきり遊ぶ】海やプールなどを満喫!

温暖なグアムに行ったら、やっぱり海やプールでのアクティビティを満喫したいですよね。ここでは穴場のビーチをはじめ、さまざまな楽しみ方ができる遊びスポットを紹介します。

【遊びスポット1】イパオビーチ

透明度がとても高く、浅いところでもシュノーケリングが楽しめるので子連れファミリーに人気のビーチです。タモン湾の端にあるため、観光客が少ないのも特徴。近くに「ヒルトングアム リゾート&スパ」や「PICグアム」があり、ホテルから歩いて行けるのもうれしいところです。

シュノーケリングにはまだ早い小さい子どもでも、リーフに囲まれた遠浅の海でゆっくり水遊びが楽しめます。隣には大きな公園もあるので、併せて遊ぶというのがおすすめです。

■イパオビーチ

Tumon

【遊びスポット2】PICグアム・ウォーターパーク

水のアクティビティを満喫したいなら、ホテル「PICグアム」に併設されたウォーターパークがおすすめ。子ども用プールをはじめ、乗って遊べる浮き輪がたくさんあるプールやスライダー、「泳げる水族館」などもあります。

また、滝のそばを通ったり、橋の下をくぐったりとジャングルクルーズのような体験ができる「ラグーンカヤック」も人気。ホテル「PICグアム」の宿泊者はこれらのアクティビティが無料で楽しめるというのも大きなポイントです。

■PICグアム・ウォーターパーク
210 Pale San Vitores Rd., Tumon Bay(PICグアム内)

施設情報

【遊びスポット3】マイクロネシアモール

大型ショッピングモール「マイクロネシアモール」の2階にある遊園地「ファンフェア」は、子どもを遊ばせるのにピッタリな遊具がたくさんあります。雨の日に便利なのはもちろん、パパと子どもが遊んでいる間にママがショッピングに行く、という使い方もできます。

「バウンシーキャッスル」には、エアー遊具の滑り台や恐竜などがあります。周囲には囲いがあるので、子どもを安心して遊ばせられます。

■マイクロネシアモール
1088 W,Marine Corps Dr, Dededo

施設情報

【お昼はできたての味を】熱々な逸品を家族でシェア

グアムでは伝統料理であるチャモロ料理(スペインやアメリカ、日本、東南アジアの影響を受けており、日本人好みの味付けが多い)のほか、さまざまな料理が味わえます。そのなかでも親子におすすめのお店を紹介します。

【ランチスポット】パイオロジー

好きな生地やソース、トッピングを選んで自分だけのピザが食べられる人気店です。生地はグルテンフリーと全粒粉、レギュラーの3種類。ソースは7種類、チーズは6種類から選べます。

トッピングはミニトマト、オリーブ、チキン、ベーコンなどが選び放題です。食べきれなかった際はテイクアウトボックスに入れて持ち帰れるのもうれしいところ。

■パイオロジー

341 Chalan San Antonio, Tamuning
TEL:1-671-969-9224 営業:11:00-22:00 休:なし

【軽食・カフェスポット】ダディーズドーナツショップ

小腹が空いたら、タムニングのグアムプレミアアウトレット近くにある「ダディーズドーナツショップ」で一息入れるのがおすすめです。注文してからドーナツを揚げる形式なので、熱々でフワフワのドーナツが食べられます

季節限定でさまざまなグレイズ(シュガーコーティング)が選べるのも魅力。店内で食べるだけでなく、テイクアウトして車内や公園で食べることもできます。

■ダディーズドーナツショップ

Ground floor of Ihop building, next to Cost U less Tamuning
TEL:1-671-989-3237 営業:7:00-20:30(日曜8:00-17:00)
休:クリスマス

次は午後をのんびり過ごすのにピッタリな体験スポットやショッピングスポットを紹介します。


【午後はのんびり】体験スポットやショッピングで過ごす

朝早くからグアムを満喫していると、ランチ後はゆったりと過ごしたくなるもの。そんなときは水着などの準備がいらないスポットや、ショッピング、海岸沿いから夕焼けを見ながらカフェを楽しむのはいかがでしょうか?

【のんびりスポット1】フィッシュアイマリンパーク 海中展望塔

200種類以上のトロピカルフィッシュと100種類以上のサンゴが生息するグアムの海を、水に濡れることなく満喫できるスポットです。水深10mのボトムデッキ(海中展望室)内には観察窓が360度用意されており、服を着たまま海中の様子が観察できます。

子どもが小さくて泳いだりシュノーケリングができない場合でも、ここならグアムの魚やサンゴをゆっくりと眺められます。運が良ければ餌付けシーンを見ることもできます。

■フィッシュアイマリンパーク 海中展望塔
818 North, Marine Corps Dr, Piti

施設情報

【のんびりスポット2】Kマート

お土産から日用品まで幅広い品物が安く手に入ることで有名なのがKマート。スパムの缶詰やお菓子、ドライフルーツなどをお土産として購入するのもアリです。おむつやお尻拭きなどのベビー用品が豊富なので、旅行で使う分は日本から持ち込まずにこちらで購入すると荷物が少なくて済みます。

子ども用のおもちゃも充実していて、日本では見かけない珍しいおもちゃが見つかるかも? アルファベットや英単語が学べるおもちゃも人気です。

■Kマート

404 North Marine Drive, Tamuning
TEL:1-671-649-9878 営業時間:24時間 休:クリスマス

【のんびりスポット3】テラザ・アット・ドス・アマンテス

恋人岬にあるカフェ「テラザ・アット・ドス・アマンテス」には、のんびりドリンクを楽しみながら海岸線に落ちていく夕日を一望できるテラス席があります

恋人岬からの景色は昼間も人気ですが、夕焼けはまさに絶景。グアム旅行のなかでもひときわ思い出深い経験になることは間違いないでしょう。

■テラザ・アット・ドス・アマンテス

1375 W,Marine Corps Dr.,Dededo
TEL:1-671-647-4107 営業:8:00-19:00 休:なし

【ディナーはちょっと豪華に】ディナーショーやチャモロ料理を楽しむ

ディナータイムはチャモロ料理を食べながらダンスショーを見たり、おしゃれなレストランでステーキを食べるのはいかがでしょう? そんな特別な時間を過ごせるレストランを紹介します。

【ディナースポット1】ザ・ビーチBBQビュッフェディナー&ショー

ガンビーチにあるレストラン「ザ・ビーチ」では、ディナータイムに食べ放題のBBQとダンスショーがセットになったディナーショーがあります。BBQはチキンやコーン、エビなどがあり、地元のチャモロ料理も味わえます。

ダンスショーはグアムだけでなくサモア、ハワイ、タヒチのダンスを融合した「アイランドダンスショー」になっています。舞台の一部がせり上がるなどの演出にも注目です。

■ザ・ビーチBBQビュッフェディナー&ショー

96913, Gun Beach Rd, Tumon
TEL:1-671-649-7263 営業:18:00-20:30 休:水、日
料金:大人$85、子ども(2〜11歳)$45 ※オプションあり。詳細はHPで確認

【ディナースポット2】スリー・スクエアーズ

ウォールアートが施されたおしゃれな店内と、美味しい料理で人気なのが「スリー・スクエアーズ」です。アチョーテの実で赤く色づいた「レッドライス」や、ココナッツや柑橘系の果汁で味付けをした前菜「ケラグエン」などのチャモロ料理が味わえます。

ステーキやハンバーガ—などの日本人でもなじみ深い料理もおすすめです。

■スリー・スクエアーズ

416 Chalan San Antonio, Tamuning
TEL:1-671-969-3943 営業:8:00-22:00(月のみ8:00-17:00)
休:クリスマス

【泊まる】小さい子ども連れにも安心のホテルをチョイス

小さい子どもを連れて海外に行くなら、やはり泊まるところにも気を配りたいもの。ここでは子連れにやさしいホテルを紹介します。

【宿泊スポット】ホテル・ニッコー・グアム

赤ちゃんや小さい子ども連れに最適なのが「ホテル・ニッコー・グアム」の「ファマグウン(チャモロ語で「子どもたち」の意味)ルーム」です。セミダブルベッドをピッタリとつける「ハリウッドツインタイプ」なので添い寝がしやすく、ベッド自体の高さも低めにしてあります

子ども用の補助便座や、洗面台のステップがあるほか、ベビー用のアメニティも用意。ベビー用のおもちゃやDVDのレンタルもあります。

ホテル内にはおもちゃや絵本が用意されたプレイルームもあり、ホテルに帰ってきてから子どもと遊ぶのに便利です。

■ホテル・ニッコー・グアム

245 Gun Beach Rd, Tumon

グアムの「やりたい!」が詰まった特設サイトが公開中!

グアム政府観光局では2017年6月23日現在、「やりたかったんだな、これっ。」キャンペーンを実施しています。

特設サイトには「おしいぞ、90点だ。島中のホテルの90%が、オーシャンビュー。」や「大人も、子供だ。」といった32種類のユニークなキャッチコピーがあり、それをクリックすると上のような動画や記事でグアムの魅力やスポットがわかるようになっています。

動画を見てグアムが気になったら、ぜひキャンペーン特設サイトを訪れてみてください。

キャンペーン特設サイト

【2017年9月30日まで】グアム旅行が当たるキャンペーンも実施

さらに特設サイトでは、2017年9月30日(土)まで「SNSキャンペーン」を実施しています。

特設サイトを見て「グアムでやりたい!」と感じた写真を使ったり、自分のジェスチャーなどで表現したものをハッシュタグ「#グアムこれ」をつけてSNSで公開するだけで、3泊4日のグアム旅行が12組24名に当たるチャンス!

「やりたかったんだな、これっ。」SNSキャンペーン

【実施期間】2017年7 月 1 日〜9 月 30 日まで
【賞品】特賞:3泊 4 日グアム旅行 12 組 24 名
ユニーク投稿賞: グアム特産 スパイクコーヒー 25 名
【応募資格】 日本国内在住で 18 歳以上の方。
【応募方法】
( 1) まずはキャンペーンサイト http://japan.visitguam.jp/campain/2017/kore/ にアクセスします。そこに掲載されているあなたがグアムでやりたかった「これっ。」の写真を選んでコピー。ハッシュタグ「#グアムこれ」を付けてご自身の SNS にアップしてください。

(2)あなたがグアムでやりたいことを、ジェスチャー、写真、イラストなどで自由に表現し、ハッシュタグ「#グアムこれ」 付けてご自身の SNS にアップしてください。コメント欄にあなたのやりたいことを明記してください。

【抽選・審査】応募期間終了後、特賞は、条件を満たした応募者の全員の中から厳正な抽選により当選者を決定します。ユニーク投稿賞は、オリジナル画像を投稿いただいた方を対象に審査し、特にユニークと認められた投稿をした方にプレゼントします。

【注意事項】 いずれも当選発表時にグアム政府観光局公式 Facebook に「いいね!」をしているか、公式インスタグラムのフォローをしていることが当選の条件となります。

ご自身の応募投稿を一般公開設定としてください。

1人につき何度でもご応募いただけますが、重複しての当選はありません。
【当選発表】 応募投稿をしたSNSを通じて行われます。詳細は、キャンペーンサイトにてご確認ください。

SNSキャンペーン特設サイト

日本から飛行機で約3時間30分で行けて、親子でたくさん遊べる身近なリゾートがグアムです。今年の夏はグアムで楽しい家族の思い出を作ってみるのはいかがでしょうか。グアム政府観光局の「こどもとたのしむグアム」もぜひ参考にしてみてください。

グアム政府観光局「こどもとたのしむグアム」ページへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

いこーよ編集部

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、親子の成長、夢の育みを応援する親子のためのお出かけ情報サイトです。親子のお出かけを楽しくするスポット、イベントをリアルタイムで発信していきます。

ライターの最新記事