子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

東海の人気トランポリン施設15選! 定番・大型・貸し切りまで

2017年11月2日

ピョンピョンと飛び跳ねる楽しさが魅力のトランポリン。楽しみながら運動できるので、子どもはもちろんパパママがハマってしまうことも! そんな人気のトランポリン施設を一挙に紹介。今回は、名古屋など東海エリアで人気のトランポリン施設を紹介します。

関東の人気トランポリン施設はこちら!指導員が教えるトランポリンの効能とコツとは?

トランポリンパークMr.JUMP【愛知県】

Normal

充実した施設が魅力のトランポリンパークです。1面貸し切りタイプの「プライベートジャンピングゾーン」には、定番のトランポリンと安全に飛び込めるスポンジプールを設置。さらに、高さ3mの飛び込み台や丸太渡り、ブランコなどがあるアスレチックゾーンもあります。ジャンプして大きなサンドバッグに飛びつく「GRABバッグ」(有料オプション)も人気です。

「フリージャンピングゾーン」には、複数のトランポリンが1つになったエリアがあるほか、ウォールトランポリンやジャンプしてダンクを決める遊びができるトランポリンも2面備えています。トランポリン以外にも、スラックラインやうんていが楽しめるスポンジプール、最大7.5mの壁を登るボルダリング(有料オプション)も楽しめます。

そのほか、最大7mの高さから滑り降りる日本初上陸の垂直スライダー「ビッグスライダー」もあります。

「トランポリンパークMr.JUMP」の詳細を見る

トランポリンパークMr.JUMP 扶桑店【愛知県】

Normal

「トランポリンパークMr.JUMP」の姉妹店です。3つのゾーンに分かれていて、扶桑店だけの設備も用意されています。

自由に遊べる「フリーゾーン」には、10mのロングトランポリンのほか、飛び込むのが楽しいフワフワ巨大エアーマットを設置。「ウォールトランポリン」や「トランポリンダンク」、3mの垂直スライダー、5mの高さからジャンプでサンドバッグに飛びつく「グラブバッグ」、ボルダリングも楽しめます。

貸し切り専用のエリアが「プライベートゾーン」。トランポリンのほか、高さ3mの飛び込み台、扶桑店限定の「ジップライン」も!

「パフォーマンスゾーン」にはオリンピックにも使われる本格的なトランポリンを設置。「ウォールトランポリン」用の壁がガラス張りになっていて、プレイの様子を壁の裏側から見ることができます。

「トランポリンパークMr.JUMP 扶桑店」の詳細を見る

トランポリンパークMr.JUMP 大高店【愛知県】

Normal

こちらも「トランポリンパークMr.JUMP」の姉妹店。

メインのトランポリンエリアはさまざまな障害物を設置しているのが特徴で、隣接する巨大エアマットにダイビングする楽しみもあります。ほかにも「トランポリンドッジボール」「トランポリンダンク」「トランポリン跳び箱」、壁が透明な「クリアウォールトランポリン」など、多彩な設備がそろっているのが魅力です。

トランポリン以外にも、高さ9mのクライミングウォールやARボルダリング、館内を滑空して横断するジップライン、スリリングな2種類のスライダーなど、大人も楽しめるアクティビティが多数そろっています。キッズゾーンもあるので小さな子ども連れも安心!

「トランポリンパークMr.JUMP 大高店」の詳細を見る

CRAZYjp【愛知県】

Normal

貸し切り専門のトランポリンパーク。ネットで囲まれたエリアにトランポリン2面とスポンジプールが1つ設置されています。貸し切り制なので、家族や仲間だけで気兼ねなく遊べるのが魅力です。

「CRAZYjp」の詳細を見る

トランポリン屋さんg_lovers

Normal

競技用トランポリン2基、ウォールトランポリンも楽しめるミニトランポリン2基、7mのロングトランポリンが設置されています。

さらに、2階から飛び降りられるスポンジプールや巨大跳び箱、ロープ登りや吊り輪もあり、さまざまな運動が楽しめるスポットです。

「トランポリン屋さんg_lovers」の詳細を見る

トランポリンスタジオKSP【愛知県】

Normal

転落防止ネットが付いた直径約5mの特注円形トランポリンが4基設置されている施設です。競技用のマット素材を使用しているので、本格的なジャンプが楽しめます。

トランポリン以外にも、ボルタリングが楽しめるほか、一輪車やジェイボード、フラフープ、ホッピングなどの遊具も借りられるので、1つの遊びでは飽きやすい子どもも安心して連れていけます。

「トランポリンスタジオKSP」の詳細を見る

スポーツエリアAIR-X(スポーツエリア エアークロス)【愛知県】

Normal

トランポリン、ボルダリング、スラックラインの3つが楽しめるバランススポーツジムで、トランポリンは競技用のものが3面設置されています。いずれもジャンプする面が床と同じ高さなので落下の心配がありません。縄跳びやゴム跳びの無料レンタルもあります。

「スポーツエリアAIR-X(スポーツエリア エアークロス)」の詳細を見る

トランポリンハウス vivace春日井店【愛知県】

Normal

レギュラートランポリン2面と競技用のユーロトランポリン1面を備えたトランポリンパークです。縄跳びやゴム跳びを無料で借りられるので、何重跳びまでできるか挑戦するのも楽しいですね。

そのほか、クライミングウォールもあり、ユーロトランポリンをレンタルすると利用できます。

「トランポリンハウス vivace春日井店」の詳細を見る

トランポリンハウス vivace滝ノ水店【愛知県】

Normal

トランポリンハウス vivace春日店の姉妹店です。レギュラートランポリン1面とユーロトランポリン2面に加え、複合トランポリン「トラトラ」も設置。これは、凹型や凸型のトランポリンと正方形の小型トランポリン、ミニスポンジプールが合体したもので、ちょっとしたアスレチック感覚で楽しめるのがポイントです。

そのほか、スポンジプールや、高さ3.6mのクライミングウォールとジャンプ台もあり、多彩な楽しみ方ができます。

「トランポリンハウス vivace滝の水店」の詳細を見る

スラックラインパークガンバデ【愛知県】

Normal

屋内施設では最長となる20mのスラックラインが設置されているスラックラインパークで、トランポリンやボルタリングも楽しめます。トランポリンは競技用のものが2面設置されていて、ウォールトランポリンも楽しめます。

「スラックラインパークガンバデ」の詳細を見る

ワンダーリンク【愛知県】

イオンモール常滑に隣接されたエンターテインメントパーク「ワンダーフォレストきゅりお」内にあるスポーツ施設です。季節によって遊べるアイテムが異なるのが特徴で、トランポリンは3月から10月の期間に体験可能。

そのほか時期によって、キッズボート、ウォーターホイール、スプラッシュメイズ、アイススケート、インラインスケート、ロボスクーターが楽しめます。

「ワンダーリンク」の詳細を見る

トランポリンカフェ てぃーたいむ【愛知県】

愛知県春日井市にある、トランポリンパークとカフェが併設された珍しいスポットで、トランポリンは全部で3面を設置。トランポリンだけ、カフェだけという利用方法もOKです。

カフェ、トランポリンともに朝8時から営業しているので、カフェでモーニングを楽しんだあとにトランポリンで運動(その逆も)なんて楽しみ方もできます。

トランポリンパークA.T.Square【岐阜県】

Normal

岐阜県にある店内約100坪の大型トランポリンパークです。26面のトランポリンが並ぶ広々としたエリアはスポンジプールやトランポリンでジャンプしてダンクができるバスケットゴールも設置。エリア全体が壁状のトランポリンやネットに囲まれているので、落ちる心配なく楽しむことができます。

「トランポリンパークA.T.Square」の詳細を見る

トランポリンパーク浜松【静岡県】

Normal

トランポリンをはじめとした多彩な屋内アクティビティが楽しめるスポットです。

トランポリンは、複数のトランポリンがつながった多人数で遊べるエリアと、ウォールトランポリンもできる競技用トランポリンのエリアの2つ。トランポリンから飛び込めるスポンジプール、ダンクシュートができるゾーンもあります。

トランポリン以外にも、スリル満点の「絶叫ロングすべり台」、ボールプールやすべり台などが設置された「キッズエリア」ボルダリングやロープクライミングで楽しめるエリアを設置。VR(バーチャルリアリティ)を利用したフィットネスができるエリアもあって、子どもから大人まで幅広く楽しめるスポットです。

「トランポリンパーク浜松【2018年8月29日オープン!】」の詳細を見る

藤枝ボウル・てんとう虫パーク 藤枝店【静岡県】

Normal

ボウリング、卓球、バドミントン、ビリヤード、ダーツ、カラオケなど、いろいろな楽しみ方ができる静岡県の複合アミューズメント施設で、トランポリンパークも常設されています。

大きなスポンジプールを中心に、通常のトランポリンのほか、山型や斜め、10m以上のロングトランポリンを多数設置。競技用のトランポリンもあり、ウォールトランポリンも楽しめます。

そのほか、スラックラインやロープクライミングも体験可能です。

「藤枝ボウル・てんとう虫パーク 藤枝店」の詳細を見る

愛知県を中心にトランポリン施設が充実している東海エリア。ぜひ親子でお出かけしてみてください! 1面単位で借りる方式の施設の場合は、お友達を誘ってみんなで借りると1人あたりの費用がリーズナブルになっておすすめですよ。

おすすめアスレチック探しはこちら!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック