子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

きよちゃんママさんの体験記

きよちゃんママさん

たくくん(中学生以上)

そうくん(12歳)

レベルフォローフォロワー参考になった
140023

大阪の小動物に触れて遊べるスポット

大阪で小動物と触れ合えるスポットをご紹介します。
北は池田市~南は岬町と、大阪の南北の端っこ同士ではありますが
どちらも貴重な動物と触れ合えますよ!

我が家は家族全員動物が大好き!子供たちが生まれる前から
犬を飼っていたこともあり、テレビでは動物番組は見逃さないほど。
そんな環境で育ったこともあり、小さな頃から小動物と触れ合える
スポットによく出かけていました!

大阪にも小動物と触れ合えるスポットがあります。
普段なかなか触れない動物に触れ合える貴重な体験を
家族みんなで楽しんで見るのはいかがでしょうか?

えさやりを体験することで、小さな動物に優しくする
おもいやりの気持ちを体験することが出来ます。
親子で一緒にその気持ちを共有することが
お子さんの情操教育へのきっかけになればと思います。

小動物がいっぱいの「どうぶつふれあい広場」

みさき公園では、入園料に+200円相当で「どうぶつふれあい広場」
エリアに入ることが出来ます。モルモット・ウサギ・マーラ・ぶた・
ヤギ・ひつじなどがいます。
こちらでは最近、カピバラもデビューしたそうです!   
100円相当のえさ代で、動物たちにえさをあげることが出来ます!

マーラはおとなしい、ねずみの仲間です

ウサギに似てているのは「マーラ」。でも、ねずみの仲間なんですよ。
2・3歳の小さな子でも、優しく触れれば、じーっとおとなしく    
してくれていましたよ!

りすにえさやりが出来ます!

こちらは大阪狭山市の「市民ふれあいの里」の中にある「りす園」です。
ふれあいの里への入場料は、大人が200円、子供は無料です。
その入場料のみで、りす園への入場は無料ですが、えさやりの
場合は、えさ代100円必要です。(リス用・モルモット用と各別料金)

りす園の中で放し飼いにされています。
その一角にモルモットハウスもあって、こちらにもえさやりを
することが出来ます。

タイワンリスがいっぱい!

出来るだけ、朝の早い時間に行きましょう。
結構人気があるので、午後からいくとリスたちは既にお腹いっぱいで
ぜんぜんえさを食べてくれないときがあります。
りすは10匹以上いるようです。

五月山動物園も小動物がいっぱい!

池田市の五月山動物園は、入場無料のミニ動物園ですが、
ウォンバットやアルパカ、エミューなど、
珍しい動物が飼育されています!
アルパカや羊、小動物には、えさやりが出来ます。

小動物エリアのうさぎちゃん。小動物へのえさやりは無料です。
ひつじとアルパカのえさは、100円で販売されています。

アルパカと羊に、えさやりが出来ます

アルパカはおとなしいのですが、らくだの仲間なので、
気に入らないときは、つばを吐きます(^_^;)

えさをちょうだい!ちょうだい!して可愛いのですが
あげないと怒ってつばをかけますので、ご注意を~

エミューがたくさんいます。

ダチョウの仲間で、ダチョウより少し小さい品種になります。
触ってはいけません、とおりの注意書きに書かれていますが
おとなしそうでした。
目が怖そうですが、とってもひと懐っこい顔をしている鳥です。

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック