子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

【最新】日光周辺の「人気スポット」ランキングTOP10

掲載日: 2020年7月1日更新日: 2020年7月2日

日光東照宮などの歴史的建造物で知られる栃木県の日光市周辺は、美しい自然に恵まれた一大観光エリア。都内からアクセスしやすく、親子でのびのびと遊べるスポットも豊富です。
そこで今回は、「いこーよ」の81,000件以上の施設の中から、日光周辺の人気スポットTOP10をランキング形式で一挙に紹介します。
(※ランキング集計:2018年12月1日〜2019年11月30日、いこーよ調べ)

※急遽休業になったり、料金体系や営業時間、利用エリアなどを変更・制限する場合があります。必ず公式サイトを確認してからおでかけしましょう。また利用の際は感染の拡大に注意してください

1位 日光霧降 VIVA!ハワイアン【日光市】

Normal

「大江戸温泉物語 日光霧降」内に、夏季限定でオープンする大型屋内温水プールです。キッズプールや流れるプール、噴水プール、泡のプールなど、バリエーション豊富で、1日中存分に楽しめます! また、2歳未満向けのベビープールもあり、ビート板や浮き輪などのレンタル品も充実しているので、小さな子供のプールデビューにもぴったりです。

Normal

水の上で歩いたり転がったりできる「アクアチューブ」(3分300円)や、全長10mの「ビッグエアスライダー」(身長120cm以上、1回500円)といった、アトラクションも大人気。キッズプールには、小さな子供が挑戦できる「ミニスライダー」もあります。

ジャグジーやサウナ、マッサージバスがそろう「バーデゾーン」は、リフレッシュしたいママパパにおすすめ。週末を中心に開催されるフラやポリネシアンダンスショーなども楽しめます。

「日光霧降 VIVA!ハワイアン」の口コミはこちら>

■日光霧降 VIVA!ハワイアン
住所:栃木県日光市所野1535-1
料金:高校生以上1,200円、中学生900円、小学生650円、4歳以上450円、3歳以下無料
営業時間:10:00〜17:00(最終入場16:00)
定休日:期間中無休

「日光霧降 VIVA!ハワイアン」の詳細を見る

2位 名水の郷 日光おかき工房【日光市】

Normal


「名水の郷 日光おかき工房」は、おかきの製造工程の見学や、自分だけの手焼きせんべい作りが楽しめる施設。1日平均1,000人以上が訪れる人気スポットです。

Normal

手焼きせんべい体験コーナーでは、手軽に手焼きが体験できるコース(3枚1,000円)と、大きな煎餅に筆で絵付けするコース(1枚500円)があります。受付は毎日9時から16時までで、予約は不要。網の上でじっくりと焼きあげたおせんべいは、格別のおいしさですよ!

そのほか、2階にある工場見学コーナーでは、おかき作りの最終工程の一部が見られます。リニアモーターのコンベアでおかきが続々と運ばれていく様子は、一見の価値ありです。

「名水の郷 日光おかき工房」の口コミはこちら>

■名水の郷 日光おかき工房
住所:栃木県日光市芹沼1989-1 丸彦製菓株式会社 日光工場内
入場料:無料
営業時間:9:00〜17:30
定休日:1月1日

「名水の郷 日光おかき工房」の詳細を見る

3位 日光ストロベリーパーク【日光市】

Normal

「日光ストロベリーパーク」は、例年12月上旬〜5月下旬の長期間、いちご狩りが楽しめるスポットです。栃木県名産の「とちおとめ」や話題の新品種「スカイベリー」のほか、「紅ほっぺ」「やよいひめ」など、4品種が30分食べ放題で味わえます。

Normal

有機肥料での栽培にこだわったいちごは、甘味のなかにほどよく酸味がきいておいしいと評判です。土耕栽培と高設栽培があり、どちらのハウスになるかは当日のお楽しみ。ベビーカーを利用する際は、予約時に相談しておくと高設栽培ハウスに優先的に案内してもらえますよ。

最寄り駅の東武日光線「下今市駅」からは車で約7分。JR「日光駅」や東武鬼怒川線「鬼怒川温泉駅」からも車で15分ほどなので、日光や鬼怒川観光と合わせて楽しむのもおすすめです。

「日光ストロベリーパーク」の口コミはこちら>

■日光ストロベリーパーク
住所:栃木県日光市芹沼3581
料金:小学生以上1,600円〜、3歳以上1,100円〜、3歳未満無料
※料金は期間によって変動
営業時間:10:00〜16:00(最終受付15:30)
定休日:火曜(祝日の場合は営業)

「日光ストロベリーパーク」の詳細を見る

4位 大笹牧場【日光市】

Normal

「大笹牧場」は、標高約1,300mの高原に広がるリゾート牧場。「ブラウンスイス牛」の牛乳から作られた新鮮な乳製品や、ジンギスカンなどの牧場グルメが味わえます。また、バター作り(350円)やアイスクリーム作り(600円)ができる「食の体験工房」も、春から秋にかけての土日祝日に楽しめますよ。

動物とふれあえるコーナーもあり、ポニーやウサギ、ヒツジへのエサやり体験は、親子に特に人気です。また、手ぶらで楽しめる乗馬体験も好評。6歳以上ならサラブレッド、3歳〜8歳の子供はポニーの引き馬が体験できます(いずれも1,000円)。

13種のアスレチック遊具で遊べるわんぱく広場もおすすめ。4月下旬〜10月下旬は天然芝のソリ滑り(30分500円)などもあり、思いっきり体を動かせますよ。

「大笹牧場」の口コミはこちら>

■大笹牧場
住所:栃木県日光市瀬尾字大笹原3405
入場料:無料
営業時間:4〜11月8:45〜16:45/12〜3月9:30〜16:00
定休日:1月4日から2月までの水木曜

「大笹牧場」の詳細を見る

5位 日光だいや川公園【日光市】

Normal

「日光だいや川公園」は、広大な敷地にオートキャンプ場やフィールドアスレチックなど、さまざまな施設を併設したレジャースポット。東武鉄道日光線「上今市駅」から徒歩約20分の場所にあります。JR「日光駅」や日光宇都宮道路「日光IC」からも、車で約10分とアクセス良好で、日光観光の拠点としても便利です。

Normal

アスレチックは、この地域に生息する虫や動物をイメージして作られたユニークなポイントが全23種類あります。ノウサギやアナグマ、アオダイショウなど、名前をチェックしながら回るとより楽しめますよ!

「ニュースポーツ広場」のディスクゴルフやグランドゴルフも、親子におすすめです。

「日光だいや川公園」の口コミはこちら>

■日光だいや川公園
住所:栃木県日光市瀬川844
入園料:無料
※一部施設に別途使用料あり
開園時間:【公園】4〜9月8:30〜18:30/10〜3月8:30〜17:30 【アスレチック・ニュースポーツ施設】4〜9月9:00〜16:45/10〜3月9:00〜16:30
休園日:無休
※施設により、12月29日〜1月1日・火曜定休(祝日の場合は翌日)

「日光だいや川公園」の詳細を見る

6位 日光霧降 大江戸温泉物語【日光市】

Normal

「日光霧降 大江戸温泉物語」は、標高1,000mの高台にある温泉リゾート施設。日光国立公園のなかにあり、すべての部屋から見渡せる美しい眺望が自慢です。建物は世界的建築家ロバート・ヴェンチューリによるもので、美しい自然との調和が魅力の1つとなっています。

Normal

美肌の湯といわれる、炭酸水素塩酸の天然温泉も人気です。朝焼けや満天の星空の下で寛げる展望露天風呂と、大きなガラス張りの大浴場があり、どちらも見晴らし抜群! 日帰り入浴も楽しめます。館内で着用する浴衣はデザイン豊富で、好きなものを選ぶのも楽しいひととき。幼児サイズからそろっています。敷地内では、親子でバスケやバレー、テニスなどのスポーツも楽しめます。

「日光霧降 大江戸温泉物語」の口コミはこちら>

■日光霧降 大江戸温泉物語
住所:栃木県日光市所野1535-1
料金:
【日帰り入浴】大人700円〜、小学生300円〜、未就学児無料
【宿泊】プランによる
営業時間:
【日帰り入浴】6:00〜11:00(最終入場10:00)、13:30〜18:00(最終入場17:00)
【宿泊】チェックイン15:00、チェックアウト11:00
定休日:無休

「日光霧降 大江戸温泉物語」の詳細を見る

7位 日光湯元温泉スキー場【日光市】

Normal

なだらかな斜面の初級者コースが充実した、ファミリー向けのスキー場です。「東武日光駅」から東武路線バスで約90分の距離にあり、周辺の湯元温泉と合わせて楽しめます。

Normal

ソリや雪遊びが安心して楽しめる「チャイルド広場」は、ゲレンデデビューにぴったりです。ほとんど傾斜がないので、スキー板を履いて歩く練習から始められますよ。4歳以上から受けられるスキースクールもあります。

小学生の子供連れなら、大人1人3,600円で子供2人まで無料の1日リフト券が断然お得です。未就学児は無料なのも人気のポイントです。

「日光湯元温泉スキー場」の口コミはこちら>

■日光湯元温泉スキー場
住所:栃木県日光市湯元
料金:【リフト券】1回券300円、4回券1,100円、ファミリーセット1日券3,600円(大人1人+子供2人まで)
※未就学児無料
開園時間:月〜土曜9:00〜16:00、日祝日8:30〜16:00
定休日:期間中無休(2020年は3月15日で終了)

「日光湯元温泉スキー場」の詳細を見る

8位 日光霧降高原チロリン村【日光市】

Normal

霧降高原の中腹にあるレジャースポットです。日光の大自然のなか、アーチェリーやエアーライフル、パターゴルフなどのアクティビティが親子で楽しめます。

敷地内の「カフェ アウル」では、日光の名水で作られる「4代目徳次郎」の天然氷を使ったかき氷が食べられます。「とちおとめ」など、栃木県産の果物をたっぷり使用したフワフワのかき氷は、夏になると行列ができるほどの人気です。敷地内には、1968年まで東武日光軌道線で使われていた路面電車の実物展示もあります。

「日光霧降高原チロリン村」の口コミはこちら>

■日光霧降高原チロリン村
住所:栃木県日光市所野1535-4
入園料:無料
開園時間:9:00〜16:00
定休日:火曜
※営業期間は毎年異なる

「日光霧降高原チロリン村」の詳細を見る

9位 美濃が原森林公園【日光市】

Normal

「東武日光駅」から車で約10分の「美濃が原森林公園」は、100万平方メートルの広大な敷地を持つ公園。動物とのふれあいや釣り、神社や滝をめぐるハイキング、BBQなど、日光の自然を満喫できる多彩なレクリエーションが楽しめます。

動物ふれあい広場では、かわいいウサギやハリネズミ、ミニブタとのふれあい体験ができます。乗馬も1人乗り1,000円、親子2人乗り1,500円で楽しめますよ。

Normal

釣り堀では、清流で育ったイワナやニジマス、ヤマメが釣れます。自分で釣った魚を、その場で炭火焼きにして食べるのは格別のおいしさ!(釣り代700円+別途、釣果料)。子供にとって貴重な体験になるはずです。

園内にはハイキングコースが整備され、スタンプラリー(200円)に参加すると、ソフトドリンクかソフトクリームがもらえるので、親子で挑戦してみましょう。

「美濃が原森林公園」の口コミはこちら>

■美濃が原森林公園
住所:栃木県日光市所野1537-16
入園料:小学生以上500円、未就学児無料
営業時間:9:00〜17:00
※アクティビティごとに異なる
定休日:4月末〜11月初旬は無休、11月初旬〜12月初旬は平日休園
※予定はその年ごとに変更

「美濃が原森林公園」の詳細を見る

10位 日光運動公園【日光市】

Normal

大谷川の河川敷に広がる「日光運動公園」は、ナイター設備のあるテニスコートや野球場、ゴルフのショートコースなどを備えた市民の憩いの場。「東武日光駅」から車で約10分の場所にあります。

子供たちには、ドラゴンをモチーフにした「ちびっこ広場」が人気です。竜の胴体を潜り抜けるネットトンネルや、卵のスプリング遊具、竜の骨のトンネルといったユニークな遊具がそろい、たくさん体を動かして遊べます。

また、秋の一大イベント「日光けっこうフェスティバル」のメイン会場でもあり、当日は「日光下駄飛ばし選手権大会」や「関東一芋煮会」、大谷川河畔での花火大会などが行われます。

周辺には、キャンプ場併設の「日光だいや川公園」があるので、合わせて楽しむのもおすすめ。日光東照宮からも車で約7分ほどです。

「日光運動公園」の口コミはこちら>

■日光運動公園
住所:日光市所野2832-2
入園料:無料(一部スポーツ施設は有料)
定休日:年末年始、ゴルフ場のみ月曜(祝日は営業)

「日光運動公園」の詳細を見る

山や滝、美しい清流など、変化に富んだ自然が満喫できる日光エリア。ランキングを参考に、楽しいおでかけプランを練ってくださいね!

11位以降のランキングはこちら!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

あなたにオススメの記事