子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

うたままさんの体験記

うたままさん

レベルフォローフォロワー参考になった
160035
おすすめコース
表示回数:1,167
うたままさん

【金沢】2歳児と行く!冬の金沢観光(長町武家屋敷跡散策)

雪のちらつく金沢!この日は、雪の積もる「長町武家屋敷跡」を散策!土塀は、金沢の風物詩「薦掛け(こもがけ)」がされ、この季節ならではの「長町武家屋敷跡」を見ることができました。散策をした後は、「武家屋敷跡野村家」へ。こちらは、娘が産まれる前に一度訪れたことがあり、その際、立体的に作られた珍しい庭園の様子にとても感動した場所です。雪の季節の様子も見たくて今回再訪しました。娘も屋敷内を一緒に歩いて見学し、資料館では興味津々といった様子で展示物のケースを1つ1つ覗いていました。屋敷内、庭園、資料館の見学をしたあとは、2階にある「不莫庵 (ふばくあん)」という茶室でみんなでお抹茶をいただきました!娘も1口ですが、そこで初めてのお抹茶デビューを果たしました♪

体験テーマおすすめコース
行ったスポット長町武家屋敷跡、武家屋敷跡野村家
エリア石川県>金沢・羽咋
対象年齢1~2歳児向け3~6歳児向け小学生低学年向け
目的・滞在時間半日のお出かけ

金沢の風物詩「薦掛け(こもがけ)」

「長町武家屋敷跡」の土塀には、「薦掛け(こもがけ)」がされていました。「薦掛け(こもがけ)」とは、雪から土塀を守るためにされるものなのでこの景色は、冬ならではの特別な景色になります。道はわりと幅もひろくゆったりだったので、娘を自由に歩かせると、石畳を右に行ったり、左にいったり楽しそうにお散歩してました。今回金沢に行く際に念のため、スーツケースに娘の長靴を入れて行ったのですがこれが大正解。この日は雪がちらつく程度だったものの、前日に沢山降った雪が、地面にところどころに積もっていたので、持って行って良かったアイテムでした。冬に子連れで金沢に行く際には、念のため長靴をしのばせておくと安心です。

武家屋敷跡野村家へ

「長町武家屋敷跡」には立派なお屋敷が並んでいます。その中の1つで、公開されている「武家屋敷跡野村家」(有料)は必見です。こちらでは、風情ある立体的な庭園や、当時の武家の生活が垣間見える屋敷の様子、茶室、展示資料館などを見ることができます。

行ったスポット:武家屋敷跡野村家

立体的な日本庭園

「武家屋敷跡野村家」の庭園は、高低差があり曲水、池、滝、灯篭、石橋、木々などが絶妙に配置されています。お屋敷の庭という限られたスペースに、見事に作りこまれた立体的な日本庭園を、今まで見たことがなかった私は初めて見た時、驚きと共にその美しさに感動しました。そして今回はその庭園に雪が積もっていて、また違った美しさを楽しむことができました。ミシュランで2つ星を獲得しているなど海外でも注目されている庭園のようです。

行ったスポット:武家屋敷跡野村家

鯉を呼ぶ娘(笑)

縁側に座りながら庭園を眺めていると池の奥の方に鯉を発見!娘はパパと一緒に手をたたいて鯉を呼んでいました(笑)その音に誘われるように、紅色の鯉が1匹こちらにやってきてくれました♪美しい庭園の中を、優雅に泳ぐ鯉に心和みました。

行ったスポット:武家屋敷跡野村家

茶室へ続く石段

1階から茶室「不莫庵 (ふばくあん)」へと続く室内の石段です。この石段も、雰囲気があってすごく素敵でした。石段は1段1段が高くないので、娘でも歩いて登ることができました。階段好きの娘は、はりきって登っていました(笑)

行ったスポット:武家屋敷跡野村家

不莫庵 (ふばくあん)

2階の茶室「不莫庵 (ふばくあん)」は、2室あります。こちらでは、茶室の見学ができますが、希望があれば好きなお部屋を選んでお抹茶とお菓子(300円)をいただくことができます。せっかくなので、みんなでお抹茶をいただくことにしました。娘もみんなのマネをして一丁前に正座をしていました♪

行ったスポット:武家屋敷跡野村家

初めてのお抹茶のお味は?

娘に「お抹茶飲んでみたい?」と聞くと「飲んでみたい♪」ということで、娘もお抹茶デビュー!パパのお抹茶を1口だけもらいました。初めてのお抹茶のお味は、「甘くてにがい!」となかなか大人な感想でみんな大笑いでした(笑)「長町武家屋敷跡」に訪れる際には、「武家屋敷跡野村家」の見学もおすすめします♪

行ったスポット:武家屋敷跡野村家

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック