子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

外遊びの気になる悩みを解決! ママの本音座談会&アンケート

大型連休のゴールデンウィーク(GW)は、子どもとのお出かけにピッタリの時期です。とはいえ、女の子のママが気にするのが、お肌の日やけ。日差しも強くなるのでなおさらです。

そこで、お悩み中のママたちに座談会を敢行! GWのお出かけ先や日やけ止めを使う頻度、日やけへの疑問など本音で話し合ってもらいました。また、実際に最新の日やけ止めを塗ってもらい、「ママの目」で厳しくチェックしてもらいました。

座談会の参加ファミリー

左から黒河さん、鈴木さん、楠見さん、大河原さん

黒河 美幸さん:叶蓮(かれん)ちゃん(3歳)のママ。「一緒に出かけられる年齢になってきたので、日やけのケアについて皆さんとお話しできたらと思います」
鈴木 美沙さん:莉茉(りま)ちゃん(3歳)のママ。「ちょうど紫外線が気になり始めたので、日やけ止めを探していたところです」
楠見 幸恵さん:花穂(かほ)ちゃん(3歳)のママ。「日やけすると、健康にどんな影響があるのか知りたいと思って参加しました」
大河原 はるかさん:志真(しま)ちゃん(3歳)のママ。「うちの子は日やけ止めを塗っても真っ黒になってしまう体質みたいで、皆さんのお話も聞いてみたいです」

GWで行きたい場所は、外遊びできるところ!

ーーゴールデンウィーク(GW)に家族で出かける予定や、お出かけ先は決まっていますか?

黒河さん:キャンプに行く予定です。キャンプ好きの友人家族にお誘いいただいて、うちもそのご家族も子どもを連れていける年齢になったので「一緒に行こう」って。

バーベキューやキャンプなど、外で遊ぶのが楽しい季節です

楠見さん:うちは、千葉のきのこ園にバーベキューに行く予定です。それから、毎年行っているお台場のハワイアンフェス。どちらも屋外なので日やけは心配しています。

鈴木さん:まだ考え中なのですけど、潮干狩りに行ってみたいです。子どもがもっと小さいころは泥だらけになりそうかなと思っていたのですが、もうすぐ4歳なのでそろそろ楽しめるかなと。

大人だけでなく子どもも楽しめる潮干狩りも人気

大河原さん:今年はお寺巡りやプールに行く予定です。私は何度か行ったことがある場所なのですが、子どもは初めてなので楽しみにしています。ただ、日差しが強いところなので、日やけ対策は必要だと思っています。

子どもの日やけは心配! でもやることが多すぎて…

——みなさん、GWは外遊びを予定されているようですが、普段から日やけ止めは使っていますか?

(全員うなずく)

楠見さん:そうですね。ただ、私自身は毎日欠かさないのですが、子どもはレジャーに行くときに使っているだけです。

黒河さん:うちは1〜2歳の頃は肌のことも考えてオーガニックの日やけ止めを使っていたのですが、あまり効果がなくて。「今年はどうしよう?」と悩んでいるところです。

大河原さん:外で遊ぶ時間が長いから、塗っていても結局日やけしちゃうんですよね。

鈴木さん:私はスプレータイプの日やけ止めで簡単に済ませてしまうことが多いですね。子どもにも同じものを使っているのですが、スプレータイプだとあまり効果がない気がします。

——日ごろからお子さまに日やけ止めを使う人は少ないようですね。

楠見さん:塗ってあげたいんですけど、実際はできないことが多いですね。朝は忙しくて手が回らない(苦笑)。

鈴木さん:ほかにやることもたくさんあるから、玄関を出るときに「あ、塗ってない」って気がついて。でも「もうめんどくさいからいいや」って。朝のルーティンはひとつでも減らしたいですよね。

【いこーよユーザーアンケート】日やけ止めの必要性を感じながらも、1年中つけているのは少数派

「いこーよ」で延べ519人に行ったアンケートによると、「日やけ止めを子どもに使ってあげたい」と思っている親は全体の8割以上。一方で「1年中使っている」と答えたのはわずか5%で、肌が露出しやすい時期だけ使っている人も全体の半分程度にとどまりました。必要性を感じてはいるものの、日常的に使っていない人も多いようです。

子どもに日やけ止めをこまめに塗りなおさない理由は?

——そのほかに、お子さんに日やけ止めを塗らない理由はありますか?

大河原さん:洗い残しが心配なことでしょうか。塗るときはまだいいんです。女の子だから、お化粧ごっこみたいに顔になにか塗るのは好きなので。でも、落とすのが本当に大変。

黒河さん:子どもって、石鹸つけて顔を洗うのを嫌がるんですよね。

大河原さん:うちの子も最近お風呂に入るのを嫌がるので、ちゃんと落とせていないかも…。

楠見さん:洗い残しが皮膚炎やかぶれの原因になってしまわないか、心配ですよね。

黒河さん:あとは、日やけ止めの持続時間も気になります。保育園に通うようになると、朝は塗って送り出してあげられるけど、お昼のお散歩やプールの時間には効果が薄れてしまっているじゃないですか? 先生に塗り直してもらうわけにもいかないし。

大河原さん:子どもが遊びに集中していると、塗り直してあげるのもひと苦労ですよね。

楠見さん:そもそも、子どもの日やけ対策って必要なことなんでしょうか? 自分が子どもの頃は真っ黒になるまで遊んでいたし、お日さまに当たる方が健康にいいような気もするんですよね。

黒河さん:紫外線がお肌によくないのはわかっていても、100%カットすることがいいことなのかどうか…。

【いこーよユーザーアンケート】日やけの健康被害は多くの人が知っている

全体の8割の人が日やけの害について「理解している」と答えており、なるべく日やけをせずにいる方が健康だと考えていることがわかります。毎日元気に遊び回ってほしいからこそ、日やけから子どもを守るための日やけ止め選びが重要になってきそうです。

また、大人よりも成長期で皮膚が未熟な段階の子どもの方が、日やけの影響を受けやすいといわれています。短時間で日やけした場合に炎症を起こして水ぶくれになるなどの害があるほか、日やけ自体が将来の皮膚トラブルのもとになることがあります。

「SPF値が低い方が肌に優しそう」なイメージをもたれがちで、アンケートでも「SPF50は強すぎる」と思っているママパパが多くなりました。ですが、皮膚が弱い子どもにとっては、日やけの方が重大な皮膚トラブルの原因となります。

使用量や環境などが同じ条件の場合、数値が高い方が紫外線防止効果は高まりますので、子ども向けであってもSPF50はクリアすべき数値です。

手間なく塗れて肌にもやさしい「ビオレUVのびのびキッズミルク」

——せっかくなので「ビオレUVのびのびキッズミルク」を試してみてください。

楠見さん:薬のような匂いがなくていいですね。ベタベタする感じもないし。

大河原さん:思っていたよりみずみずしいですね。SPF50なのに全然重くない。

鈴木さん:これは大人が塗ってもいいんですか? 肌が弱い人ならこの方がよさそう。

黒河さん:白残りしないのがいいですね。子ども向けだと白残りしてしまうのが多いので。

大河原さん:容器を振らなくてもいいんですね。手間なく塗れるのはうれしいです。

【いこーよママパパのアンケート】日やけ止めを買うときのポイントは「肌へのやさしさ」

アンケートによると、約5割の人が子ども向けの日やけ止めには「肌へのやさしさ」を求めています。子どもが使うものなので、きちんと効果があって、なるべく肌にやさしいものを選びたいですよね。

——今回は花王のスタッフさんに協力してもらい、いろいろ質問してみましょう。

黒河さん:専門家に直接聞けるのはうれしいですね。早速ですが、SPF50+って子どもに適切な数値なんでしょうか?

花王スタッフ:お散歩や外遊び、体育の授業などで、大人が思うよりも子どもはたくさん日差しを浴びると思います。さらに、そんな子どもの肌はまだまだ発達段階で、紫外線の影響を受けやすいのです。だからこそSPF50+で守ってあげるべきだと考え「ビオレUVのびのびキッズミルク」を商品化しました。

黒河さん:塗り直しはどのくらいの間隔がいいんですか?

花王スタッフ:汗をかいたり、運動したりするなど、過ごす環境や状況によっても変わってきますが、2〜3時間に一度が一般的ですね。「のびのびキッズミルク」は、汗・水・こすれに強い「もっちりベール」処方で、強力な紫外線からも長時間お肌を守ります。

鈴木さん:大人も使って大丈夫ですか?

花王スタッフ:子ども用ではありますが、もちろん大人が塗っても問題ありません。

楠見さん:落とすときはどうすればいいですか?

花王スタッフ:普段お使いの洗浄料で簡単に落とせます。じっとしてくれない子どもたちのためにもサッと落とせるような処方にしました。

「ビオレUVのびのびキッズミルク」

【ビオレがおすすめの理由1】こだわりのやさしい使い心地

素肌と同じ弱酸性。無香料・無着色・アルコールフリーと、子どもの肌にもやさしい使い心地。さらに紫外線吸収剤が肌に直接ふれないように、小さなカプセルに閉じ込める独自の技術が使われています。

【ビオレがおすすめの理由2】強力な紫外線カット機能

大人向けでは当たり前のSPF50+・PA++++ですが、子ども向け製品としてはビオレ初。汗・水・こすれにも強い「もっちりベール」処方で、強力な紫外線から長時間肌を守れます。

【ビオレがおすすめの理由3】片手で使いやすいデザイン

塗ってあげる親のことまで考えた商品デザイン。すぐに遊びに出かけたい子どもと手をつなぎながらでも開けやすいキャップ、バッグにも忍ばせやすいコンパクトサイズが魅力です。

新商品「りんごの香り」を一足早くお試し!

——5月12日には「りんごの香り」の新商品も発売されます。

5月12日発売の「数量限定りんごの香り」

花王スタッフ:もっとお子さんの日やけ止めを習慣化してもらえるように、お子さんが楽しんで使えることを考えて設計された商品です。特別にサンプルを持ってきたのでちょっと試してみてください。

楠見さん:いい匂い! 大人は化粧品を選ぶときに無香料がいいと思うけど、子ども向けで考えるとこういう工夫があるんですね。

楠見花穂ちゃん:いい匂い! こっちの方がいい!

楠見さん:やっぱり子どもにはそうなんですね。

花王スタッフ:貴重な意見ありがとうございます。

ビオレの日やけ止めで外遊びを満喫!

——最後に本日の感想をお願いします。

鈴木さん:たぶん参加者の中で、私が一番面倒くさがりだなと感じました(笑)。「もう少しちゃんとケアしてあげないと」と思いました。娘もこれから幼稚園に入るので、朝に送り出すときだけでも使ってあげたいと思います。

大河原さん:自分の中で「本当に日焼け対策できてるかな?」「子どもの肌への負担は大丈夫かな?」という不安がスッキリしました。これなら安心して毎日使えますね。

楠見さん:娘が色白なので、これからも日やけには気を使ってあげたいと思っています。今日使わせていただいて、すごくいい商品だと感じたので、習慣にしていきたいですね。

黒河さん:この商品だったら、気軽に使えてお洋服にも色が移りにくいので、もっとマメに使えるようになるんじゃないかと思います。子どもの日やけ対策、がんばります!

「LOHACO」では便利な「いってきますボード」付き商品を数量限定で発売

お出かけ前後や寝る前などに、子どもが「あれ持ったかな?」「これはできたかな?」と自分でチェックできる「お支度ボード」。花王特製の「いってきますボード」では、「かおあらった?」「はみがきした?」といった定番の朝の準備のほかに「ひやけどめぬった?」の項目が入っており、最後の1項目は自由に書けるように空欄になっています。

ボードの項目の右側にある取っ手を引っ張ると丸印が出てきて、どこまでできているかが目で見てわかるようになっています。

この「いってきますボード」付き商品の「ビオレUVのびのびキッズミルク りんごの香り」は、「LOHACO」で数量限定で販売します(無くなり次第終了)。親子で楽しみながら日やけケア習慣をつけるためにも、この機会にぜひお買い求めください!

「花王ビオレUV キッズミルク」の購入はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

いこーよ編集部

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、親子の成長、夢の育みを応援する親子のためのお出かけ情報サイトです。親子のお出かけを楽しくするスポット、イベントをリアルタイムで発信していきます。

ライターの最新記事