子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

都内近郊の幼児・未就学児「無料スポット」14選 おすすめ厳選!

2019年10月17日

子供の年齢が小さいほど、おでかけ先に悩みがち。さらに有料となると、「わざわざ行って楽しめなかったら…」と不安になるママパパも多いはず。

そこで今回は、都内近郊にある幼児・未就学児が無料で遊べるスポットをまとめて紹介! お金がかからず、気兼ねなく遊べるのでおすすめです。

遊園地 浅草花やしき(東京都)

Normal

日本で最初の遊園地で、開園から160年以上の歴史を持つ「浅草花やしき」。レトロな雰囲気が漂う園内では、20種類を超えるアトラクションや、縁日コーナー、忍者がテーマの屋内施設などが楽しめます。

未就学児は入園無料。乗り物は2歳から有料ですが、4歳以下の子供の付添い1人(中学生以上)は、乗り物料金が無料になります。

Normal

「花やしき」といえば、建物すれすれを走る日本最古のローラーコースターが人気ですが、お花畑の中を走る「ちびっ子タクシー」やメリーゴーラウンド、空飛ぶ海賊船で園内を周遊する「スカイシップ」など、0歳から乗れるアトラクションも充実。小さな子供連れでもたっぷり満喫できます。

■遊園地 浅草花やしき
・住所:東京都台東区浅草2-28-1
・料金:入園料 中学生以上1,000円、小学生500円、未就学児無料(乗り物は2歳より有料)
・営業時間:10:00〜18:00(季節・天候等により異なる、最終入園は閉園30分前)
・定休日:無休(メンテナンスによる臨時休園あり)

「遊園地 浅草花やしき」の詳細を見る

うんこミュージアム TOKYO(東京都)

Normal

2019年3月に横浜でオープンして人気を博した、うんこがテーマの最先端アミューズメント施設が、スケールアップして同年8月より東京・お台場に登場。「MAXうんこカワイイ」をコンセプトに、ユニークな「新しいうんこ体験」が楽しめます。

入場は事前予約によるチケット制(当日券も若干あり)で、未就学児は無料。ただし、保護者1人につき、未就学児3人までなので、注意が必要です。

Normal

カラフルなうんこと写真が撮れたり、うんこを踏んづける体感型ゲームやさまざまな「クソゲー」で遊べたり、巨大なうんこオブジェから小さいうんこが飛び出したり、遊び心に満ちたエリアが揃います。子供大喜び間違いなしの「うんこの世界」をぜひ満喫してくださいね。

■うんこミュージアム TOKYO
・住所:東京都江東区青海1-1−10 ダイバーシティ東京 プラザ2F
・料金:前売り券 中学生以上1,600円、小学生900円、未就学児無料
・営業時間:10:00〜21:00(最終入場20:00)
・定休日:施設に準ずる

「うんこミュージアム TOKYO」の詳細を見る

東京ジョイポリス(東京都)

Normal

同じく東京・お台場の「デックス東京ビーチ」内に3フロアにわたって広がる国内最大級の屋内型遊園地。天気や季節を気にせずに1日遊べます。未就学児は入場無料。さらに、身長110cm以下の未就学児は、アトラクション料金も無料です。再入場も可能なので、お台場でランチやショッピングも満喫できます。

Normal

絶叫系コースターやVRによる体験型、謎解き探検など、臨場感あふれるアトラクションが20種類以上と充実。身長90cm未満で体験できるものもあります(一部に年齢制限あり)。

また、館内に16カ所設置された「摩訶不思議〜スペースインタラクション〜」では、デジタルとリアルが融合した最先端の「デジタリアル」を無料で楽しめるなど、子供の好奇心を刺激する仕掛けが満載です。

■東京ジョイポリス
・住所:東京都港区台場-16-1 デックス東京ビーチ3〜5F
・料金:入場料 18歳以上800円、小学生〜高校生500円、未就学児無料(身長110cm以上はアトラクション料金有料)
・営業時間:10:00〜22:00(最終入場21:15)
・定休日:施設に準ずる

「東京ジョイポリス」の詳細を見る

相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら(神奈川県)

Normal

神奈川県の一級河川・相模川に生息する魚や両生類、水生昆虫類などを100種類以上展示している施設です。全長114kmに及ぶ相模川の水源から河口までを再現した巨大水槽は一見の価値あり。

未就学児は入場無料で、身近な自然に生息する生き物を知ることができます。生き物の生態を紹介するミニトークや、ものづくりのワークショップなども毎日開催されます。

Normal

屋外にある水槽では、魚の餌付け体験も毎日実施されます(200円)。エサを握った手を水中に入れと、魚たちが手に飛びつく感触が味わえて、子供たちに大人気。1日400人限定なので、早めの時間帯に体験してください。施設前には広々とした屋外スペースもあるので、お弁当を持参して行くのもおすすめです。

■相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら
・住所:神奈川県相模原市中央区水郷田名1-5-1
・料金:高校生以上390円、小・中学生130円、未就学児無料
・営業時間:9:30〜16:30
・定休日:月曜(祝祭日は営業、春・夏・冬休みやGW等の長期休暇期間は無休)

「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」の詳細を見る

パセランドwithリトルツリー(神奈川県)

Normal

JR関内駅から徒歩3分、「パセラリゾーツ横浜関内店」の中にあるキッズスペースです。広々とした室内には、子供の五感を刺激する木のおもちゃやお絵描き・絵本コーナー、100種類以上の世界各国のボードゲームなど、さまざまな遊びの要素が揃います

未就学児は無料、小学生は大人の半額で利用できます。3時間&5時間のパック料金もあり、子供が遊びに夢中になっても安心です。

Normal

施設内にはドリンクコーナーとカフェも併設され、ドリンクやスープ類が飲み放題。カフェではキッズメニュ—を含めた食事が楽しめ、飲食物の持ち込みも可能です。くつろげるソファ席もあるので、大人も子供も大満足なひと時が過ごせます。

■パセランドwithリトルツリー
・住所:神奈川県横浜市中区末広町3-95パセラリゾーツ横浜関内店2F
・料金:30分250円、3時間パック980円、5時間パック1,480円、未就学児無料
・営業時間:11:00〜22:00
・定休日:施設に準ずる

「パセランド with リトルツリー」の詳細を見る

帆船日本丸・横浜みなと博物館(神奈川県)

Normal

横浜みなとみらい地区に保存されている国指定重要文化財の帆船日本丸と、それに隣接した「横浜みなと博物館」は、併せて「日本丸メモリアルパーク」と呼ばれています。

共通チケットを買えば、博物館と日本丸の船内どちらも見学できます。未就学児は無料のほか、小中高校生も土曜日は共通チケット300円が100円になります。歴史を感じる日本丸の甲板からは、みなとみらいの景色が一望できます。

Normal

横浜港をテーマにした「横浜みなと博物館」では、開港160周年を迎えた横浜港の歴史や役割をさまざまな角度から知ることができます。

土日・祝日には「船の折り紙教室」や「船のペーパークラフト教室」などのワークショップも実施され、入館者は無料で参加可能。小型船の操縦をリアルに体感できる「操船シミュレーター」も人気です。

■帆船日本丸・横浜みなと博物館
・住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1
・料金:日本丸と博物館共通券 大人600円、小・中・高校生300円(土曜日は100円)、未就学児無料
・営業時間:10:00〜17:00(最終入館16:30)
・定休日:月曜(祝祭日は開館、翌平日休館)その他臨時休業あり

「日本丸メモリアルパーク」の詳細を見る「帆船日本丸」の詳細を見る「横浜みなと博物館」の詳細を見る

三菱みなとみらい技術館(神奈川県)

Normal

貴重な最先端のモノづくりや科学技術を遊びながら学べる体験型ミュージアムです。未就学児は無料で入館できます。陸・海・空・宇宙のテーマ別ゾーンで、飛行機やロケットなどのリアルな大型模型や実機を交えながら、技術革新の歩みに触れられます。

なかでも人気は国産ジェット旅客機「MRJ」の実物大模型。コックピットでは操縦シミュレーションも可能なので、家族で迫力のフライトを体験してください。

Normal

施設内には未就学児専用スペース「キッズグラウンド」もあり、大型ブロックで遊べるほか、月・木・金の10:30からは科学遊びなどを行う未就学児対象のイベント「アソビバ」が無料開催されます。

ほかにも、多彩なワークショップや理科実験、サイエンスショーなどのイベントが充実し、幅広い年齢層の子供が楽しみながら学べます。

■三菱みなとみらい技術館
・住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル
・料金:大人500円、中・高校生300円、小学生200円、未就学児無料
・営業時間:10:00〜17:00(最終入館16:00)
・定休日:火曜(祝祭日は開館、翌日休館)その他臨時休業あり

「三菱みなとみらい技術館」の詳細を見る

よこはま動物園ズーラシア(神奈川県)

Normal

東京ドーム約10個分の広大な敷地に、約100種750点の動物が暮らす国内最大級の動物園です。アフリカのサバンナやアジアの熱帯林など、動物の生息環境を再現しているので、海外で動物旅行をしている気分が味わえます。未就学児は入園無料で、毎週土曜には小中高生も無料になります(要学生証等)。

Normal

園内にはのびのびと過ごす動物たちを間近で見られるスポットが多数あります。また、芝生が広がる「わんぱくの森」には、園の人気者・オカピの遊具も。ほかにも大型遊具やアスレチックが設置され、子供が体を動かせるつくりになっています。

モルモットや小型ヤギとのふれあい広場や、迫力満点のバードショー、全国でも珍しいラクダのライドなど、動物と親しめる機会もたくさん。広大な園内なので、お目当てのエリアをある程度絞ってから行くのがおすすめです。

■よこはま動物園ズーラシア
・住所:神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1
・料金:大人800円、高校生300円、小・中学生200円、未就学児無料 ※毎週土曜は高校生以下無料
・営業時間:9:30〜16:30(最終入園16:00)
・定休日:火曜(祝祭日は開園、翌日休園)、12/29〜1/1、その他臨時休園あり

「よこはま動物園ズーラシア」の詳細を見る

オービィ横浜(神奈川県)

Normal

みなとみらいにある新感覚の屋内型テーマパークです。大自然と動物たちの世界をバーチャル体験とリアルな動物ふれあいを交えて体感することができます。

多彩なエキシビジョンコーナーでは、身近な小動物から、カピバラやアルマジロ、イグアナなどともふれあえます。未就学児は入場無料ですが、エキシビションは一部有料。3歳以下はフリーパスも無料です。

Normal

迫力の映像やデジタル技術を駆使した体験型コンテンツも豊富で、日本最大級のスクリーンで臨場感あふれる大自然の映像に包まれるシアターなどが楽しめます。同シアターで毎日13:30に行われる「フライトトレーニング」は、フクロウやオニオオハシなどの鳥が客席の上空を飛ぶ人気のイベント。家族でぜひチェックしてみてくださいね。

そのほか、昆虫サイズの世界を体感できるキッズスペース「メガバグズ」もあり、小さな子供でも体を動かせます。

■オービィ横浜
・住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらい5F
・料金:大人800円、中・高校生500円、小学生300円、未就学児無料
・営業時間:9:00〜21:00(金〜日、祝・祝前日は22:00まで。最終入館は閉館1時間前)
・定休日:施設に準じる(臨時休館あり)

●「オービィ横浜」料金・アクセス・ふれあい・おすすめ体験網羅「オービィ横浜」の詳細を見る

はまぎん こども宇宙科学館(神奈川県)

Normal

地下2階・地上5階建ての巨大宇宙船をイメージした体験型科学館です。テーマ別にフロアがあり、子供連れには3階の「宇宙トレーニング室」がおすすめ。宇宙飛行士訓練が疑似体験できる「月面ジャンプ」や、秘密基地のような大型遊具「惑星ジム」などで思いきり身体を動かしながら、宇宙の不思議を身近に感じられます。未就学児が入館無料のほか、土曜日は小中高校生も入館無料になります。

Normal

ほかにも、宇宙や科学に親しめる体験型の展示が多く、特に土日・祝日はイベントも充実。5階の「キャプテンシアター」ではサイエンスショーが開催されるほか、プラネタリウム「宇宙劇場」では幼児向けプログラムが楽しめます(4歳から有料。3歳以下も座席を使う場合は有料)。

また、ロボット型のすべり台やプレイハウスがある「あそびの広場」や、持ち込んだお弁当を食べられる休憩室もあり、家族で1日中楽しめます。再入館も当日何度でも可能です。

■はまぎん こども宇宙科学館
・住所:神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1
・料金:入場料 高校生以上400円、小・中学生200円、未就学児無料 ※毎週土曜は高校生以下無料
・営業時間:9:30〜17:00(最終入館16:00)
・定休日:第1・3火曜、年末年始、その他臨時休業あり

「はまぎん こども宇宙科学館」の詳細を見る

つくしファーム 印西第1ファーム(千葉県)

Normal

千葉ニュータウン駅にあるレジャー農園です。季節に応じて、さつまいも掘りやいちご狩り、夏野菜収穫などの農業体験が可能です。参加費はプランにより異なりますが、未就学児無料のものも多く、家族でお得に楽しめます。詳細は公式サイトをチェックしてくださいね。

Normal

施設内には、農園の無農薬野菜をふんだんに使ったランチが楽しめるカフェやオーガニックショップも併設されています。広々した芝生広場では、農園で飼われているヤギとのふれあいや、エサやり体験も。石窯ピザ焼き教室や、緑に囲まれたテラスでのバーベキュー(予約制)も人気です。

■つくしファーム(印西第1ファーム)
・住所:千葉県印西市武西1205-48
・料金:プランにより異なる
・営業時間:11:30〜17:00
・定休日:月曜、その他臨時休業あり

「つくしファーム」の詳細を見る

佐倉草ぶえの丘(千葉県)

Normal

緑豊かな自然に囲まれた佐倉市の公共施設です。広々とした園内には芝生広場やアスレチック遊具、ヤギやポニーがいるふれあい動物園、さつまいもや落花生掘りができる畑など、アウトドアの遊びを満喫できる施設が揃います

未就学児は無料、小中学生も100円と入園料も良心的。
ただし2019年10月現在、台風15号による被害で遊具の一部が使用禁止になっているのでご注意ください。

Normal

国内最大級の路線の長さを誇る1.1kmのミニ鉄道(320円)もあり、約10分かけて園内の緑の中を駆け抜けます。そのほか、約1,000種2,500株のバラが咲くバラ園や、バラ園を一望できる「ローズカフェ」、地元の野菜を活かした農園食堂など、さまざまな施設が充実しています。4棟のログハウスも備え、宿泊も可能。日帰りでも泊まりがけでも、自然を存分に楽しめるスポットです。

■佐倉草ぶえの丘
・住所:千葉県佐倉市飯野820
・料金:高校生以上410円、小・中学生100円、未就学児無料
・営業時間:9:00〜17:00(最終入園16:00)
・定休日:月曜(11月1日〜3月19日の間/祝祭日は開園、翌日休園)、12月29日〜1月1日

「佐倉草ぶえの丘」の詳細を見る

千葉市科学館(千葉県)

Normal

日常の中にある科学をテーマに、子供から大人まで楽しめる参加体験型の施設です。4フロアにわたる館内には140種の体験型展示が揃い、五感をフルに使って科学を身近に感じることができます。

未就学児は入館無料で、10階には未就学児向けに科学にまつわる絵本やおもちゃで遊べる「たんQひろば」もあります。こちらでは未就学児〜小学2年生を対象に、親子で科学を楽しめるワークショップを季節ごとに開催。科学への興味を抱く第一歩におすすめです。

Normal

館内の目玉のひとつが、千葉県で最大規模を誇るプラネタリウム。直径23mの大型ドームで見上げる星空は圧巻です。小学生以上は観覧料が必要ですが、未就学児はプラネタリウムも無料です。土日・祝日には幼児向けのキッズアワーも充実しています

飲食を持ち込める広い休憩スペースもあり、再入場も可能なので、科学の不思議な世界に1日浸れます。

■千葉市科学館
・住所:千葉県千葉市中央区中央4-5-1 「Qiball(きぼーる)」7〜10F
・料金:常設展・プラネタリウム各 大人510円、高校生300円、小・中学生100円、未就学児無料
・営業時間:9:00〜19:00(プラネタリウムは9:00〜20:00)※最終入館は閉館30分前
・定休日:不定休

「千葉市科学館」の詳細を見る

所沢航空発祥記念館(埼玉県)

Normal

国内初の飛行場跡につくられた「所沢航空記念公園」内にある航空をテーマにした博物館です。未就学児は無料で利用できます。

館内には実物の飛行機やヘリコプターなどが展示され、一部の機体は操縦席や客席に座ることもできます。リアルな操縦体験ができるシミュレーターや、宇宙探検の気分を味わえる「スペースウォーカー」など、親子で楽しめる体験型展示も。大スクリーンで迫力の映像が楽しめる「大型映像館」もあり、子供向けアニメも随時上映されています。

Normal

屋外展示されている輸送機「C-46」は人気のフォトスポット。また、広大な芝生が広がる「所沢航空記念公園」に立ち寄るのもおすすめです。遊具広場や噴水、夏には水遊びができる小川など、子供が喜ぶスポットが多数ありますよ。

■所沢航空発祥記念館
・住所:埼玉県所沢市並木1-13(所沢航空記念公園内)
・料金:展示館 高校生以上520円、小中学生100円、未就学児無料
・営業時間:9:30〜17:00(最終入館16:30)
・定休日:月曜(祝祭日は開館、翌平日休館)、12月29日〜1日1日、その他臨時休館あり

「所沢航空発祥記念館」の詳細を見る

都内近郊にある「未就学児無料」の施設をまとめて紹介しました。入場後に利用料金が必要なものもあるので、確認のうえおでかけ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック