子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

パン屋さんさんの体験記

Large

パン屋さんさん

あさとくん(中学生以上)

レベルフォローフォロワー参考になった
160022
おすすめコース
表示回数:1,513
パン屋さんさん

時速500キロを体感 山梨県リニア実験線を見学

リニアの試乗抽選に当選し、山梨県にある山梨県立リニア見学センターに行ってきました。
リニアは、現在JR東海が平成39年に東京の品川と名古屋を結ぶ、、リニア中央新幹線計画に基づいて工事が進められています。
リニア中央新幹線が開通すると、品川-名古屋間が僅か45分で結ばれることになり、昭和39年の東海道新幹線の開業以来、新たな鉄道の歴史が塗り替えられることになります。
リニアの特徴は、磁気により車両が完全に浮遊した状態になることから、車輪の抵抗が全くなくなり、時速500キロ以上のスピードを可能としています。

時速500キロで通過するリニアに圧巻

リニア見学センターでは、リニアの仕組みを学ぶことができます。
実物大の超伝導コイルが展示してあり、超伝導がいかにすごいのかを体験することができます。
見学タワーでは、目の前をリニアが時速500キロで通過するところを間近で見ることができますが、リニアの姿が現れてから、目にも止まらない超スピードに、子どもたちも目を丸くするしかありませんでした。

リニア試乗で時速500キロを実体感

リニアの試乗時間となり、まずはJR東海の人からリニアの仕組みなどのお話がありました。
それも、リニアは無人運転になりますので、運転士はいないのです。一応、車内には車掌となる人がいますが、実際に動き出すと危険防止のため、車内の移動はしないそうです。
ということは、リニアには車内販売もないということになりますね。・・・寂しい。

あっという間の試乗

いよいよ出発の案内があり、静かにリニアが動き出しました。発車して、わずか数秒で時速100キロを超えて、浮遊進行に切り替わります。そして、ここから早いの何の。あっという間に、時速500キロに到達です。
先ほど、リニアを見学していたタワーが見えたと思ったら、一瞬の出来事でトンネル内に入ってしまいました。
リニアに乗った感想は、とても静かで乗り心地も抜群ですが、景色は速すぎて何もわかりませんでした。

ぶどうの丘でフルーツスイーツに舌鼓

ブドウの時期には、少し早かったため、山梨県特産のブドウ狩りは断念しました。
代わりに、果樹園とスイーツのお店がありましたので、立ち寄りました。色とりどりのフルーツスィーツを堪能しました。
さすが、フルーツ王国山梨とあって最高においしいスイーツでした。

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック