子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

うたままさんの体験記

うたままさん

レベルフォローフォロワー参考になった
160035
おすすめコース
表示回数:789
うたままさん

1歳児と行く!秋田で自然満喫コース

秋田旅行中に訪れた「小安峡(大噴湯)」と「川原毛地獄」。「小安峡(大噴湯)」は、エメラルドグリーンの川、渓谷の両側の崖から噴き出す温泉など豊かな自然、「川原毛地獄」は、草1本も生えていない真っ白な世界という正反対の2スポットですが、どちらも自然の凄さ、神秘を感じました。その場所に行かないと見られない景色を娘にも見せることができてよかったです。

小安峡(大噴湯)

栗駒国定公園の一部、小安峡へ行ってきました。小安峡は皆瀬川の上流にある渓谷です。こちらの見どころは「大噴湯」と呼ばれている渓谷の両側の崖から噴き出す温泉です。

小安峡(大噴湯)入り口

渓谷に行くには、長い遊歩道の階段を降りていきます。階段自体は綺麗に整備されていて段差も小さめなので子どもでも大丈夫ですが、渓谷までの距離がわりと長いので娘はパパの抱っこ紐にて降りました。階段の脇には安全のためのロープや柵があるので小学生くらいの子どもなら自分で降りられそうです。入り口には「大噴湯」にどのくらいの人が向かうのかの調査の為のカウンターがあり、娘はまだ小っちゃいですがちゃんと自分で1カウント押してました(笑)

小安峡(大噴湯)への階段

小安峡(大噴湯)へ向かう階段はわりとなだらかです。周りは青々とした緑なのでマイナスイオンたっぷりです。

小安峡(大噴湯)

入り口から階段を下りること約10分ほどで小安峡に到着!まず川の色がエメラルドグリーンなのにびっくり!ものすごく綺麗でした。奥に見える蒸気が「大噴湯」といって温泉が噴き出している場所です。

小安峡(大噴湯)

崖から噴き出した蒸気は遊歩道まで覆っていて、川からのひんやりした空気と温泉の熱い蒸気とが混ざって娘も気持ちよさそうに浴びてました。噴き出ている温泉の温度は98度と高温ですが、遊歩道で浴びる蒸気はそこまで熱くないので大丈夫です。後ろから歩いてきた小学生たちがきゃっきゃいいながらこの蒸気で覆われた遊歩道をいったりきたりして楽しんでいました。

小安峡(大噴湯)

そして渓谷から見上げた橋は絶景!川のエメラルドグリーンと山の緑と橋の赤、そして空の青のコントラストが抜群!写真スポットとして押さえたい場所です。

小安峡(大噴湯)

渓谷から戻ってきた後は駐車場の近くにある売店で休憩!大人はアイス、娘はヨーグルトでエネルギーチャージしました♪

川原毛地獄入り口

車に乗ってお次は、「川原毛地獄」へ。「川原毛地獄」は、恐山・立山に並ぶ日本三大霊地の一つで、硫黄により山肌が灰白色に変わっています。

川原毛地獄

どこまでも灰白色の道が続きます。天気の良い日だったので川原毛地獄全体は綺麗に見えましたが、日差しを遮るものがないのでとにかく暑い!地面は砂利道で炎天下ということもあり娘はパパに抱っこされ日傘で熱中症対策です。この遊歩道をずっと歩いていくと秘湯中の秘湯「川原毛大湯滝」という天然の温泉(野湯)に行くことができます。当初は、「川原毛大湯滝」まで行く予定でしたが、案内板によるとこの道をかなり歩くということ、硫黄臭も強いということで娘連れては難しいと断念!ですが「川原毛地獄」の様子は十分楽しめました!

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック