子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

李徴さんの体験記

李徴さん

そら。(中学生以上)

ぴか。(12歳)

レベルフォローフォロワー参考になった
1722187
おすすめコース
表示回数:1,334
李徴さん

コスモス満開、昭和記念公園を散歩

昭和記念公園。東京ドームの約40倍という広さを誇る国営公園です。
秋はコスモスがたくさん咲きとても美しいとか。
遊具もたくさんあり、たくさん遊べるなど、噂はよく聞きました。
住んでいるところから、昭和記念公園のある西立川駅までは、
電車を乗り換えること2回、約1時間の道のり。
遠いところでもないし、秋のおでかけに行ってみることにしました。
行きは西立川で降り、昭和記念公園でたくさん遊び、
帰りは立川駅のエキュートでお買い物してから帰るプランに決定。
さあ、お弁当をもって、水筒もって、お出かけです。

西立川口から入園し、すぐ見えるのは水鳥の池。
手で漕ぐローボートやペダルで漕ぐサイクルボートでボート遊びを楽しめます。
乗ろうとぴかを誘うと…「沈むの怖いからいやだ」。
慎重なぴからしい言葉で拒否されました。

うんどう広場の横には見事な銀杏並木。紅葉していない、緑の銀杏も美しいです。
地面にはたくさんの銀杏が落ちていて、踏まれ、なんとも言えない香りが漂っています。
「臭い臭い」さわぐ子どもたちにお父さんがにっこり笑って一言。
「これで銀杏がどんな感じで臭いのかわかって良かったね」
とらえ方は一つではないと教えるお父さん、今日のあなたは素敵です(今日限定)。

広い園内を移動する手段として「レンタサイクル」と「パークトレイン」があります。
パークトレインが進む道の主要な箇所は警備員が立ち、周囲のお客さんに声掛けをしたり誘導する姿が見られます。
パークトレインを見たそらの一言「彩ポッポ」
それはこども動物自然公園のパークトレインです。

子どもがたくさん遊べる、ほかの公園とは違った遊び方が出来るといわれる「こどもの森」に突入です。
まず目を引くのは「虹のハンモック」。飛んだり跳ねたり寝転んだり。日本一の大きさを誇るハンモックに大はしゃぎです。
3つ年上のそらが跳ねると、ぴかはねっとからぽーんっと飛びます。それがお互い楽しいようで何度も繰り返していました。
この遊具は「小学生以下」と表記が…大人もちょっとやってみたかったです。

「霧の森」。突然、真っ白な霧がたちこめ、森がミステリアスかつメルヘンな世界に早変わりです。残念ながら王子さま白馬コンビや、白雪姫と7人の小人セットなどは現れませんでした。

「雲の海」雲の上にいるように、ふわふわはずむ白いドーム。日本最大級のトランポリンです。
年齢でエリアが区分けされています。なので小さいお子さんはより安全に、小学生はより自由に、中学生はよりダイナミックに楽しめます。
この遊具は「中学生以下」と表記が…大人も弾んでみたかったです。

本日一番のお目当て、視界を埋め尽くす一面のコスモスの丘!
花の丘は400万本のコスモス ドワーフセンセーションが咲き、壮観です。
即カメラを取り出す、父と娘。

お弁当はここで食べました。東京ドーム2つ分もある原っぱというには広大すぎる「みんなの原っぱ」。原っぱの中央にあるシンボルツリーのケヤキは高さ20メートル以上。
ケヤキは埼玉県の木なのですが…なんだか負けた気分になる埼玉県民です。
とても広大なので、ちょっとした遊び道具を持参すれば、一日遊べそうです。

帰りは立川口から出て、JR立川駅に向かいます。
JR立川駅周辺はルミネ、伊勢丹、ビックカメラなど買い物スポット満載。
駅の中にあるエキュートも見逃せません。
甘く美味しいおいものお店「らぽっぽ」やラスクが美味しい「麦工房 バイ シベール」など、お財布の紐がつい緩みます。
たくさん楽しみ、美味しいものを手に入れ、満足な一日でした。

行ったスポット:JR立川駅

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック