子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

桃缶さんの体験記

桃缶さん

Q太郎くん(7歳)

R次郎くん(6歳0ヶ月)

高齢出産で年子の兄弟を産みました。毎日子供たちに振り回されフルタイムで仕事してヘトヘトの日々ですが、子供たちに色々な体験をさせたくてあちこちお出かけしています。

レベルフォローフォロワー参考になった
4257316
おすすめコース
表示回数:461
桃缶さん

幼児2人とママで宮古島へ!絶景と南国の雰囲気に癒されてきました(1)

ママの以前の会社の同僚たちと7月の3連休で宮古島に行くことになりました。悩んだ挙げ句、子連れで参加させてもらいました。
1人で子供2人連れて飛行機で遠出は不安でしたが、子供も6歳・4歳になったのである程度言葉もわかり、分別もついてきたので大丈夫だろうと判断。大変ではありましたが、良い思い出になったと思います。※この写真は雪塩の工場(雪塩ミュージアム)の入口です。

海の中から魚を観察

宮古空港でレンタカーを借りて、いったんホテルにチェックインしてから、海中公園に向かいました。
海の中の部屋から水中の様子を観察できる施設です。
水族館だと魚を取ってきて飼育しているのを見せていますが、こちらの魚は海の中で生きている自然の様子を見ることができます。運がいいとウミガメも見えるそうですよ。
この日は残念ながら波が荒くて水が少し濁っていて魚があまり見えないほうだったようです(それでも熱帯魚はたくさん見えましたよ)が、サメのかぶりものをしてご機嫌なお兄ちゃん。

雪塩の製造工程が見えます

雪塩の工場を見学できると聞いて、見に行ってきました。時間が遅かったので、工場の操業はもう終了間近。もう少し早い時間に行くと、見学ツアーなどもあったようです。
雪塩の袋詰め作業を少しみることができました。
併設のカフェで雪塩入りソフトクリームとパンを食べました。濃厚なミルク味に隠し味で塩味が少しして、おいしかったです。

宮古牛に会ってきました

宮古馬の放牧場があると聞いて、雪塩ミュージアムの近くだったので行ってみました。
今はもう馬はいないそうで、牛(宮古牛)がたくさん。
牛好きな次男は「うしさん!」と喜んでいたので、結果オーライ。柵の外で自由に牧草を食べている牛もいましたよ。

行ったスポット:宮古馬牧場

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック