子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

ituminnさんの体験記

Large

ituminnさん

レベルフォローフォロワー参考になった
150256
おすすめコース
表示回数:945
ituminnさん

河津桜を愛でる親子三代伊豆2日間の旅

ちょうど見頃を迎えている伊豆の河津桜を見るために、両親と弟、私の家族3人で、親子三代旅行を楽しんで来ました。
河津桜はもう散りかけていましたが、毎年この時期の楽しみなので、来年の参考にでもご覧ください!

川沿いに続く河津桜のアーチ

この時期は毎年、河津町では「桜まつり」が開催されていて、週末は多くの人で賑わいます。
今年は例年に比べて開花が早かったそうで、2/18,19に満開を迎えていたため、2/25,26に行った際は、だいぶ葉が出てきてしまっていました。
それでも満開に近い木もところどころにあり、川沿いにずら~っと咲き誇る桜は、圧巻の一言に尽きました。
川沿いをのんびり歩いていくと、途中に足湯があり、多くの人でにぎわっていて、子どもたちも楽しそうに入っていました。
去年は娘と一緒に入りましたが、今年はタオルを持っていなかったので断念。
なので、ぜひ訪れるときは、タオル持参をおすすめします!
川沿いの桜並木の途中には、ところどころ菜の花も咲いていて、黄色とピンクのコラボレーションがとても綺麗でした。

ホテルにて 見事な七段飾りのひな人形

河津桜を堪能した後は、車で30分程度で行ける、伊豆半島最南端の下田へとやってきました。
下田の白浜といえば、夏に海水浴客でとてもにぎわうのですが、下田は温泉も有名なので、河津桜を見た後に来られる方も多くいます。
ホテルに到着した後は、娘と室内プールでひとしきり遊んで、温泉に浸かって、お食事を堪能して、全員で早寝。

ちょうどひな祭り前ということもあって、ホテルにはとても立派な七段飾りのおひなさまが飾ってありました。
最近「可愛い」という言葉の意味がちゃんと理解できてきた娘は、「おひめさま(おひなさま)可愛い~」と言いながらまじまじ眺めていました。
なかなかこんな立派なものを見る機会がないので、「これが本当のおひなさまだよ~」と良い教育になりました。

行ったスポット:ホテルジャパン下田

娘大好物!旬のいちご狩りへ

翌日ホテルを後にして、向かったのは旬のいちご狩り!
伊豆はいちごのハウス栽培も盛んなようで、あちこちでいちご狩りを実施していますが、我が家は毎年伊豆長岡(現在は伊豆の国市となったよう)のいちご狩りセンターに来ています。
ここは人気スポットのため、チケット購入までは少し並びますが、提携ハウスがた~っくさんあるため、ほとんど待たされないので、小さい娘がいても安心です。
結構遠いハウスもあるので、移動はすべて自分の車。先導車がいて、案内のおじさんから「あれについてって~」と、言われるがままについていくと、数分でハウス前まで行けます。

写真は、チケット売り場の前にあったいちごちゃん(?)の写真スポット。
まだ小さい娘には〇が大きすぎて余ってますが、本人は楽しそうに「しゃしんとって!」としきりにねだっていました。

あったかいハウス内でいちご食べ放題!

どのハウスに当たるかは、当日のお楽しみ。
いちごの種類もいろいろあるので、毎年違う種類のいちごを楽しんでいます。
写真のように、昔ながらのしゃがんでいちごを取るスタイルのハウスもありますが、最近はベビーカーや車いすでも入れて、しゃがまずに楽しめる、高い位置でいちごを栽培しているハウスが多くなっています。
こちらでも、事前に希望を言っておけば(特にベビーカーや車いすなど)、高い位置でいちご狩りできるハウスに案内してくれるようです。
去年はその高いほうでしたが、今年は懐かしい感じ。
つい「あ、高いところにあるやつじゃないんですね~」と受付してくれたおばちゃんに言ってしまったら、「昔ながらの栽培方法(ここ)のと比べてみて」「こっちのほうが私(おばちゃん)は美味しいと思って作ってるよ」と教えてくれました。
確かにとってもおいしかった!
私は40粒(最多!笑)、母は37粒、他男性陣は20粒前後と、食いしん坊のレディースでした。
娘も10粒もいただいて、満足気でした。

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック