子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

キッザニア東京・甲子園が営業再開 時間短縮&コロナ対策を徹底

掲載日: 2020年6月3日更新日: 2020年6月5日

臨時休館していた子供向けの職業・社会体験施設「キッザニア東京」と「キッザニア甲子園」は、2020年6月1日(月)から営業を再開しました。

※新型コロナウイルスの影響で、急遽営業中止になる可能性があります。必ず公式サイトなどで最新情報を確認してからおでかけしてください。また、利用する際は感染の拡大に注意してください
※掲載写真は営業再開に伴う主な取り組み例のイメージです。従業員を子供と保護者に見立てて撮影(2020年5月末)

第1部のみに営業時間を短縮

Normal
グループ毎の入場時、待機列は1.5mの間隔を確保(イメージ)

キッザニアは、これまで第1部(9:00〜15:00)と第2部(16:00〜21:00)に分かれた完全入れ替え制でしたが、第1部のみの営業に変更。入場時には「キッザニア入場に際する確認書」への同意が必要になります。

定員制限や検温、マスクの義務化などの対策を実施

Normal
パビリオンの各回の定員を制限し、密接を防止(イメージ)

営業再開に際しては、「3つの密(密閉、密集、密接)」を回避する対策を幅広く実施。新型コロナウイルス感染の濃厚接触の定義となる「1メートル以内15分以上の接触」 を発生させないよう運営体制を見直すなど、保健行政機関や第三者からの指摘をもとにさまざまな施策に取り組むとしています。

具体的な取り組みを紹介

Normal
サーモグラフィでの検温で、37.5度以上は入場を制限(イメージ)

【3つの密(密閉、密集、密接)の回避】
・館内の入場数の制限(定員を従来の1〜3割程度)
・各パビリオン1回あたりの定員制限
・入場時、およびパビリオンの待機列のスペース確保(ソーシャルディスタンス)
・共用エリアに大型空気清浄機設置
・外気を取り入れた定期的な換気
・パビリオンのドア開放
・対面接客箇所での飛沫防止カーテン設置

【衛生管理】
・感染発生時の連絡を目的とした、来場者(代表者)の連絡先の取得※同意しない場合は入場不可
・来場者のマスク着用の義務化(3歳未満は任意)
・サーモグラフィと体温計による、入場前の来場者の体温検知および体温測定
・靴底抗菌マットの設置
・入場時および体験開始時に手指の消毒※
・子供用ユニフォームの着用ごとの消毒(着用有無は選択制)※
・共用部分の消毒・清掃
※は臨時休業前より実施

【従業員の健康管理】
・従業員の検温の徹底(37.0度以上のスタッフの勤務停止)※
・従業員のマスクの着用
※は臨時休業前より実施

なお、キッザニアの企画・運営を行うKCJ GROUPは、2020年5月29日時点でKCJ GROUPの事業所や運営施設において、新型コロナウイルスの感染者は発生していないとしています。

楽しみながら社会勉強ができる人気施設だけに、営業再開はうれしいですね! 来場者もしっかり感染対策をしておでかけしましょう。

タグ一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

あなたにオススメの記事