子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

日本最大の屋内アスレチック誕生へ 巨大ネット&キッズ向けも!

2019年1月23日

栃木県芳賀郡にある人気テーマパーク・ツインリンクもてぎに、日本最大の屋内ネットアスレチック「巨大ネットの森 SUMIKA」が2019年3月9日(土)にオープンします。光と音で演出される”森の生きもの達のすみか”を舞台に、小動物になった気分で遊べる体感アトラクションです。

日本最大面積の屋内アスレチック

Normal
モデルとなった里山「ハローウッズの森」

ツインリンクもてぎの「モビパーク」内にオープンする「巨大ネットの森 SUMIKA」は、ネット面積1,000平方メートルを誇る日本最大の屋内ネットアスレチック。ネットを張り巡らせた巨大な空間で走り回ったり、飛んだり跳ねたり、寝転んだり、思いっ切りカラダを動かして遊ぶことができる新アトラクションです。

屋内なので、天候を気にせず1年中遊べるのも魅力です!

小動物になりきってアスレチックを楽しもう!

Normal
「巨大ネットの森 SUMIKA」イメージ

最大の特徴は、森の生きものがすぐそばにいるかのように感じられる光と音の演出! オオタカが飛び回る昼間から、満点の星空とともに夜行性のムササビが現れる夜まで、森の24時間が光の演出によって再現されます。

Normal
モデルとなった里山「ハローウッズの森」

同アトラクションのモデルとなったのは、施設内にある里山「ハローウッズの森」。至るところに森を感じる仕掛けが用意されており、遊びながら森の魅力を味わえます

Normal
モデルとなった里山「ハローウッズの森」

森を感じる仕掛けは全部で32種類! ウサギやリスなどの小動物になりきった参加者は、オオタカやヘビに捕まらないように、さまざまな「すみか」を見つけて隠れたり、逃げたりして楽しめます。生きものの習性を取り入れたゲームに、子どもが大興奮すること間違いなし!


小さな子どもが遊べるキッズコーナーも!

さらに巨大ネットの脇には、小さな子どもが楽しめるキッズコーナーを併設! 森の生きものや植物をモチーフにしたすべり台やトンネル、ボールプールなど、かわいらしい雰囲気の遊び場を楽しむことができますよ。

同施設で森をテーマにした大型アトラクションが登場するのは、巨大迷路「迷宮森殿 ITADAKI」、空中アスレチック「森感覚アスレチック DOKIDOKI」に続き、今回が3つ目。ぜひ親子でおでかけして、さまざまな森を思う存分遊び尽くしましょう。

■巨大ネットの森 SUMIKA
オープン日:
2019年3月9日(土)
時間:日にちによって営業時間が異なります
※詳細は公式サイトをご確認ください
場所:ツインリンクもてぎ モビパーク内
料金:800円
※モビパークパスポート(小学生以上3,000円、幼児1,700円)が利用可能
対象年齢:3歳以上
※小学生未満の子どもは中学生以上の同伴者の付き添い(有料)が必要

「ツインリンクもてぎ」の詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック