子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

夏の人気おでかけ先と虫除けに関するアンケート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「いこーよ」ママ&パパに聞きました!夏の人気おでかけスポットと虫除けに関するアンケート調査

夏は海・川・山など、たくさんお出かけしたくなる季節ですよね。そこで今回は「いこーよ」ユーザーが選んだ「夏に親子でお出かけしたい場所」を発表します! さらに、夏のお出かけ先でうっかり忘れてしまうものなど、気になる情報が満載です!

  • この夏に親子でお出かけしたい場所ベスト3
  • お出かけ前にチェック!アンケートでわかった夏の「うっかり忘れ」
  • 「イメージ調査から紐解く、虫除け対策のウソホント」
  • 虫除けの「気になる」5つの悩みと解決法

この夏に親子でお出かけしたい場所ベスト3

「いこーよ」ユーザーに聞いた「この夏に親子でお出かけしたい場所」は「海水浴」が第1位、「プール」が第2位と水遊びができるスポットが人気を集めています。暑さの解消と幅広い年齢層が楽しめることが多くの票につながったといえそうです。

第1位海水浴。さまざまな遊びができるのが魅力

小さな子どもは砂浜や波打ち際で遊び、大きくなってきたら泳いだり、マリンスポーツを楽しんだりするなど、年齢に応じて遊び方を自由に変えられるのが海水浴の特徴です。大洗サンビーチは4月から10月までの期間、地引網も体験できます。

大洗サンビーチ海水浴場  茨城県東茨城郡大洗町大貫町地先

第2位プール。プール以外のアクティビティも充実

流れるプールや幼児用プールはもちろん、ウォータースライダーなどのアクティビティもあり、大人も子どもも1日中楽しめるのが人気の秘密。国営昭和記念公園では、プールだけでなくサイクリングやボート遊びもできます。

国営昭和記念公園レインボープール  東京都立川市緑町3173

第3位遊園地・テーマパーク。休みを利用して気になる施設へ!

夏休みを利用して普段できない体験や世界観を満喫できる遊園地やテーマパークも人気があります。「忍者の里 チビッ子忍者村」では、忍者になりきって「忍びからくりふしぎ屋敷」を冒険したり、手裏剣や吹き矢の体験ができます。

忍者の里 チビッ子忍者村  長野県長野市戸隠3193

お出かけ前に要チェック!アンケートでわかった夏の「うっかり忘れ」

続いて、お出かけのときに「うっかり忘れてしまうこと」をアンケートで聞いてみました。すると「虫除けを忘れて虫に刺された」が29%で1位に! 「日焼けしてしまった」(27%)が僅差の2位となっています。

うっかりしてしまった理由とは?

「虫除け対策が手薄になった理由」で多かったのが「虫除けグッズを持っていくのを忘れた」と「虫除けのスプレーを使うのを忘れた」ことです。また、虫除け対策が手薄になった場所を見てみると「近所の公園」が最も多い結果に。つまり、いつも気軽に行く場所ほど「うっかり」虫除けを忘れてしまうことが多いようです。

専門家が語る!虫除けを「塗り忘れてしまう場所」は?

虫除けを塗ることを忘れていなくても、蚊に刺されてしまった経験がある人は「塗り忘れ」にご注意! 神奈川県立こども医療センターの馬場直子先生によると「虫除けを塗り忘れやすい場所は、耳や耳の後ろ、首の後ろ、手足などです」とのこと。アンケートではそのほかに顔や指などが挙がっています。子どもに虫除けを使うときも、この部分を忘れないようにしたいですね。

<馬場直子先生 プロフィール>
神奈川県立こども医療センター・皮膚科部長、横浜市立大学皮膚科臨床教授。日本皮膚科学会会員、日本小児皮膚科学会運営委員・学校保健委員・日小皮会誌編集委員などもつとめる。書籍や雑誌記事監修も多く、主な著書に「こどもの皮疹・口内咽頭所見チェックガイド」(医学書院)、「外来でみる子どもの皮膚疾患」(診断と治療社)などがある。

「イメージ調査」から紐解く、虫除け対策のウソホント

同じ場所にいても「ほかの人より蚊に刺されやすい」という人は身のまわりによくいますよね。そこでどんな人が蚊に刺されやすいのか、イメージ調査を実施した結果、「体温が高い人」や「お酒を飲む人」、「スポーツで汗をかく人」が挙がりました。これらのイメージは本当に正しいのでしょうか? 馬場先生に伺ってみました。

蚊に刺されやすい人は汗っかきが多い?

「汗をかいているときは、体が温まって体温が上がっているときです。蚊は体温を感じて寄ってきます。また、湿度が高くなることも影響している可能性があります」(馬場先生)。つまり、もともと体温が高い人や汗をかいている人は、蚊が寄ってきやすいんですね。適度な水分補給や汗をかいたら虫除けを使うなどの対策が必要になりそうです。

専門家に聞く!虫刺されに関するウソホント

Q: 蚊に刺されやすい血液型が
あるってホント?

A: 蚊は血液型を感知できません

アンケートでは「O型が蚊に刺されやすい」というイメージがあるようですが「蚊が人の血液型を感知することはできないので、ウソだと思います」。それよりも体温や湿度、呼吸によって出す二酸化炭素などを感知して寄って来ると考えられているようです。

Q: 白などの薄い色の服を着ると
蚊が寄ってきにくいのはホント?

A: 服だけで予防はできないが効果が
見込める部分も

「蚊は暗いところを好みます。身を隠せる本能的なものと考えられます。そういう点から白っぽい服の方が刺されないと考えられるようになったのだと思いますが、それ以上に温度や湿度も影響しますので、必ずしも服の色だけで予防はできないと思われます。ただ、白っぽい色の方が、蚊に気づきやすいので回避する行動をとりやすく、その結果刺されにくいとはいえるでしょう」。

Q: アルコールを飲むと蚊が
寄ってきやすいのはホント?

A: 体温が上昇するのでホント

「ホントです。アルコールを飲むと、全身の血液循環がよくなり、体温が上がります。蚊は体温が高いほうが寄ってきやすくなります」。

Q: 一番蚊に刺される時間帯が
あるってホント?

A: 朝夕は蚊に刺されやすい

「蚊の種類によって夜行性と昼行性があります。アカイエカやコガタアカイエカは夜に活動し、ヒトスジシマカは昼に活動、チカイエカは昼も夜も活動します。朝夕はどのタイプの蚊も活動するため、最も刺されやすいといえるでしょう」。

Q: 家の中で蚊がいやすい場所
があるってホント?

A: 暗く、湿気の多い場所は
要注意

「部屋の隅の方の暗く、湿気の多い場所に隠れています。トイレやお風呂場、台所の開き戸の中、押し入れなどの暗めで湿気の多い場所にいることが多いです」。

虫除けの「気になる」5つの悩みと解決法

白い服を着たり体温に気を配ったりするだけでなく、蚊に刺されにくくするには、虫除けを上手に使うことが一番! ただ、アンケートにもあるように、虫除けは小さい子どもに使えるかどうかや、独特な匂いが気になる人も多いようです。ところが、これらの悩みが解消された新商品も出ているのです!

  • 効果がどれくらい続くのか気になる
  • 小さい子どもにも使えるか心配
  • どのくらいの頻度で使ったらいいのかが気になる
  • 虫除け特有の匂いが気になる
  • 服の上からかけたときに服が傷まないか心配

「気になる」悩みを一気に解決!最新の虫除けはココがスゴイ!

イカリジン配合の虫除けは年齢制限なしで使えます!

「イカリジン」とは1980年代にドイツで開発され、ヨーロッパやアメリカなどで製品化されていて、日本では2015年に初めて製造販売の承認を得た新虫除け成分。「イカリジン」を使った虫除けは、子どもへの使用制限や回数制限なく使えます。

製品によっては約6時間も効果が持ちます

イカリジンを使用した虫除けの場合、1回使用したときの蚊などへの忌避効力は約6時間持続します。ただし、汗をかくなどの状況によって忌避効力が弱まる可能性があります。汗をかいたらこまめに塗りなおしましょう。

虫除けの匂いがなくしっかり使える製品も!

虫除け特有のツンとした匂いが、塗っているときに嫌だったという人も多いはず。最近の虫除けは、この特徴的な匂いがないものも増えています。手にとって塗ったあとでも匂わないため、子どもにもつけやすいです。

服の上からでも服を傷めずに使えます

これまでの虫除けの場合、服の上からかけたときに服が傷んでしまうことがありました。最近の製品には、衣類にやさしい虫除け成分で、服やストッキングの上から使えるタイプもあります。これならかけ直しも楽ですね。

新有効成分「イカリジン」配合でより進化した虫除けが誕生!

「イカリジン」配合で小さな子どもから使えて、匂わずに服の上から使えるのが「お肌の虫よけ プレシャワーDF ファミリーユース」。海洋深層水を使い、保存料も無添加なので低刺激なのも魅力です。今年の夏のお出かけにぜひ1本常備しておいてください。

お肌の虫よけ プレシャワーDF ファミリーユース

適用害虫:蚊成虫、ブユ(ブヨ)、マダニ、アブの忌避
有効成分:イカリジン

家族みんなで使える虫除けスプレー!お肌の虫よけプレシャワーDFファミリーユース

手軽に使えるエアゾールタイプも!

虫よけキンチョールDF

適用害虫:蚊成虫、ブユ(ブヨ)、マダニ、アブの忌避
有効成分:イカリジン

虫除け対策の強い味方!虫よけキンチョールDF
防除用医薬部外品

※使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。