子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

琵琶湖博物館がリニューアルオープン 半骨半身ゾウ標本は世界初

掲載日: 2020年9月25日更新日: 2020年10月1日

滋賀県草津市にある「琵琶湖博物館」は、全3期・6年にわたるリニューアル工事を完了し、2020年10月10日(土)にグランドオープンします! 4つある屋内展示室のうち2つが新しくなり、迫力の新展示が登場します!

※新型コロナウイルスの影響で、営業中止や内容が変更される可能性があります。必ず公式サイトなどで最新情報を確認してからおでかけしてください

古代湖・琵琶湖の神秘がいっぱい!

琵琶湖博物館は、「湖と人間」をテーマに、400万年の歴史を持つ古代湖・琵琶湖について楽しく学べる「湖の博物館」です。湖をメインにした博物館としては日本最大級の規模を誇り、全国でも珍しい淡水専門の水族展示をもつ博物館でもあります。

世界初の新展示がお目見え!

2020年の第3期リニューアルでは、メインのA展示室とB展示室の内容を一新しました。世界初となる半骨半身の標本「ツダンスキーゾウ」が展示されるA展示室は「湖の400万年と私たち〜変わり続ける琵琶湖〜」がテーマ。多数の化石や地層の標本、復元ジオラマなどをとおして、琵琶湖の自然や生き物の変化を紹介しています。

「湖の2万年と私たち〜自然と暮らしの歴史〜」をテーマにしたB展示室では、自然のシンボルである「龍」をナビゲーターに、琵琶湖を中心とした自然と人間の関わり合いについて紹介しています。AR(拡張現実)技術を用いた丸子船の体験展示も!

水族展示や親子向けの体験展示も注目!

過去のリニューアルで登場した展示も見どころがいっぱい! 2016年の第1期のリニューアルでは、水族展示「古代湖の世界」が新設され、バイカルアザラシ(写真)が登場しました。世界有数の古代湖であるロシアのバイカル湖にしか生息していない珍しい動物で、関西ではここでしか見ることのできない貴重な展示です。

2018年の第2期リニューアルでは、五感を使って学びや発見を楽しむ体験空間「ディスカバリールーム」が登場しました。

小さな子供でも楽しめる体験型の展示がそろっていて、本物の化石にさわれるほか、ザリガニになりきって楽しめるコーナーもあります。

大人の知的好奇心を刺激してくれる「おとなのディスカバリー」もあります。さまざまな標本や資料が見られるほか、顕微鏡で観察したりスケッチしたりして楽しめますよ。

博物館から琵琶湖に向かう全長約150m、高さ約10mの空中遊歩道「樹冠トレイル」も誕生しました。琵琶湖の雄大な風景や自然を全身で感じることができますよ。

新展示でさらにパワーアップした琵琶湖博物館。日本一古くて大きな湖・琵琶湖の神秘を探りに、ぜひ親子で足を運んでみてください。

■琵琶湖博物館 リニューアル
グランドオープン日:2020年10月10日(土)
住所:滋賀県草津市下物町1091
観覧料金(2020年10月10日 改定)
大人800円、高校生・大学生450円、小・中学生 無料

「滋賀県立琵琶湖博物館」の詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

あなたにオススメの記事