子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

にこにこママさんの体験記

Large

にこにこママさん

ゆっくん(10歳)

わっくん(8歳)

りつくん(3歳3ヶ月)

3人のわんぱく男の子のママです。

レベルフォローフォロワーいいね
170188
おすすめコース
表示回数:1,545
にこにこママさん

じいじ、ばあばも大喜び!リサーチ&リザーブでテーマパークを満喫!

じいじ、ばあばと一緒に東京ディズニーリゾートへ行ってきました。広島から新幹線で4時間、そこからまた乗り換えて...と遠くから行くんだから、一秒も無駄にせず、楽しんじゃうぞ!
でも、テーマパークで60代、30代、そして子どもたち、それぞれみんな楽しめるかなという心配もあれこれ...。なので、事前にしっかりリサーチ&準備して、作戦立ててがんばりました。
三世代で家族旅行を楽しむコツ、「これは、正解!」、「もっと、こうすればよかった...」ということを教えちゃいます。

体験テーマおすすめコース
行ったスポット新幹線のぞみ、東京駅、オリエンタルホテル 東京ベイ東京ディズニーリゾート、アンバサダーホテル
エリア千葉県>舞浜・浦安・船橋・幕張
対象年齢0歳児向け3~6歳児向け小学生低学年向け
目的・滞在時間旅行・観光

長時間の乗り物移動は、暇をつくらない!

広島から東京まで4時間の新幹線内では、とにかく暇な時間を作らないようにしました。なぜなら、暇な時間を作ると子どもたちが兄弟げんかをしたり、うろうろしたり、お行儀よくしていないから...。お弁当を食べたり、ミニ絵本を読んだり、自動販売機がある号車までおつかいに行ったり、「何に乗りたい~?誰に会いたい~?」とテーマパークの雑誌を見たりして、4時間もあっという間に過ぎました。

行ったスポット:新幹線のぞみ

降車前には、トイレに行くのを忘れずに!

慣れない駅(しかも都会!広い!複雑!)では、トイレに行くだけでも、次の乗換のところまでの移動だけでも、大きな荷物で大変です。なので、駅での移動は最小限に。
トイレは必ず新幹線内ですませましょう。
エレベーターに全員乗れなかったとしても、エスカレーターや階段に移動せず、次のエレベーターを待って同じ道を移動するのがベスト!ここにいれば会えるだろう...って思っていても人も多く、本当に迷子になりそうでした。
事前の旅行会社の人の案内で乗換の電車はばっちりでしたが、乗り場や駅構内の地図までは見ていなかったので、東京駅では、ものすごくドキドキしちゃいました。

◎駅構内の地図も見ておくべし!「東京駅構内図」と検索すると様々なサイトが出てきました。

行ったスポット:東京駅

長時間移動の疲れもふっとんだ!ホテルのお部屋!

へとへとになって、「やっと着いた~!」と部屋に入った瞬間、子どもたちのテンションがいっきにあがりました。二段ベッドのこんなお部屋見たことなかったからです。さっそく、ベッドを行ったり来たり、どこで寝ようかな~とすごく楽しそうでした。
こんなお部屋に泊まれるのも三世代の大所帯ならではの楽しみですね。

プレミアムガイドツアーを満喫!

待つのが嫌いなじいじ、乗り物をたくさん楽しみたい子どもたち、小さな赤ちゃんもいる、ということで、プレミアムガイドツアーを申し込むことにしました。旅行直前にパソコンとにらめっこして、なんとかとれた予約でした。
初めてのことなので、色々案内してもらって、本当に楽しめました!
◎やっぱり、事前予約は大事!

じいじが気に入ったビッグバンドビート

この日、じいじが一番よかったと言っていたのは、「ビッグバンドビート」というステージです。お馴染みの曲だったということに加えて、迫力ある生演奏&ダンスの舞台に、満足そうでした。孫たちと一緒にステージと会場との一体感を味わえたのも喜びの一つかもしれません!

行列に並んでもぐずらなかった!旅のしおり&作戦会議カード

旅のしおりを作ってみました。乗り物の時間帯や号車座席などがばっちり書いてあったので、みんなにわかりやすいと好評でした!
ディズニーリゾートでの作戦をたてたので、(といっても、年齢制限、身長制限を確かめて、子どもたちが乗りたい!と思ったアトラクションをまわれるように考えたもの)紙にまとめてみました。この作戦通りにはいかなかったけど、作戦をたてただけあって、子どもたちの中に、「並ばなきゃ乗れないんだなあ...。」とか、「早起きしなきゃいけない!」ということがインプットされたようで、ぐずぐず言うこともなく、それは◎でした!

乗れないアトラクションはビデオ係を頼んで!

弟君は、ちょっとこわがりだったので、スピードの出るスプラッシュマウンテンが怖くて乗れませんでした。そのときは、じいじとばあばと赤ちゃんと待っていたのですが、その間、弟君にビデオ係を頼みました。ブレブレで決して上手ではないけれど、とっても喜んでやってくれていました。

乗り物酔い対策も忘れずに!

お兄ちゃんは、乗り物に酔いやすいので、車両の先頭などが空いていたら、なるべく前の方に行くようにしました。いつも、「運転手さんのように、乗り物を自分で動かすようにするとよわないよ!」って話しているからです。
もちろん、酔い止めなどの薬も忘れず携帯してましたが、前に座れない乗り物のときに、「ようかなあ?」と本人が心配そうなときは、飴かガムをわたして、「これ食べてると大丈夫!」っておまじないのように言っていました。案外気持ちの問題だったりするんですよね。

写真が苦手なじいじ・ばあばもミッキーとならばっちり!

いつもなら、「写真なんて写らん写らん..撮ってあげる。」とばかり、言っているじいじとばあばですが、シェフミッキーというレストランで、キャラクターが来てくれたらもう、これはテンションあがって一緒に撮るしかありません。ミッキーと一緒に、いい家族写真が撮れました!これも、予約をしておいて本当によかった~と思いました。

行ったスポット:アンバサダーホテル

旅の思い出はすぐに見られるように!

たくさん撮った写真は、記念にフォトブックにしました。二冊頼んで、一冊はじいじとばあばにプレゼント。ビデオもDVDにおとして、すぐに見られるようにしました。
いつでも、「楽しかったね~。また、行こうね~。」って話が盛り上がってます。
ランドのポストに入れておいた子どもたちへ宛てたハガキも後日、自宅へ届き、ディズニーの消印が押されていて、大喜びの子どもたちでした!次にまた行く時の切符のように、大事にとっています。

三世代家族旅行は最高に楽しい!

とっても、楽しい旅になりました。リザーブ(事前予約)&リサーチ(雑誌やネットで調べまくりました)は、やっぱり、しっかりやっててよかったなあと改めて思います。まとまった時間がなくても、隙間時間にちょこちょこスマホで見たりして、旅の準備がまたまた楽しい!ふだんは、お仕事で忙しくしているじいじ、ばあば、パパも終始ニコニコで、絆が深まった気がします。
三世代の家族旅行、本当におすすめです!

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック