子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

キッズ大興奮の大型スライダーと温泉満喫の日帰り旅! 東京からクルマで約1時間半

掲載日: 2021年2月1日更新日: 2021年2月1日いこーよ編集部

親子で思いっきりカラダを動かして遊びたいときには、都心からクルマで約1時30分の龍ケ崎市へおでかけしてみましょう桜の名所でもある大型公園のロングスライダーを滑り降りて思いっきり走りまわったり、温浴交流施設を満喫したりして楽しく過ごせます。龍ケ崎市へのアクセスや見どころについて詳しくは以下のリンクからチェック!

龍ケ崎市の魅力を詳しくチェック!

また別ページでは、「セスナの空中散歩とSL見学を満喫するプランIN龍ケ崎」も紹介しています。この2本の記事を読めば、龍ケ崎市で過ごすいつもと一味違う休日の楽しみ方がわかりますよ。

セスナの空中散歩とSL見学を満喫するプラン

大型アスレチック遊具と温泉を満喫! 日帰りおでかけプランIN龍ケ崎市

龍ケ崎市は東京からは常磐道経由で約1時間30分。電車では上野駅から常磐線で約50分。子育て支援策が充実し、自然、公園などといった子育てしやすい環境が整っているため都内への通勤通学する人も多いまちです。

「スライダーと温泉を満喫するおすすめプラン」

  • 8時 自宅を出発
  • 10時30分 たつのこやま(龍ヶ岡公園)
  • 12時30分 ランチ
  • 14時 温浴交流施設

そんな龍ケ崎市で楽しむのは、龍ヶ岡公園のロングスライダーや地元の美味しいパンを買ってのピクニック! 最後は温浴交流施設・湯ったり館の大浴場で疲れをいやしましょう

10時30分/龍ヶ岡公園のロングスライダーに大興奮! 東京スカイツリーまで見渡せる!

最初に目指すのは、ロングスライダーのある龍ヶ岡公園。クルマでは常磐自動車道から東関東自動車道に入り牛久阿見ICを降りて20分ほど。無料駐車場も整備されています。

電車では常磐線の龍ケ崎市駅から白羽一丁目行きのバスに乗り、さんさん館のバス停で降ります。

龍ヶ岡公園のどこからでも見える、たつのこやまはまちのシンボル。標高41メートル、地上23メートルの人工の山で、晴れた日には頂上から牛久大仏や筑波山、東京スカイツリーまで見渡せます

ロングスライダー・まいりゅうのしっぽは、たつのこやまの山肌にそって設置された超高分子量ポリエチレン製のスライダー。龍ケ崎市を見渡しながら滑り降りる爽快感は病みつきになります!

ちなみに「まいりゅう」とは、龍ケ崎市のマスコットキャラクターの名前です。市の伝統行事「撞舞(つくまい)」の「まい」と「龍ケ崎(りゅうがさき)」の「りゅう」を組み合わせてつくられました。遊具の周囲には龍の形のオブジェも設置されており、一緒に写真をとる家族連れも見られます。

龍ヶ岡公園はクルマに子ども用自転車やスライダーを積んで訪れる家族も多く、ボールやフリスビー遊びもできます。

また、3月の半ばごろからは満開の桜も見どころ。西暦2000年の辰年記念事業として植えられた約500本のソメイヨシノが周辺の道路沿いや隣接する破竹川沿いを彩ります

市の公式ホームページでは毎年見ごろになると龍ヶ岡公園を含めた市内の桜名所の開花状況が確認できます。以下のリンクから見ごろ情報をチェックして出かけましょう。

龍ケ崎市の桜名所の開花状況

【口コミPickUp!】富士山まで見えました! 都心からこの距離でのびのび遊べる場所があるのに驚きました

山の頂上からは筑波山、牛久大仏、富士山が見えました。
息子はこの長い滑り台に何度も挑戦していました。平地には小さい子ども向けの滑り台もあって、お弁当を持ってでかけて正解でした」(みっちょんさんの口コミ)

龍ヶ岡公園へのアクセス

12時30分/地元で人気のこだわりベーカリー「パン アトリエ クレッセント」の絶品デニッシュやカレーパンに舌鼓!

クルマで出かけたのなら地元で人気のパン屋さん・パン アトリエ クレッセントでランチを購入するのもおすすめ。

写真右:はっさくのデニッシュ(280円/税抜)写真中央:ダークチェリーのデニッシュ(280円/税抜)

数あるメニューのなかでも人気なのは黒毛和牛の牛スジがゴロゴロ入ったカレーパン(220円/税抜)や彩の良いフルーツを使ったサクサクで発酵バターが香るデニッシュ

子供には量り売りされている甘いシロップのかかったミニクロワッサン(10g38円/税抜)がおすすめです。

電車で出かけた場合は、龍ヶ岡公園に隣接する、たつのこまち龍ケ崎モールのスーパーカスミでお弁当やお惣菜をテイクアウトしたり、サイゼリヤなどのレストランで食事もとれます。

パン アトリエ クレッセント の人気パンをチェック!

14時/温浴交流施設「湯ったり館」で疲れをいやして帰宅!

思いっきり遊んだ後は温浴交流施設・湯ったり館へ。

お湯は天然石の中で最もイオン化作用の強い薬石「光明石」を通した人工温泉で、大浴場のほかに露天風呂、気泡風呂、水風呂、遠赤外線サウナ、薬湯(イベント風呂)などが楽しめます。

お風呂のあとは、さらに疲れを癒すボディケアや食事処「結城家」で飲食もできます。お土産には、全国菓子大博覧会金賞を受賞した「竜ヶ崎一万石最中」、「本格手作り甘納豆」、大正12年創業老舗醸造の「醤油」、農林水産祭天皇杯受賞農家の「特別栽培米」などを販売する物産品販売コーナーがあるのもうれしいですね。

湯ったり館へのアクセス

龍ケ崎市で日帰りのおでかけを満喫する過ごし方を紹介しました。セスナの空中散歩を楽しむもう1つのプランもぜひチェックしてくださいね!

セスナの空中散歩とSL見学を満喫するプラン

魅力的なおでかけスポットが充実し、子育て世帯に優しいまち「龍ケ崎市」

今回紹介した「龍ケ崎市」は茨城県南部に位置し、県内でも緑豊かなことで知られています。市民一人当たりの公園面積はなんと県南トップ! 龍ヶ岡公園以外にも、とんがり屋根のログハウスのある「龍ケ崎市森林公園」、水鳥に出会える「牛久沼水辺公園」など大小さまざまな公園があります。

龍ケ崎市の人気スポットランキング

充実した 妊娠・出産・子育てサポートがあるので安心︕

平成28年には龍ケ崎市子育て環境情報サイト「子育てたつのこアクション」を開設。子育て情報を発信したり、通勤前に子供を預けることができる送迎ステーションを駅前に設置したり、子育て支援コンシェルジュを置いたりするなどの取り組みをすすめています。

また、充実した子育てサポートプログラムも注目で、18歳まで医療費助成、おたふくかぜ・ロタウイルスの予防接種助成、幼児2人同乗用自転車購入費助成、妊婦健診等への通院にタクシー費用を助成などのうれしいサポートがいっぱい︕
以下のリンクからぜひチェックしてくださいね。

龍ケ崎市の「子育てサービス」を詳しくチェック!

子育て世代が移住すると最大30万円の嬉しい補助も!

龍ケ崎市内でローンを組んで家を購入すると、最大30万円の補助が出ます。子育て環境日本一を目指す龍ケ崎市では、施設整備以外でも子育て世代を全力応援しています。なにかとお金がかかる子育て世代の住宅取得を後押ししようと市が独自に行っている補助金制度です。

基本額は10万円ですが、市外からの転入者にはさらに20万円が上乗せして支給されます。対象など詳しい条件は以下のリンクからチェックしてくださいね。

龍ケ崎市の「子育て世代住宅取得補助」を詳しくチェック!龍ケ崎市の子育てサービスを詳しくチェック!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

ライター紹介

いこーよ編集部

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、親子の成長、夢の育みを応援する親子のためのお出かけ情報サイトです。親子のお出かけを楽しくするスポット、イベントをリアルタイムで発信していきます。

ライターの最新記事