子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

natto_prizeさんの体験記

Missing parents avatars large

natto_prizeさん

レベルフォローフォロワーいいね
13003
おでかけ日記
2013年11月24日(日)
表示回数:336
natto_prizeさん

小金井・江戸東京たてもの園

家族で江戸東京たてもの園に行ってきました。
今回の目的は、紅葉のライトアップイベントですが、暗くなる前に入園し、昔なつかしの建物を巡り、園を存分に満喫してきました。
高橋是清の邸宅だったり、千と千尋の神隠しのような銭湯や商家があったり、見どころ満載です。
一見、大人向けの施設のような気がしますが、園内でベーゴマやメンコのような昔の遊びを子供たちに教えてくれたり、ドラえもんに出てくる空き地の土管があったり、子供にもお勧めのスポットです。

体験テーマおでかけ日記
おでかけ体験日2013年11月24日(日)
行ったスポット江戸東京たてもの園
エリア東京都>小平・西東京・小金井・東村山・東久留米
目的・滞在時間半日のお出かけ

移築された農家の建物内で、囲炉裏を囲んでボランティアのおじいさんが来園者にお茶を出してくださいました。訪れた時期が11月と寒い時期だったため、あったかいお茶が本当においしく感じらました。お茶とともに昔話も。
同じ建物の縁側では、おばさんたちが、風車の作り方を教えてくださってました。

園内には子供の大好きな電車もあります。中に入ることもでき、運転席でなりきり運転手も楽しめます。普段、電車の中では静かに、ですが、ここではある程度自由。手すりを掴んだり、座席に立って外の景色を眺めたり(もちろん靴は脱ぎます)。
場所は違いますが、電車以外にもバスなどもありました。

たてもの園内にある空き地の土管。
何でもないものでも、子供にとってはおもしろい遊具となります。よじ登っては、ジャンプ。またよじ登ってはジャンプ。それが飽きたら、今度は土管内をグルグル。
大人から見れば何が楽しいのか分からないけど、ケタケタ笑う声を聞いていれば、なんだか一緒に楽しくなってきます。ふしぎ~。

訪れた日はライトアップ期間中だったため、園内の広場では屋台が出てました。普段も1つ2つはありますが、この日は豚汁やフランクフルトなどの屋台がたくさんありました。紅葉と昔の建物が温かい光に照らされて、なんだかロマンチック。この時間は、大人のための時間。子供だけでなく大人も楽しめる施設でした。

タグ一覧

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック