子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

きよちゃんママさんの体験記

きよちゃんママさん

たくくん(中学生以上)

そうくん(12歳)

レベルフォローフォロワー参考になった
140023

富田林の歴史ある町並みを楽しむイベント

大阪の南部、富田林市には「寺内町」(じないまち)という
古い町並みがあり、国の重要伝統的建造物郡保存地区に指定されています。
近鉄長野線・富田林西口駅からあるいて5分ほどに位置する小さな町ですが、
江戸時代からの建物も多く残っており、季節ことに様々なイベントが
開催されていて、大人だけでなく、お子さんも一緒に見て楽しめて、
歴史に触れることの出来るエリアになっています。
今回はそこで人気の、春と夏の行事をご紹介したいと思います。

夏の「寺内町灯ろう」では、地域の人たちや子供たちが作成した灯篭が
1000基以上並べられ、真夏のイルミネーションとして、とても幻想的な
散策が楽しめます。また町内の公園では、日中は子供さん向けの
昔遊びなどのワークショップや露店も開催されます。

春は寺内町の横を流れる石川の対岸に、たくさんのこいのぼりが飾られ、
地元だけでなく、近県からも見学に訪れる方が増えてきました。

また、初春3月には「寺内町雛めぐり」が行われ、旧家に代々伝わる
江戸時代のお雛様の見学や、町内の地域の方が作ったお雛様などを
楽しむことが出来ます。また町内の公園では、餅つきなどのイベントも
行われます。

旧家の町家の灯ろう

「寺内町灯ろう」は、毎年8月の最終土曜日の夕方に点灯されます。
観覧無料です。
旧家の並ぶ寺内町では、格子の家にも灯ろうが飾られていて、
とても幻想的です。町内はの路地では、日中、日差しが振り注ぐ石畳に
打ち水がされて、涼しくなります。うちわ片手に散策されてみては?

点灯前の日中、町内の公園では、子供さん向きのいろいろなイベントが
開催されてます。

行ったスポット:寺内町

手作りの灯ろうが1000基以上

大人の方の作品では、切り絵や書、絵手紙風絵画などが、たくさん展示されています。

園児の作品も数多く展示されています

こちらはペットボトルに和紙を巻いた作品。
これなら親子で作れそうですね!

行ったスポット:寺内町

石川のこいのぼり

地元のNPO法人さんが、使われなくなったこいのぼりの寄贈を募り
毎年4月の中旬ごろ~5月のGW明けごろまで
石川河川敷にこいのぼりを飾ります。

寺内町の石川を挟んだ、対岸あたり、川西グランドの北側になります。
展示期間中、若干ですが、グランドを臨時駐車場にしています。
観覧は無料です。

行ったスポット:寺内町

5月の風にそよぐこいのぼりは圧巻!

行ったスポット:寺内町

興正寺別院のお雛様

重要文化財でもある、興正寺にもお雛様が飾られます。
「雛めぐり」は毎年3月初旬の土日に開催されます。
町並みの観覧は無料ですが、旧家のお雛様では一部、有料展示があります。

期間中、着物を着て雛めぐりする、可愛い小さな女の子も見かけます♪
男の子2人の我が家は、「やっぱり女の子は可愛くていいなぁ~」と
毎年思います(笑)

行ったスポット:寺内町

店先や軒先にたくさんのお雛様

男の子でも、あちこち見て回るのは楽しいみたいです!

町内には「交通公園」という隠れスポットがあり、
小さな信号機が設置された公園があるんですよ!
そこで遊ぶのを楽しみにして、見学に来るお子さんも多いのです。

行ったスポット:寺内町

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック