子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

【千葉】人気&おすすめ「道の駅」14選 特産品&体験&宿泊も!

2019年2月15日

おでかけ先で立ち寄ることが多い「道の駅」。地元の新鮮な食材や特産物が多数並ぶほか、地元の食材を使用したグルメが堪能できたり、さまざまな体験ができたり、絶好のロケーションが一望できたり、家族で楽しめる要素が盛りだくさん! 

そこで今回は、千葉県で家族におすすめの道の駅を14カ所紹介します! 房総を始めとする多数の道の駅の魅力をお届けします。

道の駅 保田小学校【安房郡】

Normal

全国でも珍しい小学校をリノベーションした道の駅です。教室や体育館など当時の面影を残しつつ、宿泊施設も兼ね備えた注目のスポットです。

Normal

旧校舎2階は、簡易宿泊施設「学びの宿」として生まれ変わり、1泊大人4,000円、小学生3,200円、幼児2,000円とリーズナブルに利用できます。5〜15人が利用できる大部屋はさらにお得に利用可能です。屋外テラスには、温浴施設も完備されています。

Normal

昔ながらの学校給食メニューが食べられる「里山食堂」もあり、大人も子どもも大満足間違いなし! ほかにもソフトクリームや軽食が楽しめるCafé金次郎、中国料理3年B組や石窯ピッツァDa Pe GONZOなど、バラエティに富んだグルメが堪能できます。

Normal

体育館だった建物は、旬の食材や地元ならではの逸品がズラリと並ぶ里山市場「きょなん楽市」に! ほかにも、小さな子どもが遊べる「こどもひろば」や里山が展望できる「まちの縁側」など、家族連れにピッタリの道の駅です。

■施設情報
営業時間:9:00〜18:00
アクセス:新宿(東京)(湾岸道路)→川崎浮島JCT(アクアライン)→木更津南JCT(館山自動車道)→(富津館山道路)→鋸南保田IC下車信号左折してすぐ

「道の駅 保田小学校」の詳細を見る

道の駅 いちかわ【市川市】

Normal

2018年4月にオープンした千葉県市川市に位置する都心に一番近い道の駅です。

千葉県や市川市の特産品が並ぶ「メルカートいちかわ」、本格的なイタリアンが楽しめる「トラットリア アル ポンテ」、オリジナルメニューをそろえるカフェ「いちCafe」、好みに合わせて焙煎した珈琲豆を提供する「いちCafe珈琲焙煎処」など、ここでしか出会えないショップが目白押しです。

Normal

また館内のラウンジには、雨の日や、移動で子どもが疲れてしまった場合などにも利用できるキッズスペースを完備オムツ替え台や授乳室も用意されているので、小さな子どもがいても安心です。さらにゆったりくつろげるマッサージチェアが用意されていて、リラックスできます。

さらに、フィットネスやオリジナル小物創作、大人はもちろん子ども向けのダンスなど、さまざまなジャンルの講座を展開しているカルチャースクールもあるので、親子で参加するのもいいですね。

天気のいい日には、1日500円で利用できるレンタサイクルで周辺散策もおすすめですよ。

■施設情報
営業時間:8:00〜22:00(店舗により異なります)
アクセス:外環自動車道「市川北IC」おりてすぐ、「市川中央IC」から約5km

「道の駅 いちかわ」の詳細を見る

道の駅 とみうら枇杷倶楽部【南房総市】

Normal

「全国道の駅グランプリ2000」で最優秀賞を受賞した道の駅です。特産品の販売はもちろん、里山を一望できるくつろぎスペース、おしゃれなカフェレストランなど、ここならではの楽しみが盛りだくさんです。

Normal

2月中旬から3月中旬には、南房総最大規模の菜の花畑が登場します。広大な敷地に広がる黄色の絨毯に感動すること間違いなし!

館内には、アート作品が並ぶギャラリーや、貝殻ストラップ作り、ハンカチのびわの葉染めなどができる「スタジオbe」があります。週末は、ワークショップの開催もあり、親子で創作活動が楽しめます。

珍しいびわ狩り(5月上旬〜6月下旬))をはじめ、ブドウ狩り(8月中・下旬)、イチゴ狩り(1月〜5月GW)など、季節ごとに異なる果物狩りが体験できるのもうれしいポイントです。

Normal

また、特産品の房州びわのソフトクリームはぜひ食べたい逸品! びわカレーやびわ葉茶など、限定メニューが食べられるオープンテラスカフェもあり、花畑を背景にゆったりと過ごせます。ペット連れで利用できる屋外テラス席もあり、開放的なティータイムを家族で満喫しましょう。

■施設情報
営業時間:9:15〜18:00
アクセス:富津館山道路「富浦IC」から約1.4km

「道の駅 とみうら枇杷倶楽部」の詳細を見る

道の駅ちくら 潮風王国【南房総市】

Normal

海が一望できる約2,000坪の広大な敷地が魅力の道の駅です。開放感たっぷりの芝生広場からの景色は必見! 地元の漁港で水揚げされた鮮魚、日本一の美味と名高い活アワビ、サザエ、伊勢海老などが並ぶ海市場もあり、海産物が目白押し!

Normal

太平洋が一望できる絶好のロケーションが魅力のレスランでは、新鮮な海の幸やアイデアが光る王様丼など話題のメニューもあり、一度は食べたいグルメがそろっています。

Normal

また、かつて栄えた漁業を象徴する漁船「第一千倉丸」のレプリカは必見! ブリッジまで登って海を一望できるので、感動の景色をたっぷり堪能しよう。

さらに、隣接する千田海岸では磯遊びができたり、1月から3月に一面広がる花畑で花摘みや散歩したり、小さな子ども連れにもピッタリです♪

珍しいBOSO KART(南房総レンタルカート)体験にも注目! レンタルカートで公道を走れるので、海岸沿いを走行したり、南房総エリアの観光名所を巡ったりと、貴重な体験ができます。ただし、運転免許証が必要です。

■施設情報
営業時間:9:00〜17:00(毎週水曜日定休)
アクセス:館山富津自動車道「富浦IC」から約20km

「道の駅ちくら 潮風王国」の詳細を見る

道の駅 富楽里とみやま(ハイウェイオアシス富楽里)【南房総市】

Normal

千葉県南房総市の県道外野勝山線沿いにあり、「富山の楽しい里」を短縮して名付けれた「道の駅 富楽里とみやま」。有料道路の休憩施設ハイウェイオアシス富楽里と一体化されており、有料道路と一般道路のどちらからも出入りができてアクセス抜群のスポットです。

Normal

たけのこ狩り(4月)、びわ狩り(5月、6月)、ブルーベリー狩り(7月、8月)、みかん狩り(10月〜12月)など、季節ごとにさまざまな体験ができるのが魅力です。通年でそば打ち体験も行われています。

Normal

漁港で水揚げされた地魚の販売や、南房総名物の太巻き、びわ、落花生など千葉エリアならではの水産物や特産品の販売も。

漁協直営の海鮮和食堂、希少な牛乳を使ったソフトクリーム、南房総ならではの郷土料理は、毎日食べても飽きないおふくろの味が自慢です。

■施設紹介
営業時間:9:00〜18:00(4月〜9月の土日祝日は8:30開店)
アクセス:富津館山自動車道ハイウェイオアシス富楽里、富津館山自動車道「鋸南富山IC」から直進1.3km

「道の駅 富楽里とみやま(ハイウェイオアシス富楽里)」の詳細を見る

道の駅 和田浦WA・O!(道の駅 和田浦ワオ)【南房総市】

Normal

雄大な和田浦の海岸まで徒歩2、3分と絶好のロケーションを誇る「道の駅 和田浦WA・O!」。クジラの街としても有名で、全長26mの巨大なクジラの骨格標本や資料などがあるのも見どころです。

珍しい和田浦名産のクジラ料理が味わえるほか、クジラソーセージや珍味などバラエティ豊かなクジラを使用した食べ物もここならでは。ほかにも南房総産の新鮮な野菜や海産物が並び、お土産にも事欠きません。

Normal

お食事処では、クジラ料理のほか、房総産のハチミツを使用したオリジナルソフトクリームも大人気です。潮風香る道の駅でクジラ料理に舌鼓をうつのもいいですね!

■施設紹介
営業時間:9:00〜18:00
アクセス:富津館山道路「富浦IC」から約20km

「道の駅 和田浦WA・O!(道の駅 和田浦ワオ)」の詳細を見る

道の駅 ローズマリー公園【南房総市】

Normal

中世ヨーロッパの雰囲気が漂うおしゃれな建物がシンボルの道の駅。親子でSNS映えする写真撮影にもピッタリのスポットです。

Normal

ローズマリー公園内のギャラリーでは、アート作品が鑑賞できたり、イギリスの中世時代の劇場をイメージしたホールコンサートなどが開催されたり、芸術にふれられるのも魅力です。

はなまる市場では、びわ、落花生、ハーブ、海産物、畜産物などがエリアごとに並び、千葉県ならではの特産品が多数販売されています。房総の牛乳を使ったソフトクリームやうどん、カレーといったグルメも堪能できます。

また、さまざまな創作教室イベントを開催しているので、家族で参加するのもおすすめです。

■施設紹介
営業時間:9:00〜17:00
アクセス:富津館山道路「富浦IC」から約20分、館山自動車道「君津IC」から約60分

「道の駅 ローズマリー公園」の詳細を見る

道の駅 三芳村鄙の里【南房総市】

Normal

日本酪農発祥の地でもある千葉県南房総市にある道の駅。こだわり抜いた低温殺菌の三芳の牛乳やアイス、ソフトクリームなどオリジナルの乳製品がたっぷり堪能できます。周辺に広がる田園風景は、都会の喧騒を忘れるほどゆったりと過ごせますよ。

Normal

中庭には、おしゃれな屋台が並び、ハンバーガーなどの軽食が味わえます。また、地元の農園で採れた食材を中心に、旬なメニューを堪能できる「農村レストラン『カントリーマム』」があり、青々とした稲や季節の花など四季の景色を眺めながら食事ができるのも魅力です

併設の「みるく工房」では、三芳牛乳の工場見学も! 牛乳やアイスクリームなどの製造過程をガラス越しに見学できるので、大人も子どもも楽しみながら学べます。工場見学は、月曜日、水曜日、金曜日の午前中のみです。

Normal

田んぼと畑が見渡せる足湯も用意されています。南房総の雄大な景色を楽しみながら家族リラックスタイムを満喫しましょう!

10月中旬から12月下旬は、南房総の温暖な気候ならではのみかん狩りが楽しめるのも魅力です。あまり流通しない希少な品種なので、ぜひ家族でお試しあれ!

■施設情報
営業時間:9:00〜17:00
アクセス:富津館山道路「富浦IC」から約15分

「道の駅 三芳村鄙の里」の詳細を見る

道の駅 鴨川オーシャンパーク【鴨川市】

Normal

千葉県鴨川市に位置し、ピラミッドのような建物が特徴的な「道の駅 鴨川オーシャンパーク」温暖な気候と海に囲まれた絶好のロケーションが魅力のスポットです。シャチのショーで有名な鴨川シーワールドにも近く、合わせて楽しむのがおすすめです。

Normal

かつて磯だった地下の岩盤を再現した人工の潮だまりプールがあり、夏は子どもが大はしゃぎできるのもポイントです。無料で利用できますが、ビーチサンダルを履くのをお忘れなく。水鉄砲、サンダルのレンタルもあるので、必要に応じて利用できます。

太平洋を眼下に、地元の新鮮な食材が堪能できるレストランも完備されていて、刺し身、煮魚、海鮮丼、シーフードカレーなど、地場の食材が味わえる至福のひとときを過ごせます。

施設内の漁民公園には、足湯「鴨川温泉なぎさの湯」もあり、海を一望しながら温泉でリラックスできます。柑橘系の栽培が盛んな鴨川ならではの珍しい夏みかんソフトも絶品でおすすめグルメのひとつです。

Normal

毎年1月から4月上旬までは、絶好のロケーションを一望しながら花摘み体験も。菜の花、ストック、キンセンカ、ポピーなどが栽培されています。料金は10本500円です。

■施設紹介
営業時間:9:00〜18:00(11月〜1月は17:00まで)
アクセス:東関東自動車道「富浦IC」から約25km

「道の駅 鴨川オーシャンパーク」の詳細を見る

道の駅 南房パラダイス【館山市】

Normal

南房総エリアの海岸線「房総フラワーライン」沿いにある道の駅です。春は菜の花やポピー、夏はマリーゴールドなど季節の花々が見られます。千葉県最大規模を誇る動植物園「アロハガーデンたてやま」が併設されているので、大人も子どもも楽しめます。

Normal

動植物園内は、長さ300mにも及ぶ温室が続き、熱帯・亜熱帯植物をはじめ、さまざまな植物観賞ができます。なかには高さ20mを誇る大温室もあり見応え充分です。

また、インコ、カピバラ、ヤギ、コイなどの動物にえさやりができるので、小さな子ども連れにもおすすめのスポットです。

ほかにもハワイアンフードやトロピカルドリンクが堪能できるカフェや、フラダンス&タヒチダンス(土日祝日のみ開催)が見られるステージショーの開催など、ハワイアンの雰囲気をたっぷり満喫できますよ。

園内中央には、遊具などで遊べる屋外キッズ広場や東京湾を一望できるアロハタワーもあり、家族で楽しめる要素が盛りだくさん!

敷地内のマルシェでは、直輸入のハワイアンフードや南房総の特産品びわを使ったお菓子など、お土産に最適なアイテムがたくさん並んでいます。

■施設紹介
営業時間:9:30〜17:00(季節により変動)
アクセス:富津館山道路「富浦IC」から約30分

「アロハガーデンたてやま(旧・南房パラダイス 動植物園)」の詳細を見る

道の駅やちよ(やちよ農業交流センター・八千代ふるさとステーション)【八千代市】

Normal

千葉県八千代市に位置し、イチゴ狩り、ブルーベリー狩り、じゃがいも掘りなど、家族で農業や収穫体験ができる道の駅です。9月中旬から下旬は、千葉県ならではの落花生堀り体験もできます。

また、地元農家が教えてくれる味噌作り体験や料理教室なども開催されているので、家族でチャレンジするのもおすすめです。

Normal

4月から11月の土日、祝日、春期、夏期は、バーベキューが利用可能です。必要な機材はすべてレンタルできるので、食材を持ち込めば家族でアウトドア気分を満喫できます。また、天気の良い日には、1台500円で利用できるレンタルサイクルで四季を感じるのもいいですよ。

地元の新鮮な野菜を使ったレストランや搾りたての牛乳を使った手作りアイスクリームなど、子どもも大人も大満足のグルメショップもそろっています。

■施設情報
営業時間:9:00〜19:00
アクセス:京葉道路「千葉北IC」から国道16号経由で約11km

「道の駅やちよ(やちよ農業交流センター・八千代ふるさとステーション)」の詳細を見る

道の駅水の郷さわら【香取市】

Normal

茨城県に隣接する千葉県香取市にあり、全国的にも珍しい「道の駅と川の駅が一体」になったスポットです。

Normal

隣接する利根川では、モーターボートや遊覧船に乗って、雄大な景色や歴史を感じる小江戸の町並みを見渡せるなど、ここならではの周遊体験が楽しめます。アヤメやコスモスなどが咲く時期は、花々が咲き誇る開放的な景色を楽しめる期間限定のコースも見どころたっぷりでおすすめです。

敷地内には、地元の食材が堪能できるフードコート、新鮮な野菜や果物などの特産品なども豊富に取り揃えられています。

利根川沿いにはサイクリングロードが整備されており、レンタサイクルにチャレンジすることもできます。

■施設情報
営業時間:8:00〜18:00
アクセス:東関東自動車道佐原香取ICから約4.5km

「道の駅水の郷さわら」の詳細を見る

道の駅 しょうなん【柏市】

Normal

千葉県柏市の県道8号船橋我孫子線の手賀大橋たもとにある道の駅です。朝採りの農作物や特産品はもちろん、季節の花なども販売されています。

Normal

施設内の「レストランViaggio(ヴィアッヂオ)」では、本格的な中華、麺類、飲茶、焼き立てパンやケーキなど豊富なメニューが多数用意されています。柏産農産物をたっぷりと使用した人気のオリジナルソフトクリームはぜひ食べたいスイーツです。

家族でレンタルサイクリングに挑戦するのもおすすめです。手賀沼を周遊したり、周辺観光スポットまで足を伸ばしたり、家族で体を動かして楽しみましょう! 利用料は大人300円、小学生以下100円です。

■施設紹介
営業時間:9:00〜18:00
アクセス:常磐自動車道「柏IC」から約11km

「道の駅 しょうなん」の詳細を見る

道の駅 オライはすぬま【山武市】

Normal

千葉県の人気観光エリア九十九里の中心にある道の駅です。九十九里海岸から500mの立地で、観光拠点にもピッタリです。名称にある「オライ」は、方言で「我が家」を意味し、地域間の交流を願ってつけられた名称です。

Normal

施設内の物産館では、新鮮な農作物や水産加工品、地元産のお米、特産品などが並び、ここならではのお土産アイテムがそろっています。

レストラン「蓮味(はすみ)」では、地場食材を活かしたいわし丼、おらい定食、蓮味なぶら丼などオリジナルメニューが堪能できます。

■施設紹介
営業時間:9:00〜19:00(冬季は18:00まで)
アクセス:千葉東金道路「横尾横芝IC」から約10分

「道の駅 オライはすぬま」の詳細を見る

海に囲まれた千葉県ならではの絶景が見られる道の駅や、農業体験ができる道の駅など、さまざまな魅力がつまった千葉県の道の駅に、ぜひ家族でおでかけしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック