子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

かなママさんの体験記

かなママさん

かなくん(5歳7ヶ月)

レベルフォローフォロワー参考になった
2500123
おすすめコース
表示回数:1,428
かなママさん

【東京】赤ちゃん連れで浅草に1泊して散策コース

今回は浅草近くの神社で親戚の結婚式に出席するために、浅草で1泊して周辺散策しました。
1泊のコースなのですが、結婚式参列のために観光としてはボリュームが少ないので、純粋に観光を楽しまれる方は1日で回れてしまいます。
宿泊した場所も写真を撮らなかったので、コースの内容としてはご紹介しませんが、お子様連れでも大丈夫な畳のお部屋があるのでここで触れさせていただきます。

今回宿泊したのは浅草のど真ん中にある旅館の「三河屋 本店」です。
周辺には畳のお部屋のある旅館やホテルが少なく、赤ちゃんプランのある畳部屋のホテルも予約がすぐに一杯になってしまうのですが、こちらは比較的予約が取れやすい旅館です。
そのようなこともあり赤ちゃん・子供連れのご家族も利用しやすいのか、同じフロアのお客さんもバギーを必要とする年齢のお子様連れでした。

雷門

やっぱり浅草と言えば雷門ですね!
土曜日昼過ぎの時間なので、たくさんの人で混んでいました。
大きな門に大きな提灯はおなじみのものですが、小さな子供と一緒に写真を撮ると、大きさの比較で記念になりますよね!
私は大きなものがあると、子供と比較して写真に収めるのが好きです(笑)

浅草散策

一度旅館へ行きチェックインした後は浅草を散策しました。
写真は雷門から近い場所にある常盤堂雷おこし本舗です。
顔出しパネルがあると、つい子供をはめて記念撮影してしまう(笑)
目立つ場所にあるのでお客さんも多く、雷おこしも試食がたくさんあるので、好みの味を見つけてみてください。
メインの通りの仲見世は、雷おこしや人形焼といった浅草名物や食べ歩きに便利な小さいおやつ系のお店が多くあります。
仲見世から一本東にある、仲見世と並行している通りは美味しそうなおせんべい屋さんや最近人気のある「ITARIAのジェラート屋」があります。
メイン通り以外にも楽しいお店、美味しいお店があるので、お子さんと一緒に楽しみながら散策できます。

朝の浅草寺

旅館に宿泊し、朝の8時頃からお散歩しました。
浅草の真ん中にある旅館なので、赤ちゃん連れでも朝からお散歩できます。ちらほらと人がいますが、日曜日だと思うととても余裕があって、赤ちゃんを連れていても散歩しやすいです。

写真は浅草寺本堂です。息子がお腹を壊していたのでしっかりと常香炉で煙をかけてから、お参りをして御朱印をいただきました。
普段 御朱印は本堂から少し歩いた「影向堂」でいただきますが、午前9時までは本堂で受付けていただけます。
御朱印をいただくのに本堂に上がらせていただきますが、お参りの方も自由に上がれると思います。
本堂の前で手を合わせるだけで終わってしまう方が多いので、少しもったいない気がしました。

浅草神社

浅草寺の東にある浅草神社です。
お寺の横に神社ってなんだか面白いですね。
浅草神社は家内安全、交通事故の防止、商売の成功、病気の防止、健康の維持、試験の合格など多種多様のご利益があります。
お腹を壊している息子のために健康のお願いをしました。
話は変わりますが、結婚式で訪れた神社でも息子のお腹について祈願したので、お腹お祈り旅ですね。

境内には、連載終了して話題の「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の石碑が飾られています。
物語が由来になった記念の石碑なので、読んだことのある方は興味深いのではないでしょうか。

隅田公園で遊ぶ

結婚式までまだ時間があったので、隅田川両脇の隅田公園をお散歩しながら時間をつぶしました。
写真は隅田川の西側です。
遊具やアスレチックがあり、子供達がわいわい遊んでいました。
隅田川沿いは景観が楽しめる遊歩道が整備されており、川やスカイツリーを眺めながらの散歩は気持ちがいいですよ。
隅田川の西側では、遊歩道へ上がるスロープは南側にしかなかったので、ベビーカーでの散歩は注意してくださいね。
隅田川をはさんで東側には牛嶋神社があり、樹木がたくさんある自然豊かな公園でした。

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック