子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

「ドラえもん展」六本木で開催 ぬいぐるみ&巨大絵画&撮影OK

2017年10月31日

2017年11月1日(水)〜2018年1月8日(月・祝)の期間、東京・六本木にある「森アーツセンターギャラリー」で「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が開催されます。日本を代表するアーティストが作る新しい「ドラえもん」に会いに行ってみよう!

芸術家が生み出す「自分のドラえもん」

村上隆 出展作品 「あんなこといいな 出来たらいいな」 (C)2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. (C)Fujiko-Pro

マンガ家、藤子・F・不二雄さんによって生み出された「ドラえもん」。1970年の誕生以来、長きに渡り子どもから大人まで幅広い世代に愛されている国民的キャラクターです。2002年にも開催された同展は、今回15年ぶりに「続編」として復活します。

前回「THE ドラえもん展」村上隆 出展作品 「ぼくと弟とドラえもんとの夏休み」(2002年) (c)Fujiko-pro & Takashi Murakami / Kaikai Kiki 2002

日本の現代美術を牽引するアーティストたちが一堂に集い、「自分だけのドラえもん」を表現します。巨大な絵画やカラフルなぬいぐるみ、ドラえもんの「外と中」を表現した彫刻作品、原作マンガから生まれた「紙ドレス」など、さまざまなアートで表現されたドラえもんの世界観を楽しめます


ここがみどころ!

最先端の現代アーティスト、総勢28組が参加!

村上隆 Photo: Chika Okazumi

参加アーティストは、現代アートの巨匠・村上隆さんをはじめ、写真家の蜷川実花さん、きゃりーぱみゅぱみゅさんのミュージックビデオで演出を担当していることでも有名なアートディレクター・増田セバスチャンさんなど、さまざまな分野で活躍する28組です。

さまざまな技法の新作アートを展示

28組のアーティストが、絵画や写真、彫刻、書道、メディアアートなど、さまざまな技法で新作アートを制作しています。「誰も見たことのないドラえもん」に、きっと会えるはず。

アート作品は撮影可能!

展示されている作品は、撮影OKです(一部不可の作品もあります)。これまでにない「新しいドラえもん」と写真が撮れるのは、うれしいですね。

現代アート×ドラえもんの世界観を楽しめる「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」は、親子で訪れるのにピッタリ! 芸術の秋に、足を運んでみてはいかが?

■THE ドラえもん展 TOKYO 2017
開催日時:2017 年11月1日(水)〜2018年1月8日(月) 10:00〜20:00
※火曜日は17:00まで
※入館は閉館の30分前まで、会期中は無休
場所:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
料金:当日券一般2,880円、中高生2,480円、4歳〜小学生1,880円/前売り券一般2,680円、中高生2,280円、4歳〜小学生1,680円

「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」の詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック