子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

ファミリーでお得にドライブ! 雪遊び&そば打ち体験で1日満喫

冬の定番おでかけ先といえばスキー場などでのウィンタースポーツ。車でのおでかけを検討している家族におすすめなのが、高速道路をお得に利用できる定額プラン「ドラ割『ウィンターパス2018-2019』」(以下、ウィンターパス)です。

今回は、東京都内に住む「いこーよ」モニターの安斎さんファミリー(パパ、ママ、キリュウくん10歳、キホちゃん8歳)が、関越道を使って新潟・湯沢方面にドライブおでかけするのに密着。日帰りスキー&そば打ち旅行を楽しみながら「ウィンターパス」でどれくらいお得になるのかチェックします!

冬のおでかけは「ウィンターパス」が断然お得!

「ウィンターパス」は、NEXCO東日本が提供する高速道路の通行料金定額プラン。事前に公式サイトから申し込むことで、首都圏や仙台といった4つの発着エリアから、ウィンタースポーツが盛んなエリアまでの高速道路1往復分を定額料金で利用することができます。

さらに、スキー場や宿泊施設、観光施設に加え、サービスエリア・パーキングエリアでの割引など、優待特典も受けられるので魅力満載です。

今冬の利用期間は、2018年12月7日(金)〜2019年4月8日(月)のうち、連続する最大3日間(日帰り利用もOK。年末年始は除く)。ETC利用の普通車・軽自動車等が対象になります。料金や発着・目的地エリアの詳細は下記のリンクをチェック!

ドラ割「ウィンターパス2018-2019」のお得な内容はこちら!

湯沢中里スノーリゾートで思いっきり雪遊び!

安斎さんファミリーは東北道の川口JCTから北上し、岩舟JCTから北関東道へ。高崎JCTで関越道に入り、湯沢ICへ向かいます。

最初の目的地は、湯沢ICから車で10分ほどのスキー場「湯沢中里スノーリゾート」。初心者から上級者まで楽しめる多彩なコースがそろい、雪遊びができるキッズパークや子ども向けのアスレチックコースもあるので、親子連れにぴったりのスポットです。スキー場利用者は駐車場や休憩所、入浴施設も無料で利用できます。

さらに、「ウィンターパス」の優待対象施設なので、リフト1日券の割引(大人500円引き、子ども400円引き)に加え、スキー用品の1日レンタル料も割引(大人・子ども500円引き※リフト1日券購入特典として)が受けられます。今回のような大人2人・子ども2人の4人家族なら3,800円もお得に!

道具&ウェア一式をレンタルした安斎さんファミリー。まずは1,000円で雪遊びし放題の「スマイルキッズパーク」でスノーチュービング(写真)に挑戦します。

かなりのスピードが出るうえにゴール直前が急傾斜になっていて、大人でもちょっと怖そうなスノーチュービングですが、キリュウくんもキホちゃんもやる気マンマン! ママも「私も滑りたい!」と参加して、みんなで楽しく滑り下りるスリルを味わっていました。

さらに、「ジェットトレインパーク」も体験。スノーモービルにゴムボートが連結されていて、右に左に激しく振り回されるドキドキのアトラクションです。

ドライバーにお願いすればスピードも調節してくれるので、子どもから大人まで安心して楽しめます。安斎さんファミリーも左右に振られるたびに「うわー!」とみんなで声を挙げて大盛り上がりでした。

次はいよいよスキー! 湯沢中里スキーリゾートはスノーエスカレーター付きのビギナーエリアもあり、初心者向けのコースも充実しています。安斎さんファミリーは全員スキー経験者ということで、リフトでコースに出ていきました。

この日は天気もよく絶好のスキー日和。思う存分滑って大満足の安斎さんファミリー。キリュウくんは「明日もここに来ようよ!」と、かなり気に入っていました。キホちゃんもモーグルスキーを体験できる「なんちゃってモーグル」コースがとくに気に入った様子で、最後に待ち受けるジャンプにも果敢に挑戦していました。

家族でそば打ち体験! 新潟名物・へぎそばを堪能

雪遊びを存分に楽しんだあとは、スキー場より一般道で10分ほどの「体験工房 大源太」でそば打ちに挑戦。ここでは手打ちしたそばをその場で味わうことができます。

スタッフが優しく教えてくれることもあって、子どもたちは真剣な表情で夢中に。「粘土みたい!」と一生懸命こねたそば玉を、麺棒で何度も伸ばしていき、最後にそば切り包丁で切り出して完成です。キホちゃんはすっかり得意になって「ママ、こぼさないでね!」とダメ出ししていました。

手打ちしたそばをその場でゆでて食べられるのもこの施設の魅力。天ぷら(前日までに要予約)とあわせて、打ち立てのそばを味わいます。パパが一口食べると「あ、すごくおいしい! 自分たちで打ったのがうそみたい」と絶賛! 子どもたちも自分で作ったこともあり、おいしさもひとしおといった表情でした。

なお、そば打ち体験は予約優先なので、事前に予約することをおすすめします。

帰りは赤城高原SAで軽食&お土産探し!

スキーとそば打ち体験をたっぷり楽しんだ安斎さんファミリーは、行きのルートを戻る形で帰宅します。湯沢ICから関越道で東京方面へ帰る途中に、2018年4月に完全リニューアルした「赤城高原SA(上り)」に立ち寄ることに! フードコートやレストラン、地域の野菜などを販売するお店などがそろいます。

まずはお土産探し。ショッピングコーナーにはスイーツから名物まで、赤城・群馬・新潟エリアの特産品がそろっていて、思わず目移りしてしまいます。

そのなかで選んだのが、このSAでとくに人気の3商品。キホちゃんが選んだのは、赤城高原SA(上り)で売上NO.1を誇る「赤城メープルミルクロールケーキ」。赤城牛乳を使用したふわふわのロールケーキが人気のスイーツです。

キリュウくんは新潟名物の定番「笹団子(5個入り)」をチョイス。ママパパはレンジで温めるだけで食べられる本格釜めし「分福茶釜めし」を購入しました。釜めしは赤城高原SA限定商品で、すぐに売り切れてしまうんだとか。

お土産を購入したあとは、フードコートでお腹を満たすことに。

フードコート横のレストラン「高原採れたてダイニング トラットリア オゴッツォ」の窯で焼き上げるマルゲリータピザをテイクアウトし、家族でシェアします(テイクアウトの場合、箱代が別途100円かかります)。

さらに、キリュウくんは産直販売のお店「赤城ファーマーズマーケット」の「ベーコン串」をがぶり。群馬にある林牧場の福豚を使った前橋市「とんとん広場」監修の逸品です。

ママとキホちゃんも同じ店で「ホットリンゴバター」を購入しました。群馬県・利根沼田産りんごの甘味とほのかなバターのハーモニーが秀逸なホットドリンクです。

このほか、高崎発の人気カフェ店「大和屋」がテイクアウトカフェとして高速道路初出店。コーヒーやソフトクリームなどが人気です。

食事も、新潟十日町の老舗・小嶋屋のへぎそばが食べられる「越後へぎそば処」、渋川市B級グルメチャンピオン・丸福ホルモンの定食が人気の「赤城食堂」、群馬のラーメンチェーン・おおぎやが監修したみそラーメンが絶品の「ラー麺 畑 Hatake」がそろいます。

ちなみにトラットリア オゴッツォで食事をすると、「ウィンターパス」利用者はドリンク1杯が無料になるのでお見逃しなく。

「ウィンターパス」でどれくらいお得になったかチェック!

今回のルートで往復の高速料金がどのくらいお得になったのか? 通常料金と比較してみました。

今回利用したのは、発着エリアを首都圏とする「湯沢・沼田・水上プラン」(目的地エリアは関越道の沼田IC〜六日町ICの範囲)。普通車は6,000円なので、平日なら通常9,880円のところ3,880円お得に! 割引のある休日でも通常7,480円のところ1,480円お得になります。割引などが受けられる優待特典も活用すればさらにお得におでかけできますね。
※利用区間や日時によっては「ウィンターパス」より休日割引料金などの方が安くなる場合もありますので、事前にNEXCO東日本ウェブサイト「ドラぷら」などで料金をご確認ください

「ウィンターパス」各プランの詳細や優待特典の詳細はこちら!

最後に、安斎さんファミリーに今回のおでかけの感想を聞きました!

パパのコメント

昨年、妻が「ウィンターパス」を見つけてくれてから利用していますが、今回もかなりお得に楽しめました。ウィンターシーズンには何度もスキーに行くので助かりますね。今回はそば打ち体験が一番印象に残っています。子どもたちとへぎそばを作れたのはうれしかったです。

ママのコメント

ウィンターパスは事前の登録が必要ですが、すごくお得なので利用しない手はないですよね。次も絶対使いたいと思います。今日は、雪遊びを存分に楽しむことができました。娘はソリ遊びに夢中で、息子はスキー場で乗れるスノーモービルが気になっているようなので、また遊びにいきたいです。

キリュウくんのコメント

手打ちそばはおそばを自分で切れたのが面白かった! スキーもまた来たいです!

キホちゃんのコメント

今日行ったスキー場は、モーグルができて楽しかった! おそば作りは難しかったけど楽しかったしおいしかった!

帰りは高崎玉村スマートICから道の駅での休憩もおすすめ!

ETC2.0搭載車なら、関越道の高崎玉村スマートICで降りて近くの道の駅「玉村宿」に立ち寄った場合、高速料金が据え置きになります。関越道が渋滞した際などの休憩場所としてもぴったりなので、ぜひ利用してください。

ただし、高崎玉村スマートICを退出後、1時間以内での乗り直しや進行方向が同一の場合に限るなど利用条件があります。詳細は下記のリンク先で確認してください。

高崎玉村スマートICでの道の駅立ち寄りについてはこちら!

不安解消! 冬の高速道路の安全な走り方は?

今回のように雪の多いエリアにおでかけすると、冬の道を走るのが不安な人も多いはず。NEXCO東日本のウェブサイト「ドラぷら」では、冬の高速道路を安全に走行するための注意点や対処法がわかる特設サイトを公開中です。普段雪道を走らないという方はおでかけ前に要確認! 

また、「ドラぷら」では積雪などによる渋滞情報や通行止めといった情報も確認できます。行き帰りのルート検索とあわせてぜひチェックしてください。

冬の高速道路での安全な走り方をチェック!ルート検索や交通情報は「ドラぷら」で!

関越道で行きたいその他のおすすめスポット

今回おでかけした湯沢周辺には関越道沿いにおすすめのスポットがたくさんあるので、ここで紹介します!

舞子スノーリゾート(塩沢石打ICより約1分)

最長滑走距離6km、全26コースを備えた大型スキー場で、塩沢石打ICより車で約1分という好アクセスが魅力。ゲレンデ直結のホテルがあり、日帰り・宿泊どちらでも楽しめます。温泉やキッズパーク、託児室、無料休憩室など、設備も充実!  「ウィンターパス」優待対象施設です(1日リフト券の割引等)。

雪国の宿 高半(湯沢ICより約6分)

文豪・川端康成が名作「雪国」を書き上げた場所としても知られる老舗温泉宿です。源泉かけ流しの天然温泉は日帰り入浴もOK。館内にはキッズスペースや絵本コーナーがあり、大浴場には赤ちゃん用のボディソープやおもちゃも用意。売店ではミルク、おむつなど、赤ちゃん用品を取り扱うなど、子ども連れにも優しい旅館です。新幹線が見える部屋があるのも子どもが喜ぶポイント。

湯沢いちご村(湯沢ICより約3分)

1月中旬から6月までオープンしているイチゴ狩り農園です。1〜2月は量り売りのみですが、3月から30分食べ放題コースも楽しめます。新潟県外にはほぼ出回らない香り高くジューシーな品種・越後姫が食べられるのも大きな魅力です。ハウスの中なので雪の多い湯沢でも、天候に関係なく楽しめます。

魚沼スイーツガーデンNATURA(塩沢石打ICより約1分)

魚沼や新潟県の食材にこだわったスイーツが購入できるお店。バウムクーヘンやスイーツ工場が併設されていて、製造の様子を見ることもできます。また、併設の石窯焼きのピッツァなど本格イタリアンが食べられるピッツェリアも人気です。

今回利用したルートとスポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

いこーよ編集部

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、親子の成長、夢の育みを応援する親子のためのお出かけ情報サイトです。親子のお出かけを楽しくするスポット、イベントをリアルタイムで発信していきます。

ライターの最新記事