子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

身近な「世間」がある銭湯で裸の社会見学!

「風呂デューサー」として、銭湯に勤務しつつ、各地の銭湯を巡って取材している毎川さんが、大きなお風呂を楽しむ、だけじゃない「銭湯」のよさを教えてくれました。そして、素朴な疑問、銭湯のお湯がやけに熱いワケも聞いてみました。
オムツがやっと外れた3歳の頃からスーパー銭湯や温泉旅館は、選びやすくなりますよね。でも、逆にご近所の「銭湯」って行っていますか? 大きなお風呂が大好き!な子どもも楽しがるはずだけど、あまり行かない…のは、なぜでしょう?

近所にあっても行きづらい?

まずは、銭湯に関する質問をいこーよユーザーに聞いてみました。※回答数610名
Q.銭湯に親子で行く頻度は?
Q.銭湯のイメージについて、どう思いますか? ※複数回答
親子で銭湯に行ったことがない人が4割を超えています。一方で銭湯のイメージは「大きなお風呂があって、気持ちがいい」という好印象。

近所なのに行きづらいと答える人もいるようですが、「年配の方に怒られそう」など、親が遠慮をしてしまっている心理もうかがえます。
銭湯は確かに地域密着の社交場。入りにくい雰囲気もあるかもしれません。でも、「お風呂」だけじゃない銭湯のよさを知れば、重い腰が上がるかも?

親子で銭湯にいくメリット

1)必然的に対話が生まれる

「今は食卓にテレビがあったり、食事する時間が違っていたり、じっくり親子で対話する時間が少ない人もいるのではないでしょうか。その点、お風呂に一緒に入りに行くと、必然的に対話が生まれます」(毎川さん)
銭湯は内風呂よりも「お風呂に入りに行く」わけなので、ゆっくり時間が取れますね。

2)和の文化・様式を体感できる

銭湯の中には伝統的建築様式でつくられているところもあり、そういったものを「見学」するのではなく、「使う」機会になります。

3)裸のカラダを観察できる

「親は子供の体の成長を確認できますし、子どもは「大人になったらこういう体になるのか」と気づくことができます。また、他人の大人の裸を見るのも他にはない貴重な機会です」。洋服や装飾品などを身にまとっていない素の人間の多様さも見ることができるのが、銭湯なんですね。

4)「いろんな人がいる」を幼少期から経験できる

痩せている人、太っている人など、体型的にもそうですが、外国人もいれば、若い人もお年寄りもいる。いろんな人が世の中のいるんだと「体験」すること。小さいうちはそんなことを思わないかもしれないですが、そんな「環境」に身を置くことの大切さがあります。

5)さりげないマナーから日本の心を学べる

銭湯でのマナーは例えば以下のようなもの

・桶で湯をかけるときはかがんで行う
→隣の人にお湯がかからないようにするため
・使った桶とイスは戻す
→次に使う人のことを考える
・無駄なお湯は使わない
→水を多く使うのは「もったいない」
「(上記のような)マナーは細かいことだけれど、思いやりや、もったいないと思う気持ちなど、日本人らしい心を経験の中から培っていけるのではないでしょうか。
また、ちゃんと他人の子どもを怒ってくれる大人もいます。それをうっとうしく思ってしまう世の中かもしれないですが、そういういい機会なんだと受け止めてもらえれば…」

わが子が怒られると、親の自分が悪いことをしたような気がして、他人に怒られないように気を使いすぎてしまいますが、子どもが地域の人に育ててもらっていると思う気持ちも大切かもしれませんね。

ちなみに、以下の点も注意したいポイント。気を付けておきましょう。

・脱衣場にびしょびしょのまま出てこない
・湯船などでバシャバシャ水かけしない
・泥など汚れがあるのに、そのまま湯船に入らない
(通常、かけ湯だけをして入ることもあるが、外で遊んだあとは体も洗ってから)
・子どもはトイレに行ってから

銭湯あるある なぜ、お湯は熱い?

もうひとつ、親子で銭湯に行く際の「不安要素」は、湯船の湯温。たいてい、「罰ゲーム?」と思うほど、めちゃくちゃ熱いです。これ、理由があるのでしょうか?

「人間は年取ってくると温度を感知する能力が下がってくるのかなと思っているのですが、銭湯によく来てくれる常連客は年配客が多いので、熱くないと入った気がしないという希望に沿っている状態ですね。

そして、大量の湯船のお湯は、ぬるい状態からすぐに熱いは状態にはできないのですが、熱い状態からぬるくするのは簡単なので、熱くしているというのはあります」

また、この銭湯のお湯が熱い問題には諸説あり、
・お湯が熱いこと=燃料代をケチっていないという気概の表れ
・今よりも銭湯に多く客が足を運んでいた時代は、客の回転を早めるために熱かった
・家に帰るまでの道もシャキッとできるように交感神経優位にさせるため熱くした
など、いろいろな理由があるようです。

ただ、親子で行く場合は、なかなかにハードルの高い「熱湯」。どうすればいいでしょうか?

「そういう場合は遠慮せず、水で埋めちゃって大丈夫です! 自分好みの温度で楽しんでください。」

大きな湯船なので、全部はぬるくならないと思いますが、ぬるくなっている部分に入れば大丈夫。子どもは大人よりものぼせやすいので、しっかりぬるくしてから入りましょう。

お話を聞いたのは…

  • 毎川直也さん

    「風呂デューサー」として、東京都大田区の改正湯で勤務しながら、銭湯や温泉を訪ね歩く。銭湯や温泉の素晴らしさを知ってもらうべく、さまざまな活動をしている。サイト記事執筆のほか、雑誌、テレビなどにも銭湯およびお風呂の専門家として出演。

  • 改正湯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

いこーよ編集部

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、親子の成長、夢の育みを応援する親子のためのお出かけ情報サイトです。親子のお出かけを楽しくするスポット、イベントをリアルタイムで発信していきます。

ライターの最新記事