子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

かなママさんの体験記

かなママさん

かなくん(5歳8ヶ月)

レベルフォローフォロワー参考になった
2500123
おすすめコース
表示回数:645
かなママさん

GWおすすめ!南信州 阿島の大藤&元善光寺

南信州ではGWで車を走らせると、街の中にも山にも藤が満開に咲いています。
その中でも有名な「阿島の大藤」にお出かけしました。
藤のお花見をゆっくりと楽しんだ後に元善光寺を訪ねる、GW中でもそれほど混み合うことなくゆったりと過ごせるコースです。

体験テーマおすすめコース
行ったスポット阿島の大藤、安養寺(下伊那郡喬木村)、椋鳩十句碑、元善光寺
エリア長野県>伊那路(伊那・駒ヶ根・飯田・昼神)
対象年齢3~6歳児向け小学生低学年向け小学校高学年向け
目的・滞在時間一日のお出かけ

阿島の大藤

約1000平方メートルの藤棚に、紫・ピンク・白の藤が所狭しと植えられています。
珍しい八重咲きの藤も咲いていて見ごたえがあります。
藤は2メートルほども垂れ下がるので、背の小さなお子さんでもすぐ目の前で鑑賞できます。赤ちゃんも抱っこ紐から手を伸ばして触れるほどです。
日差しでキラキラしているので、まだ光しか感じないくらいの赤ちゃんでも楽しめそうです。
入園料は1人100円で、小学生以下は無料なので、お子さん連れでのお出かけも気軽に行けます。
信州名物の五平餅も売っていて、座れるスペースがあるので、藤を眺めながら食べることができます。
レジャーシートをひいてピクニックされているご家族もいらっしゃいました。

4月下旬に開園してGWに見頃を迎えたら、5月の20日頃には木の負担になるために花を落としてしまうそうです。
GW中のお出かけがオススメです。

安養寺からの藤

阿島の大藤は独立していますが「安養寺」の敷地内にあります。
安養寺は藤棚脇の階段を上っていった場所なので、藤棚を上から眺めることができて、普段とは違う光景を楽しむことができます。
下から見た藤が上から見られるので、小さいお子さんでも目線の違いで楽しんでいました。
喬木村の指定文化財である梵鐘もあります。

行ったスポット:安養寺(下伊那郡喬木村)

椋鳩十ゆかりの地

写真は阿島の大藤の無料駐車場にあった「椋鳩十」の句碑です。
椋鳩十は小学校の国語で習う「大造じいさんとガン」の作者です。喬木村の出身ということもあり、周辺にはゆかりの地がいくつかあります。
阿島の大藤の周辺にはこの句碑以外にも、墓碑や生家跡があります。喬木村内には椋鳩十記念館・記念図書館もあります。大造じいさんとガンは小学5年生の教材になっているので、5年生以上のお子さんと訪れるとさらに楽しめ学習にもなります。

行ったスポット:椋鳩十句碑

元善光寺

7年に一度のご開帳で昨年(2015年)に話題になった元善光寺です。
ご開帳は丑年と未年の4〜5月の2ヶ月間です。
普段は賑やかとはいかないまでも、観光客が途切れないお寺です。
ちょうどお出かけしたGWはお釈迦様の誕生をお祝いする「花まつり」をしていました。小さなお釈迦様に甘茶をかけて、子供の健やかな成長を願います。
境内の松の木は二つに枝分かれした先に結合して知恵の輪のようになっていることから、「知恵の松」「縁結びの松」と呼ばれているので、松に子供の学業成就の祈願もしてきました。

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック