子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

横浜の1日遊べる無料・格安スポット8選 すべて子供500円以下!

2019年11月22日

せっかく家族でおでかけするなら、1日たっぷり遊びたいですよね。とはいえ、頻繁になるとお財布に厳しい……。そんなママパパにおすすめなのが、無料・格安で遊べるスポットです! 

今回は、横浜エリアにある子供500円以下で1日遊べるスポットを厳選して紹介します。動物園や食のミュージアム、大型屋外施設、科学館など、子供の好奇心や感性を刺激しながら無料・格安で遊べるところばかり。ぜひ参考におでかけしてください。

野毛山動物園【西区】

Normal

横浜市西区老松町にある「野毛山動物園」は、入園無料で楽しめる動物園。ペンギンやレッサーパンダなどのかわいらしい動物から、トラやキリンなどの大型動物まで、約100種類を飼育する充実ぶりで、多くの家族連れでにぎわいます。

Normal

園内の「なかよし広場」では、モルモットやハツカネズミなどの小動物とふれえます。3歳以上が入場する場合、土・日曜、祝日、春休み、GWは整理券が必要なので、当日早めにチェックするのがおすすめです。

Normal

動物以外にも、昔の路面電車が展示されていたり、広々とした広場があったりと、園内にはファミリーにうれしいエリアがいっぱい。季節に合わせたさまざまなイベントも開催されています。

■野毛山動物園
住所:神奈川県横浜市西区老松町63-10
開園時間:9:30〜16:30(最終入園は16:00まで)
休園日:月曜(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月1日
※5・10月は無休。その他臨時開園の場合あり

「横浜市立野毛山動物園」の詳細を見る

オービィ横浜【西区】

Normal

横浜市西区みなとみらいにある商業施設「MARK IS みなとみらい」5階にある「オービィ横浜」は、ハイレベルなデジタル映像とリアルな動物を調和させることで、大自然の世界を全身で体感できる屋内エンタテインメント施設です。未就学児は無料、小学生は300円、中・高校生は500円、大人は800円で入館できます

Normal

館内には、CG合成によって動物に変身できる「アニマルセルフィ—」や、水槽がどこまでも続いて見える「インフィニット アクアリウム」、地球1周約4万kmの旅を仮想飛行体験で楽しむ「アースクルージング」など、エキシビジョンが盛りだくさん。

Normal

そのほか、小動物とふれあえる「アニマルスタジオ」(500円)や、迫力の4D映像が見られるミニシアター「マウンテンゴリラ」(300円)、昆虫気分で遊べるキッズスペース「メガバグズ」(300円)なども人気です。

「オービィ横浜」料金やおすすめ体験網羅!

■オービィ横浜
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらい 5階
営業時間:月〜木曜9:00〜21:00(最終入館は20:00まで)、金〜日曜、祝日、祝前日9:00〜22:00(最終入館は21:00まで)
※エキシビジョンやショップによって異なる
定休日:不定休(MARK IS みなとみらいの休館日に準ずる)

「オービィ横浜」の詳細を見る

カップヌードルミュージアム 横浜(安藤百福発明記念館 横浜)【中区】

Normal

横浜市中区新港にある「カップヌードルミュージアム 横浜」(安藤百福発明記念館 横浜)は、高校生以下なら無料、大人は1人500円で入場でき、さまざまな展示や体験を通して、発明・発見の楽しさや食の大切さが学べるスポットです

館内には、パッケージによるインスタントラーメンの歴史など、楽しい展示がたくさん。別途有料になりますが、体験型のアトラクションも親子に大人気で、小さな子供でも参加できる「マイカップヌードルファクトリー」(1食300円)では、自分でデザインしたカップに好みのスープと具材を選んで入れることができます。

味の組み合わせは実に5,460通り! 世界に1つだけのオリジナル「カップヌードル」を作ることができますよ。体験するには「整理券」または「利用券つき入館券」が必要です。

Normal

「チキンラーメンファクトリー」(小学生300円、中学生以上500円/小学生以上対象)では、小麦粉をこねるところから「チキンラーメン」を手作りすることができます。事前の予約が必要です。

Normal

アスレチック施設「カップヌードルパーク」(30分300円/身長90cm以上の3歳〜小学生対象)では、麺になった気分で製麺から出荷されるまでの工程を体験できます。

■カップヌードルミュージアム 横浜(安藤百福発明記念館 横浜)
住所:神奈川県横浜市中区新港2-3-4
開館時間:10:00〜18:00 (最終入館は17:00まで)
休館日:火曜 (祝日の場合は翌日)、年末年始

「カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)」の詳細を見る

よこはま動物園ズーラシア【旭区】

Normal

横浜市旭区上白根町にある「よこはま動物園ズーラシア」は、日本最大級の動物園。広大な敷地内には、世界の気候帯別に8つのゾーンが設けられていて、約100種750点の動物が展示されています。

入園料は、未就学児無料、小・中学生200円、高校生300円、大人800円です

Normal

「アジアの熱帯林」にはインドゾウやスマトラトラ、「亜熱帯の森」にはホッキョクグマ、「オセアニアの草原」にはアカカンガルー、「アフリカのサバンナ」にはキリンやチーターといった具合に、その地域の動物を見せる展示は迫力満点。ふれあい体験ができる「わんぱくの森」もおすすめエリアです。

Normal

園内には、大型遊具エリアも3カ所あり、1日中楽しく遊べます。毎週土曜は、学生証などを提示すれば高校生以下が無料になるのもうれしいポイントです!

■よこはま動物園ズーラシア
住所:神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1
開園時間:9:30〜16:30(最終入園は16:00まで)
休園日:火曜(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月1日
※臨時開園の場合あり

「よこはま動物園ズーラシア」の詳細を見る

はまぎん こども宇宙科学館【磯子区】

Normal

横浜市磯子区洋光台にある「はまぎん こども宇宙科学館」は、館全体を巨大な宇宙船に見立てた体験型科学館。入館料は、未就学児無料、小・中学生200円、大人400円です。「よこはま動物園ズーラシア」同様に、毎週土曜は高校生以下の入館料が無料になります。

Normal

B2〜5階の各フロアは、宇宙の広がりをさぐる「宇宙船長室」をはじめ、カミナリやオーロラの不思議にふれられる「宇宙発見室」、アトラクションの「月面ジャンプ」や「空間移動ユニット」が人気の「宇宙トレーニング室」、遊具で遊べる「あそびの広場/特別展示室」など、異なるテーマがあります。さまざまな体験を通して、楽しく宇宙や科学に親しめますよ。

Normal

館内には、直径23mのドームに迫力の映像が映し出されるプラネタリウム「宇宙劇場」も。小さな子供から楽しめるプログラムが季節ごとに用意されているので、何度行っても楽しめます。「宇宙劇場」の利用には、料金が別途必要です(座席を使用する4歳以上300円、大人600円)。

■はまぎん こども宇宙科学館
住所:神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1
開館時間:9:30〜17:00(最終入館は16:00まで)
休館日:第1・3火曜、年末年始
※その他臨時休館の場合あり

「はまぎん こども宇宙科学館」の詳細を見る

金沢自然公園・金沢動物園【金沢区】

Normal

横浜市金沢区釜利谷東にある「金沢自然公園」は、植物区エリアと動物園エリアに分かれている入園無料の広大な公園。植物区エリアの「こども広場」には、100mにおよぶロングローラーすべり台などの遊具が充実しています。

Normal

動物園エリア「金沢動物園」には、希少な大型草食動物を中心とした約30種類200点の動物が生息地域別に展示されています。入園料は、未就学児無料、小・中学生200円、高校生300円、一般500円です。毎週土曜は、学生証などを提示すれば高校生以下が無料になります。

Normal

園内では、コアラやオオカンガルー、インドゾウなどのほか、ヒガシクロサイやアラビアオリックスも見られます。「ほのぼの広場」では、ヤギやヒツジとふれあうこともでき、例年夏季にはカブトムシの企画展も。子供に大人気のスポットです。

■金沢自然公園・金沢動物園
住所:神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1
開園時間:公園(植物区)9:00〜17:00、動物園9:30〜16:30(最終入園は16:00まで)
休園日:公園(植物区)は無休。動物園は月曜(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月1日
※動物園は5・10月に限り無休。その他臨時開園の場合あり

「金沢自然公園」の詳細を見る「横浜市立金沢動物園」の詳細を見る

こどもの国【青葉区】

Normal

横浜市青葉区奈良町にある「こどもの国」。東京ドーム21個分の敷地内には、子供が大好きな遊具や乗り物がぎっしり詰まっています。入園料は、2歳以下無料、3歳以上100円、小・中学生200円、高校生以上600円で、エリアによっては料金が別途必要です

Normal

小さな子供がいるファミリーにおすすめなのは、ユニークな大型遊具が並ぶ広場「タイムトラベル」。年齢ごとにエリアが分かれていて、3〜6歳の幼児専用スペースもあるので、安心して遊べます。3〜12歳が遊べるふわふわドームや、6〜12歳対象のローラーすべり台も人気です。

Normal

そのほか、「自転車のりば」(3歳以上100円、高校生以上200円)や「ミニSL太陽号」(300円)、「ボートのりば」(ローボート500円、サイクルボート700円)など乗り物も充実。広い園内では、バーベキューも楽しめます(3歳以上110円、小・中学生550円、大人1.100円)。

季節折々の美しい自然に囲まれながら、思い切り体を動かして遊べるスポットです。

■こどもの国
住所:神奈川県横浜市青葉区奈良町700
開園時間:9:30〜16:30(最終入園は15:30まで)
※7・8月は17:00まで開園(最終入園は16:00まで)
休園日:水曜(祝日の場合は開園)、12月31日〜1月1日

「こどもの国」の詳細を見る

神奈川県立地球市民かながわプラザ あーすぷらざ【栄区】

Normal

横浜市栄区小菅ケ谷にある「神奈川県立地球市民かながわプラザ あーすぷらざ」は、国際理解や多文化共生、平和をテーマにした総合施設。自分たちが暮らすこの世界に、どのような文化や暮らしがあるのかを楽しく学べます。

遊べるエリアがある5階の常設展示室のみ観覧料が必要で、未就学児無料、小・中学生100円、学生200円、大人400円です

Normal

常設展示室にある「こどもの国際理解展示室」には、世界の国々の生活道具や衣装、楽器などが展示されていて、人々の暮らしについて知ることができます。隣の「国際平和展示室」は、平和な未来を考えるための部屋。戦争や紛争、難民問題などに関する資料が展示されています。

Normal

「こどもファンタジー展示室」には、子供の感性を刺激するアトラクションがいっぱい。大型遊具で思い切り遊べるほか、幼児〜小学校3年生までが対象のふわふわ遊具もそろい、たくさん遊べますよ。館内では、子供向けのイベントや、映画会も開催されています。

■神奈川県立地球市民かながわプラザ あーすぷらざ
住所:神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1
開館時間:常設展示室9:00〜17:00
休館日:月曜(祝日の場合は開館)、12月29日〜1月3日
※その他臨時閉室の場合あり

「あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)」の詳細を見る

横浜市内のバラエティに富んだ無料・格安スポットを紹介しました。1日たっぷり遊べて、お財布にも優しいスポットばかり。ぜひ家族で何度もおでかけしてくださいね。

気軽に行ける! 無料スポット特集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック