子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

体験型の航空博物館オープン! パイロット体験&実機展示も!

2017年11月29日

航空機を見て学べる体感型ミュージアム「あいち航空ミュージアム」が、2017年11月30日(木)、愛知県の県営名古屋空港内にオープンします。貴重な実機展示や職業体験、屋上の展望デッキも楽しめる同施設の見どころを紹介します。

愛知県ゆかりの機体を中心とした実機展示!

同施設は、“空への憧れ”を育み、“飛ぶとは?”を学んで体感できる航空博物館。1階の展示ゾーンには、航空機産業が盛んな愛知で開発、初飛行された国産旅客機「YS-11」をはじめ、零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の復元機、三菱重工業が製造した双発のプロペラ機「MU-2」などが展示されます

また、フライトを疑似体験できるアトラクション「フライングボックス」もあります。大迫力の映像にあわせて左右上下に座席が動き、空を飛んでいるような臨場感を味わえます。


パイロットや整備士の職業体験もできる!

施設2階では、航空機産業の歴史が学べるコンテンツが展示されます。超精密模型を展示している「名機百選」には、世界の航空史に名を遺した名機100種がズラリ! どの航空機も25分の1スケールで作られているので、大きさの違いを見比べるなどして楽しめます。

ほかにも、迫力ある3D大型スクリーンで航空機産業の歴史が学べる「オリエンテーションシアター」や、鳥や航空機が飛ぶ仕組みを学ぶことができる「サイエンスラボ」、パイロットや整備士の仕事を体験できる「職業体験」など、楽しく学べるコンテンツが満載です

ショップや屋上デッキも必見!

そのほか、同施設限定のプラモデルを販売するミュージアムショップや、駐機場や滑走路を眺められるカフェなどもあり、家族で1日中楽しめます。

屋上の展望デッキに設置されたハンモックからは、寝そべりながら迫力ある離着陸シーンを楽しむこともできますよ

親子で楽しめる注目の新スポット、ぜひ一度訪れて航空機の魅力に触れてみましょう。

■あいち航空ミュージアム
オープン:2017年11月30日(木)オープン
開館時間:10:00〜19:00(入館は18:30まで)
※休館日は火曜日
場所:県営名古屋空港内
料金:大人1,000円、高校生・大学生800円、小中学生500円
※未就学児は無料
※障がい者手帳(第1種身体障害者手帳、1級精神障害者手帳、第1種知的障害者手帳)を持っている場合は本人と付添人1人は無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック