子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

専門家に訊いた!0歳の赤ちゃんのおでかけバイブル

眼に入れても痛くないほど、愛おしい0歳の我が子。お家の中だけじゃなくて、どこかに一緒に遊びに行ってみたいけど、どうすれば赤ちゃんにストレスなくお出かけが楽しめるのかお悩みの新米パパ・ママさんは多いはず。そこで、いこーよでは0歳児の赤ちゃんとのお出かけを楽しむためのコツを発達心理の専門家の石崎先生、保育現場の専門家の佐藤先生、外遊び専門家の栗田先生の御三方にお話をお伺いしました。

0歳の赤ちゃんだって、パパやママとのお出かけは楽しい!!

0歳の頃は、まだお昼寝の時間も長く、生活のリズムが整っていないため、お出かけすることをためらうパパ・ママも多いと思います。それに、まだ物心ついていない赤ちゃんを連れ出しても記憶に残らないし、あまり楽しめないのでは……? なんて疑問もわいてきますよね。でも、この時期の赤ちゃんだって、パパやママが楽しく過ごしている時の笑顔はわかります。いつもと違った環境で、家事から解放されてリラックスしているママの表情、仕事のことを忘れてわが子と楽しんでいるパパの表情を見ることが、赤ちゃんにとって一番楽しい経験なのです。

ただし、0歳児のおでかけは、ミルクやおむつ、ベビーフードなど持ち物が多かったり、赤ちゃんが急にぐずったりと、心配事が多いのも事実。そのため、最初から張り切って遠くまで出かけようとすると、親の負担が大きくなり、いつも以上に疲れてしまうかも。まずは抱っこして家の周りを少し歩くだけでも立派なおでかけ。パパ・ママと赤ちゃんが一緒に楽しく過ごせればそれで十分。がんばり過ぎないことが大切です。

さらに、旅行など遠出をする場合は準備段階から大変ですが、計画を立てたり、準備をしたり、行く途中の車や電車の中のからの風景を見たりすることも、楽しむ気持ちで出かけましょう。

赤ちゃんが一緒の場合は、予定通りにいかないのは当たり前。大人同士なら数時間で着く場所も、余裕のあるスケジュールを立てて、あえて途中で1泊してみてもいいかもしれません。大人は、開けたらすぐ目的の場所になっているような、「どこでもドア」があれば便利なのに……と最小限の時間で移動したくて効率を優先して考えがちですが、途中で車をとめて景色を見たり、サービスエリアで遊んだり、着くまでの道のりも楽しめるようになると、親子のおでかけがより楽しいものになりますよ。

0歳の赤ちゃんの心と体とは?

0歳でも、親の表情や状態を敏感に認識している!?

ある実験では、生後4か月の乳児と大人がコミュニケーションをとっているときに、大人が急に無反応や無表情な行動をとると、それに反応して乳児もネガティブな表情をしたり、顔を見ないようになったりすることが報告されています。

0歳児は、親の顔の動きや形態はもちろん、親が自分に対して応答的なコミュニケーションをとってくれるかということに対してとても敏感です。

0歳の乳児とのおでかけであっても、連れ出す親が楽しめているかどうかを子どもは感じとっています。そのためにも、親はリラックスしておでかけを楽しみ、楽しいことを笑顔で赤ちゃんに小声で話しかけるなどの働きかけをすることは、子どもの感性やコミュニケーション力の発達にとても重要です。

0歳児に適した自然遊びとは?

抱っこをして一緒に外に出るだけでも十分赤ちゃんは刺激を受けています。お座りができるようになったら、公園であえてシートを敷かずに、芝生や枯葉の上に直接座らせてみたり、ハイハイさせてみては。その感触、においが大きな刺激になると思います。歩けるようになるまでは、「ふれること」自体が大きな自然体験だと考えています。腰が据わったらベビーキャリー(背負子)に載せて、一緒にハイキングしても。(栗田先生)

パパ・ママの気になるお悩みに専門家がアドバイス!

0歳児とのおすすめのおでかけ場所は?

「0歳のうちは、家から近くて、散歩がてら行ける公園などで、親子でゆったり過ごしましょう。出かけたことで、お母さんがリフレッシュできるかどうかも重要です。」(石﨑先生)

「家から近い身近な場所で、豊かな経験ができるところを見つけましょう。例えば、公園の芝生。初めて芝生の上に座って、その芝生の感触を感じながらハイハイする。子育てセンターなどの広い屋内で、端から端まで思いっきりハイハイで動く。それだけでも、赤ちゃんにとっては刺激的な経験です。」(佐藤先生)

ベビーカーを嫌がります。抱っこでも子どもは楽しめていますか?

「赤ちゃんが楽しいと感じるのは、お母さんやお父さんの笑顔やリラックスした気持ちを見たり感じたりした時。赤ちゃんは、親の気持ちや表情を敏感に感じているものなのです。だから、親がリラックスできて楽しいと思える場所へおでかけすれば、ベビーカーでも抱っこでも、赤ちゃんは楽しんでくれますよ。」(石﨑先生)


そのか弱さ故に、つい、神経質になってしまいがちな0歳のお出かけですが、赤ちゃんはむしろお出かけすることで生じる親子のコミュニケーションや外での刺激を楽しみにしているよう。
親子共にリラックスした楽しいお出かけを沢山して、赤ちゃんにいい経験をいっぱい積ませてあげたいものですね。
0歳の赤ちゃんのお出かけ探し1歳の赤ちゃんのお出かけ探し

お話を聞いたのは…

  • 栗田朋恵(登山ガイド)

    トレッキングガイド(登山ガイド)。長野県北アルプスのふもとで生まれ育ち、トレッキング、スノーシュー、シャワークライミングのガイドなどの経歴をもつ。現在は、故郷の白馬山麓と嫁ぎ先の神奈川県鎌倉市をフィールドに、アウトドア誌やサイトなどのメディアで記事監修するなど、アウトドアレジャーの活動をしている。また、「外あそびtete」の主宰として、2歳から参加できる「おやこ山えんそく」など親子向けのアウトドアイベントなどを開催。4歳の男の子とともに鎌倉で自然遊びを楽しんでいる。

  • 佐藤佳代子(子育て子育ちアドバイザー)

    子育て子育ちアドバイザー。区立保育園に27年間(うち16年間園長)勤務。子どもたちの生きる息吹の素晴らしさや「保育と家族」「地域の中の保育」の重要さを体験。1,200人以上の園児と関わった後、宝仙学園短期大学保育学科、淑徳幼児教育専門学校で教鞭を執り、現在は子どもの文化学校で講師を務めながら豊富な経験を活かし、各地で講演や講義などを行っている。

  • 石崎一記教授

    東京成徳大学応用心理学部健康・スポーツ心理学科教授。専門は発達心理学、環境教育など。自然の中で遊ぶ体験が、子どもの発達にどのように影響を及ぼすかについて研究を行っている。ネイチャーゲームの指導法や理念を教える、日本シェアリングネイチャー協会指導者養成委員も務める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

いこーよ編集部

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、親子の成長、夢の育みを応援する親子のためのお出かけ情報サイトです。親子のお出かけを楽しくするスポット、イベントをリアルタイムで発信していきます。

ライターの最新記事