子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

子ども大興奮の「メガ恐竜展」開催! 迫力満点&巨大恐竜が満載

2018年7月11日

福岡県北九州市の西日本総合展示場で、夏休み期間中の2018年8月3日(金)〜9月2日(日)に、恐竜の世界を楽しめる九州最大級の恐竜展「メガ恐竜展2018−巨大化の謎にせまる−」が開催されます。恐竜の復元骨格や生体復元模型、恐竜ロボットなど、親子で楽しめるコンテンツが満載です。

大好評の「メガ恐竜展」が九州初上陸!

Normal
恐竜生体モデル展示風景(パラリティタン)

これまでに東京や大阪で開催され、累計約44万人を動員した同展は、恐竜の復元骨格やロボットなど多彩な展示が楽しめる親子に大人気の恐竜展。九州に初上陸する今年は、陸上で最も大きな進化を遂げた竜脚類(りゅうきゃくるい)を中心に「巨大化」をテーマに、その最新学説を紹介します。

Normal
エウロパサウルス復元画(月本佳代美)

5つのゾーンに分けられた会場内では、地球史上最も大きな陸上動物と言われている「竜脚類」がなぜこれほど大きくなることができたのか、復元骨格や生体復元模型などを用いてその謎に迫ります

Normal
トゥリアサウルス半身復元骨格(2017年大阪会場の様子)

一番の目玉は、ヨーロッパ最大の竜脚類・トゥリアサウルスの復元骨格(半身)! ここでは、竜脚類が超巨大化を成し遂げた要因に迫ります。


大迫力の恐竜ロボットも登場!

Normal
ビスタヒエベルソル ロボット/(C)ココロ

竜脚類ほどの巨大化はしなかったものの、巨大化の道をたどった獣脚類も紹介されます。その代表であるティラノサウルス類の「ビスタヒエベルソル」がロボットとなって登場! 迫力満点の恐竜は必見です。

Normal
コウガゾウ全身復元骨格

さらに、会場には恐竜が絶滅したあとに誕生した巨大哺乳類も登場。巨大な絶滅ゾウ「コウガゾウ」や「ウインタテリウム」の全身復元骨格の展示などを通して、巨大化の限界にせまります。

夏休みに親子で巨大な恐竜たちの世界を堪能してみましょう。

■メガ恐竜展2018−巨大化の謎にせまる−
開催期間:2018年8月3日(金)〜9月2日(日)
時間:9:30〜16:30(最終入場は16:00まで)
定休日:会期中無休
場所:西日本総合展示場本館
料金:【前売券】大人1,200円、子ども(3歳〜中学生)700円【当日券】大人1,500円、子ども(3歳〜中学生)1,000円
※3歳以下は無料
※障がい者手帳をお持ちの方と介護者1人は無料

「西日本総合展示場」の詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック