子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

収穫体験&BBQに海の幸も満喫! 親子で南房総へドライブ旅!

2017年12月18日に、開通20周年を迎える東京湾アクアライン(以下、アクアライン)。神奈川県川崎市から東京湾を横断して千葉県木更津市を結ぶこの道路が開通したことで、都内や神奈川エリアから千葉県南房総エリアへのアクセスが格段に向上! 木更津市のアウトレットパークなど、南房総の人気スポットにも気軽に足を運べるようになりました。

そこで今回は、川崎市在住の「いこーよ」モニター・横瀬さんファミリー(パパ、ママ、6歳のハルキくん、4歳のユズキちゃん、1歳半のヒビキくんの5人家族)のお出かけに密着。アクアラインを利用した南房総へのドライブ旅を通じて、親子で楽しめる魅力的なスポットを紹介します!

混雑を避け、少し遅めにアクアラインを通過!

川崎市に住む横瀬さんファミリーは、川崎市の大師出入口より首都高速の川崎線に入り、川崎浮島ジャンクションからアクアラインに向かいます。土日祝日の場合、アクアラインの下りは朝6時から9時の間がとくに混雑します。そこで今回は9時以降にアクアラインを通過できるよう、8時半頃に自宅を出発。アクアラインの途中にある「海ほたるパーキングエリア」でトイレ休憩のあと、のんびり木更津方面に向かいました。

「空と大地の丘 森本農園」で収穫体験&BBQ

袖ケ浦インターチェンジを下りて約10分で、「空と大地の丘 森本農園」(木更津市)に到着。ここは、敷地内で栽培している野菜や果物の収穫体験ができるスポットで、畑のレンタルもしています。今回は、小松菜や二十日大根、ニラ、水菜、サツマイモ、旬を迎えた里芋など、季節の野菜の収穫に挑戦しました。

「これはニラ。餃子とかに入っている野菜だよ」とママに教わりながら、ハルキくんがニラを収穫。ハサミを使って、株元から上手に切っていきます。普段はできない収穫体験だけに、新鮮な驚きがいっぱい。親子の会話もはずみます♪

秋から冬にかけて旬の里芋がどっさり採れました! 作物が畑に育っている様子が実際に見られ、収穫もできるので、子どもの食育にも役立ちそうですね。

さらに、収穫したばかりの野菜でバーベキュー(またはお鍋)が楽しめるのも「空と大地の丘 森本農園」の大きな魅力! 普段は野菜があまり好きではないというハルキくん&ユズキちゃんも、自分が収穫した新鮮な野菜に「おいしいね!」と大喜び。パパも「野菜が甘くておいしいですね。こんなにたくさんの野菜をBBQで食べられるのはなかなかないです」と思わず笑顔がこぼれます。

BBQに必要な機材やお肉など野菜以外の食材も農園が用意してくれるので、手ぶらで来てもOK(要事前予約)。また、薪の火起こしは、農園の方が手伝ってくれるので、BBQ経験がない人も安心です。一方で、BBQ中に薪をくべたり、竹筒で息を吹き込み火力を調整したりなんてことも楽しめます。ハルキくんも竹筒を持って一生懸命息を吹き込みました。上手にできたと得意顔!

「鋸山ロープウェー」で景色を楽しみながら山頂へ

BBQでお腹いっぱいになったあとは、南房総を南下し、人気観光スポット「鋸山」(鋸南市/富津市)を目指します。鋸山は、房総半島の山々や東京湾を一望できるほか、石切り場だった名残の断崖絶壁が随所に見られ、独特の景観を作り出しています。

山頂へのアクセスは、車を山麓駅の駐車場に停め、鋸山ロープウェーを利用。ロープウェーからの美しい眺望を満喫して、子どもたちはもちろん、パパママも大満足です! ちなみにロープウェーが混雑しているときは、自動車で山頂まで行くのもおすすめ。鋸山登山自動車道(有料)を利用すれば、ロープウェーの山頂駅近くまで車で行けます。

鋸山の山頂で記念撮影! 展望台からは、東京湾や房総半島の美しい山々が眼下に広がります。よく晴れた日には富士山が見えることも!

とくに鋸山の名所として知られている、断崖絶壁の突き出した先に展望台が設けられた「地獄のぞき」にも挑戦! 高いところが苦手というパパに対して、ハルキくんとユズキちゃんは平気な顔で先端へ。「全然怖くないよー!」と、ラクラクこの難所をクリアしました。


「漁師料理かなや」で磯遊びと海の幸を満喫!

下山したあとは、車で10分ほど北上して「漁師料理かなや」(富津市)へ。ここは目の前の海岸で磯遊びもできる人気の食事処です。

「ママー! 海に入ってもいいー?」と待ちきれない様子のハルキくん。海に来るのを楽しみにしていたユズキちゃんも大はしゃぎ。2人で岩場の間に降りて、寄せては返す波を楽しみました。また、海に沈む美しい夕日を眺めることができ、パパ&ママにとってもステキな思い出になりました。

磯遊びのあとは、施設の2階にある「磯焼きかなや」で夕食です。ここでは活貝焼きバイキングと寿司ネタ乗せ放題の海鮮丼がセットになった食べ放題コースを注文。ハマグリやホタテ、サザエなどの活貝を好きなだけ焼いて食べられるとあって、子どもたちは大盛り上がり。海鮮以外に、干物やお肉なども食べられて、家族みんなで大満足の夕食となりました。

農園でのBBQや鋸山、そして磯遊びに浜焼きと、山と海の魅力を1日で満喫した今回のドライブ旅。最後に、アクアラインを利用した今回のドライブ旅の感想をうかがいました!

パパのコメント

「今までも房総の海に遊びには来ていたのですが、あらためてアクアラインの便利さを感じました。今回は、子どもたちが自然に触れる機会が作れてよかったです。それに、まだまだ南房総には楽しいスポットがたくさんあるとわかったので、また来たいと思います」

ママのコメント

「小さい子でも楽しめる場所にお出かけできて、家族みんなで楽しめました。家ではなかなかできないようなことを1日でたくさん子どもに経験させることができてよかったです」

ハルキくんのコメント

「サツマイモ掘りが楽しかった! 山も登れたし、海にも入れたし、また来たい!」

ユズキちゃんのコメント

「海で遊べてうれしかった!」

川崎方面へは20時以降の通過で混雑を回避!

今回の横瀬さんファミリーのように、土日祝日の夕方以降に川崎方面へ向かう場合、アクアラインの上りは15時から19時の時間帯が混雑するので、20時以降に通過するのがおすすめ。スムーズに通行できるだけでなく、天気がよければ海ほたるパーキングエリアで夜景も楽しめます。少し休憩してからアクアラインに向かうなど、通過時間を調整するといいですね。

土日祝日の夕方はお得なタイムサービスで混雑回避!

2018年3月31日(土)までの土日祝日限定で、「ヨル得」を開催中! 木更津市内の提携ショップ(17時より開催)、「三井アウトレットパーク 木更津」(18時より開催)、海ほたるパーキングエリア(20時より開催)でショッピングや食事をすると、お得な割引サービスが受けられます。例えば一部のレストランでホットコーヒーが通常350円のところ100円に! 混雑回避とお得なサービスで一石二鳥ですね!

■「ヨル得」のお得なサービスの詳細はこちら

アクアライン開通20周年を記念してさまざまなイベントが!

今年の12月で開通20周年を迎えるアクアライン。それを記念して、今年はコラボイベントやスタンプラリーなど、さまざまな催しが行われます。 「FMヨコハマ」でも、毎週日曜日11時43分より記念ラジオ番組「Aqua Line Party」をオンエア中です。そのほか今後の開催イベントなどの情報は、公式サイトをチェック!

【公式サイト】東京湾アクアライン開通20周年記念サイトはこちら

今回紹介したスポット以外にも、親子で楽しめる魅力的な場所がたくさんの南房総エリア。アクアラインを利用して、ぜひお出かけしてみてくださいね!

快適なドライブ旅の前に! 高速道路の交通状況はNEXCO東日本ホームページ「ドラぷら」をチェック!

■PC版「ドラぷら」■携帯版「ドラぷらモバイル」■iPhone・Android向け「ドラぷらアプリ」

今回利用したルートとスポット

高速料金&ルート検索は「ドラぷら」が便利
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック