子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

2019夏休みのおでかけ最新トレンド 注目施設&イベントはコレ!

2019年7月2日

多くの時間を家族で一緒に過ごす夏休み期間は、一年の中でもっともおでかけ需要が高まるシーズンです。そこで今回は、おでかけ事情に詳しい「いこーよ編集部」が、2019年夏に知っておきたい「最新おでかけトレンド」をいち早くお届けします

夏休みにおすすめのイベントから、話題の最新施設、子供が夢中になる遊び、注目のおでかけ情報など、4つのトレンドにわけてお届けします。

【トレンド1】「DINO-A-LIVE」の恐竜イベント

夏休みの大人気恒例イベントの一つが、「恐竜」をテーマにしたショーやライブです。なかでも、恐竜が本当に生きているかのように動く「DINO-A-LIVE」(ディノアライブ)を用いた恐竜イベントは、今年も含めて昨今のトレンドといえます。

「DINO-A-LIVE」は、日本の造形美術会社「ON-ART」が生み出した世界初の体験型恐竜ライブ。人間の力と電気の力を使って動く「DINO-TRONICS」というシステムによって、世界初の自立二足歩行を可能にし、リアルな動きを実現しています。恐竜が目の前を動く姿は、子供が驚くのはもちろん、実在しないとわかっている親でさえも圧倒されるレベルです。

Normal
「DINO SAFARI」イメージ (C)ON-ART

DINO-A-LIVEを使ったイベントは年々増加中で、渋谷ヒカリエの「DINO SAFARI」は今年38公演を予定。昨年の夏休みに全国5大アリーナツアーを行った「世界一受けたい授業 恐竜たちに会える夏」でも活用されていて、今年もさいたまスーパーアリーナと大阪城ホールで開催されます。

Normal
オービィ横浜

さらに、那須ハイランドパークオービィ横浜、愛知県のラグーナテンボスなど、テーマパークのイベントに登場するケースも増えていて、人気と規模を拡大させています。また、動く恐竜ショーとしては、「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー」が6年ぶりに日本で開催されるほか、USJでも今年から新たなショーとして「マイ・フレンド・ダイナソー」が行われています。

全国の恐竜まとめ・ニュースはこちら

【トレンド2】子供も大人も遊べる「大型ネットアスレチック」

体を思い切り動かせるアスレチックも子供が大好きな遊びの一つ。新感覚のトレンドが、自然豊かな屋外で楽しめる「大型ネットアスレチック」です。

地上から10mほどの高さに、大型ネットが張り巡らされていて、施設によってはロープや迷路、トンネル、吊り橋、ボール遊びなど、さまざまな遊びが体感できます。ネットは漁網を使った丈夫なものが多く、安心安全なうえ、ハーネスなどをつけずにできるとあって、幼児から大人まで気軽に楽しめます。

Normal
森の空中あそび パカブ

2017年にアジア初の新感覚アクティビティとして誕生した「森の空中あそび パカブ」(神奈川県足柄市)を皮切りに、2018年には3階層の巨大ネットに50種類以上のアスレチックポイントがある「アミダス」(長野県栂池公園)がオープン。

Normal
アミダス

2019年の今年は、ムーミンのテーマパークで話題の「メッツアビレッジ」(埼玉県狭山市)内に「ファンモック」、神奈川県相模市の「相模湖プレジャーフォレスト」内に「ハッスルスパイダー」といった大型ネットアスレチックが屋外に続々オープンしています。

そのほか、子供向け遊具メーカー「ボーネルンド」がプロデュースする生駒山上遊園内の「PLAY PEAK ITADAKI」や、山口県下関市の「BOAT KIDS PARK モーヴィ」にも大規模なネットアスレチックが今年から導入されています。

全国の大型ネットアスレチック7選はこちら

【トレンド3】海上&水上アスレチックが全国に普及!

海や水のアクティビティも夏休みにおすすめの遊びです。なかでも今年のトレンドといえるのが、海上や水上で楽しむエア型の大規模アスレチックの普及です。以前から楽しめる施設はあったものの、昨今はより一般的な普及が進み、全国各地で新たにオープンするスポットが増えています。

Normal
勝浦ウォーターアイランド ※写真はイメージ

ここ1〜2年で見ても、2018年に「ラグーナテンボス」(愛知県)や、「裏磐梯ウォーターパーク」(福島県)、「琵琶湖 アドベンチャーウォーターパーク」(滋賀県)、「シーパーク大島」(高知県)、「かりゆしウォーターランド」(沖縄県)で海上&水上アスレチックが誕生。2019年は「勝浦ウォーターアイランド」(千葉県)や、「包ヶ浦海水浴場ウォーターパーク」(広島県)でのオープンがすでに決まっています。

Normal
裏磐梯ウォーターパーク

また、小学生以上を対象とした施設が多い中で、「裏磐梯ウォーターパーク」が3歳以上、「かりゆしウォーターランド」が4歳以上からなど、未就学児も楽しめる施設もできています。小さな子供連れのニーズに対応した施設も今後は増えてきていきそうです。

全国の海上&水上アスレチック14選はこちら

【トレンド4】東京五輪の「新種目」体験スポットが急増!

最後のトレンドは、東京五輪の新種目が体験できるスポットが続々オープンしていることです。2020年から「サーフィン」「スポーツクライミング」「スケートボード」、3人制バスケ「3×3(スリーバイスリー)」などが新種目となり、これらの競技を体験できる施設やイベントが急増しています。

Normal
スポル品川大井町

2018年8月にオープンしたスポーツ大型施設「スポル品川大井町」(東京都品川区)では、アジア初登場となる人工サーフィンが体験可能。波のサイズを調整できるので、初心者でも気軽に楽しめます。また、同施設ではボルダリングやスリーバイスリーなどの五輪新種目を含む全8種類のスポーツが体験できます。

Normal
ディー・ボルダリング綱島

また、全国的に施設が増えているのがクライミング。2018年下半期から2019年現在だけでも、「ディー・ボルダリング綱島」(神奈川)をはじめ、「THE NORTH FACE/ClimbingJAM 名古屋」(愛知県)、「ボルダリングジム KAI」(大阪府)など、全国各地に大小合わせて40施設以上がオープンしています。また、キッズ専門や本格的な施設、最新技術を融合したARボルダリングなど、種類もさまざまです。

Normal
H.L.N.A SKYGARDEN

本格的なコースを備えたスケートボードのパークも今年続々オープンしています。都内では、日本初となるナイキSBによる「Nike SB dojo」(品川区)が2019年4月にオープンし、お台場の「H.L.N.A SKYGARDEN」(江東区)も2月に大規模リニューアルしています。

全国的にも「松阪市総合運動公園スケートパーク」(三重県)をはじめ、「村上市スケートパーク」(新潟県)、「ふくい健康の森内スケートパーク」(福井県)などが今年誕生しています!

また、新競技に関連したイベントも多く開催されているほか、「ボッチャ」「ブラインドサッカー」「車椅子バスケ」などパラリンピック種目が体験できるスポーツ行事も増えていて、今夏もますます盛り上がりを見せそうです。

東京都内の子供が楽しめるボルダリングジム13選はこちら2019夏休み特集はこちら!

タグ一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック