子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

ぽっつりくんママさんの体験記

ぽっつりくんママさん

ぽっつりくん(10歳)

ぽっつりくんは科学館とハイキングやサイクリングが好きです。 外で体を動かすのが楽しくなるようなスポットを探しています。

レベルフォローフォロワー参考になった
2402111
おすすめコース
表示回数:4,218
ぽっつりくんママさん

【上野】国立科学博物館「ラスコー展」〜東京都美術館「ゴッホとゴーギャン展」

息子が夢中になっているEテレの「びじゅチューン」で出てくる美術作品が上野に集合していたので、「国立科学博物館ラスコー展」からスタートして「東京都美術館ゴッホとゴーギャン展」をはしごしました。
ラッキーな事にびじゅチューンに出てくる「湖畔」が展示されている黒田記念館が展示期間だったので見る事ができました。
その後は「国際こども図書館」に行きました。

国立科学博物館のラスコー展初日に行ってきました。平日だったのでそこまでは混んでいませんでした。ラスコーの洞窟の模型や、実物大の壁画が展示してありました。展示物は子供でもわかるのですが、歴史などの解説がとても沢山あり息子は展示物をパパッと見て次にいってしまいました。ママは解説まではじっくりは読めませんでした。

洞窟に暮らしていたクロマニヨン人を復元したものです。現代の人とほとんど変わらない顔つきです。毛皮を着てヘッドアクセサリーなどもしておりオシャレな感じでちょっとびっくりしました。常設展の縄文人と比べるとおもしろいかもしれません。

洞窟に描かれた壁画です。とても大きかったです。絵の技法や復元作業の映像も見る事ができました。
見終わってからラウンジで持参のお昼を食べました。平日だから空いていると油断していたら遠足の幼児達で占領されていたので時間をずらしました。

東京都美術館のオブジェです。裏側にも低い位置に穴が空いていて、その穴から空が見えます。息子は気に入ってずっと見ていました。

子供にはこんなお絵かきボードを貸してもらえます。
絵画の点数が多く人も多いので6歳の息子は途中で飽きてしまったのですが、このボードで遊んでいたのでママは結構ゆっくり見れました。ところどころに椅子もあったので良かったです。
びじゅチューンに出てきた作品はなかったのですが、ゴーギャンの雰囲気はわかりました。
息子はざっと見ただけですが、本物の芸術の迫力は伝わったかな?という感じでしょうか。
展示室は撮影禁止で、最後に出たところでゴッホとゴーギャンの椅子に座って撮影が出来ます。

国際こども図書館に行くのに通りかかった「黒田記念館」です。入館無料です。
ここにもびじゅチューンに出くる「湖畔」という作品がありました。展示期間が決まっているのでちょうど見る事が出来てラッキーでした。昔の洋館で階段やお部屋がとても素敵でした。撮影禁止だったので入り口の写真のみです。

子供目線の高さに作られた図書館で椅子やベンチが可愛らしいです。本を読むスペースが沢山あり、親子でお話をできるので居心地がいいですね。
こちらはカフェがありこの辺ではお手頃価格でしたので休憩しました。

この日はイタリアの絵本の展示をしていました。舞踏会をするような天井の高い素敵なお部屋でした。

この日は鑑賞ばっかりだったので体を動かしたいと最後に上野公園に戻り、遊具のある広場で遊びました。
色々な施設をはしごしましたが、近かったのでいい散歩になりました。

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック