子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

桃缶さんの体験記

桃缶さん

Q太郎くん(8歳)

R次郎くん(7歳)

高齢出産で年子の兄弟を産みました。毎日子供たちに振り回されフルタイムで仕事してヘトヘトの日々ですが、子供たちに色々な体験をさせたくてあちこちお出かけしています。

レベルフォローフォロワー参考になった
4358357
おすすめコース
表示回数:915
桃缶さん

屋島のわら家でうどんを食べて、高松の花火大会を観る一日

古民家の中で営業している地元では有名なうどん屋さんへ、いとこたちと行ってきました。少し並びましたが、中は広々。すぐ横に四国村のティールームやお土産屋さんもあるので、うどんを食べたあとはゆっくりできますよ。屋島には水族館や神社・お寺もありますのでじっくり観光すれば一日居られます。うどんを食べた後は、夜から花火大会に出かけました。

体験テーマおすすめコース
行ったスポット屋島神社、わら家、城東町
エリア香川県>高松・さぬき
対象年齢1~2歳児向け3~6歳児向け小学生低学年向け
目的・滞在時間旅行・観光

屋島神社

讃岐東照宮と言われ、徳川家康を祀っています。
屋島のふもとにあり、登っていくと本殿などがあるようですが、急いでいたので今回は下から拝むだけにしました。かなり広そうで由緒のある神社なので、またの機会にゆっくり回りたいと思います。

行ったスポット:屋島神社

ざいごうどん「わら家」

江戸時代の藁ぶき屋根の民家の中で営業している、老舗のうどん屋さんです。
屋島の中にあり、周りは観光スポットがたくさん。有名店ということで、いつも行列ができています。
写真は、たらいに入って運ばれてくる、熱々の「家族うどん」(約4-5人前の量)。このたらい2つを大人6人子供4人で完食しました。古民家の雰囲気を味わいながら食べる、讃岐うどんもまた格別です。

行ったスポット:わら家

初めて本物の花火を見る

一度家に帰り甚平に着替えてから、高松の花火大会を見物に出かけました(暗すぎて子供が映らず)。地元の人達の穴場スポットのようで、岸壁から花火を見る人達がチラホラ。
ここは花火会場(高松港)から少し離れていたので、花火の音も小さく少し遅れて聞こえましたが、それでも初めて本物の花火を見た子供たちは「こわい」「帰る」と半泣き。
混雑もほどほどでしたので、子供をなだめながら最後まで見て帰りました。

行ったスポット:城東町

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック