子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

「あしかがフラワーパーク」でバラまつり 貴重な藤と虹色の競演

掲載日: 2021年5月18日更新日: 2021年5月18日
営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

栃木県足利市の「あしかがフラワーパーク」で、2021年5月7日(金)〜5月31日(月)の期間、500種2,500株のバラが園内を埋め尽くす「Rose Garden〜春のバラまつり〜」が開催されます。5月23日(日)までは、先月から開催中の「ふじのはな物語〜大藤まつり2021」も同時開催されていて、見頃のきばな藤と華やかなバラの虹色の競演が楽しめます。

色とりどりの春のバラ(見頃:5月下旬頃まで)

バラの咲く島では、5月中旬から6月にかけて、赤、黄、オレンジ、青、白と2,500株もの色鮮やかなバラが咲き渡り、辺り一面華やかなバラの香りが広がります。

日本では珍しい「きばな藤」が満開

先月から開催中の「ふじのはな物語〜大藤まつり2021」では、うす紅、紫、白、黄色の4色の藤の花が1カ月にわたって順に咲き、「Rose Garden〜春のバラまつり〜」の期間は、ラストを飾る「きばな藤」が見頃を迎えています。

日本の気候では生育が難しいとされるため、園内の「きばな藤のトンネル」は国内唯一のスポット。色とりどりのバラときばな藤が園内を虹色に彩ります。

「シャクナゲ」や「クレマチス」も見頃

シャクナゲ(開花時期:4月中旬〜5月下旬)
クレマチス(開花時期:4月下旬〜6月中旬)

1,500本のシャクナゲ、500株のクレマチスも園内を華やかに彩ります。早咲き種は4月上旬から咲き始め、6月まで中咲き、遅咲きと順に咲きそろいます。

色とりどりのバラと、日本で唯一のきばな藤、さらに、気品あるシャクナゲや、清涼感漂うクレマチスも見頃を迎える5月の「あしかがフラワーパーク」。ぜひ、チェックしてくださいね。

■あしかがフラワーパーク「ふじのはな物語〜大藤まつり2021〜」×「Rose Garden〜春のバラまつり〜」概要
開催期間:
・ふじのはな物語〜大藤まつり2021〜
 2021年4月15日(木)〜5月23日(日)
・Rose Garden〜春のバラまつり〜
 2021年5月7日(金)〜5月31日(月)
期間中の営業時間:
・5月7日(金)〜5月16日(日) 8:00〜20:30(夜の部ライトアップ開催)
・5月17日(月)〜5月31日(月) 9:00〜18:00
※開催期間、営業時間は開花状況により変更となる場合があります
料金:大人900円〜1,900円、子供500円〜900円
※花の咲き具合により料金が変動します
※夜の部の入園券は17:30より販売。入替制ではありません

「あしかがフラワーパーク」の詳細を見る新型コロナウイルス感染拡大防止対策について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • follow us in feedly
  • チェック

あなたにオススメの記事