子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

紫亜さんの体験記

Large

紫亜さん

ちびくん(6歳5ヶ月)

北海道に住む男の子のママです。段取りをするママ目線でなるべく細かい説明を心がけています(^ ^)お役に立てたら幸いです。

レベルフォローフォロワー参考になった
1914209
おすすめコース
表示回数:7,640
紫亜さん

白い恋人パークにキッズタウンOPEN☆3歳児とお菓子作り体験&イルミネーション☆

子供達にイルミネーションを見せたくて、西区の白い恋人パークに行って来ました。
独身時代から、工場見学以外何があるかよく分からず近寄る事も無かったのですが、行ってみると子供達が喜ぶ仕掛けが盛りだくさん!
お菓子作り体験も手ブラで行けるので楽チン☆
観光地なので写真撮影スポットもたくさんあり、記念になる写真がたくさん撮れますよ。

ランチは白い恋人パークから歩いて10分程のスープカレー侍に行って来ました。
こちらもキッズコーナーがあり、子連れランチにオススメのお店です。

まずは記念写真をパチリ☆

お菓子作り、工場見学は有料エリアです。

入館料は大人600円、3歳以下無料。
お菓子作りは1セット972円。
ママと3歳児1人で計1572円のお支払いです。

受付でパスポートが貰えますが、こちらスタンプを貯めると入館料がずっと無料になるんだとか!
ちょっと分かりづらいですが、本館とは離れた時計塔の1階で受付を済ませ、時計塔の4階に行きます。

予約は早めがオススメ

お菓子作り体験は前日までの予約が必要です。

本当はランチしてから白い恋人パークに行く予定でしたが、2日前に電話すると既に午後はいっぱい!午前中しか空いていませんでした。

平日など空いていれば当日受付でも可能みたいですが、土日や長期休みなど混雑する日にスケジュールを組んでいるなら、早めの予約が必要です。

粘土遊びみたいで楽しい!

子供達にはビニールのエプロンと紙の帽子を貸してくれるので、手ブラで行けるのが嬉しいです。
靴カバーを貸してくれるので、スリッパなどに履き替える手間もかかりません。

好きな型をそれぞれ3つ選んだら、既に出来上がっている生地をコロコロ伸ばして行きます。
型で抜くのに失敗しても、丸めて伸ばして何度でもやり直し出来るので、親も大らかな気持ちで見守れます。
子供達も「自分でやってみる!頑張る!」とやる気満々!

たくさん出来た!

型を選ぶとき、小さな型を選ぶと枚数たくさん作れます(*´꒳`*)
グループで行くと、型を交換して色んな形を作ることが出来るので楽しいですよ♡
生地は受付でチョコかバニラか選べるのですが、子供達はみんなバニラでした。

焼きあがりまで工場見学

焼きあがるまで30分程あるので、その間に館内をブラブラ。
白い恋人の製造工程も見る事が出来、小さなクッキーがどんどん流れてパック詰されてる作業をじっと見つめる息子さん。

工場も可愛いくて、壁一面に人形がズラリ!
この中のいくつかは動くようになっていて、動く人形を見つけては「見て!動いた!」「あ!また!」と、子供達は大喜びです。

ランチはスープカレー

白い恋人パークにもレストランはありますが、土曜は観光客でごった返していたので、お散歩も兼ねて歩いてスープカレー侍 西野店に行ってきました。

予約しようと電話すると、ランチタイムの予約は受けていないそうで、到着した順の受け付けだそうです。
わざわざ行って、お腹を空かせた子供を待たせる事ほど大変なことはありません(苦笑)
向かう前に電話して、混雑状況を確認するのが良いですよ。

歩くと10分くらいで、歌ったり話したり追いかけっこしながら、子供達も頑張って歩ける距離でした。

行ったスポット:路地裏カリィ侍 西野店

小上がりの後ろにキッズコーナー

ここの良い所は、小上がり席のすぐ後ろにキッズコーナーがある所!
動きが激しくなってきた3歳児。
キッズコーナーが遠くにあると、散らかしてないか、騒いでないか、ケンカしてないか、様子を見に行ったり子供に呼ばれたりして落ち着かないんですよね…。
「子供にご飯を食べさせた後、親もゆっくり話しながらご飯食べれるし、目が届くから安心だよね」と、ママ友もお気に入りのお店です。

バンボや子供イス、毛布などもあり、子連れに優しいお店です。

行ったスポット:路地裏カリィ侍 西野店

小人のお家がたくさん

食後の散歩をして白い恋人パークに戻ったら、無料エリアの庭園で遊びました。

子供達が大興奮したのが、小さなお家!

中にはベットやキッチン、テーブルなど家具もあって、作りの細かさにテンション上がります。
ちょうど子供たちにサイズがピッタリで、お気に入りの家を見つけては「ここ僕のうち!」「入っちゃダメー」と大人立ち入り禁止にして遊んでいました。

寒くなったら館内で遊ぼう

12月1日にオープンしたばかりのキッズコーナー。ホームページにも載ってなかったので、行って見てビックリ!
しかもお菓子作りの申し込みの時に貰った入館パスポート提示で、30分無料です。
大人も子供もお金がかかるので、30分400円相当が無料なのは嬉しい〜!

本館の正面階段を上がった右がキッズコーナー

キッズタウンOPENの看板が1階に出ておらず、私達もウロウロ探したので念のため(^^;)これが目印です。
本館の真っ赤な大階段を上がった右側がキッズタウンです。
ちなみに左側はグッズ売り場でした。

クリスマスシーズンなので飾り付けが豪華で、どこを撮っても絵になりますね(*´꒳`*)ウットリです。

ボーネルンドのオモチャ盛りだくさん!

ちょっとこじんまりとしてますが、このコンパクトさが、目が届きやすくて良いですね。
吹き抜けの上の階もキッズコーナーで、そちらに行くには一度出て、エレベーターに乗っていかなければいけないので、ちょっと手間。

服をかけるハンガーはありますが、カバンや荷物など置ける場所は無いので、貴重品は持ち歩きです。

低月齢の子も遊べる

絵本や知育パズルなど、ボーネルンドのお店で見たことあるオモチャがたくさん。
じゅうたんなので、低月齢の子も安心して遊ばせられます。
スタッフも各階1人いて、遊びっぱなしで散らかったオモチャなどこまめに整頓したり、遊びやすいように配置してくれているのが好印象でした。

本格的なレジは大人気!

レジは実際に数字が打てて、とってもリアル。
お店屋さんのようなセットに、子供達はレジの奪い合いです。
おままごとの飲み物や野菜をカゴに入れて「これ下さい」ってごっこ遊びをすると、どこで覚えてきたのか「かしこまりー!」と言う息子に、爆笑しました。

上の階にはベビーコーナー

エレベーターで上の階に行くと、ベビーコーナーがありました。
ベビーコーナーには口に入れたオモチャを入れる箱などもあり、衛生管理もしてくれてるんだと関心しました。こういう気遣い、赤ちゃん連れには安心ですよね。
こちらにはお絵かきコーナーと木のオモチャもあり、静かに遊びたい子向けです。

結論。30分じゃ足りません

みんな「まだ遊びたい!」と動こうとせず。結局30分延長しました(^^;)

キッズタウンの下の階はお土産売り場なので、家族で来たらパパが子供と遊んでる間に、ママがお買い物したり出来るので良いですね。

キャンディの自動販売機

外に出る前に、本館1階のキャンディラボに立ち寄りました。
こちらでは飴細工の実演を見せてくれたり、出来たてのキャンディを試食させてくれます。
このキャンディがとっても美味しいんですよ♡食べ始めると止まらなくなる美味しさです。

入り口には観覧車があって、100円入れるとメロディが流れてクルクル回って、飴を1本落としてくれます。
とてもメルヘンチックで可愛いですよね!

幻想的なイルミネーション

外に出た瞬間、大人だけでなく子供達も「きゃーー!」と叫びました。
オススメは4時、5時ジャスト!
時計塔のからくり時計の扉が開き、中の人形達が動き出し、本館の壁の人形も動き出し、もうあっちもこっちも写真を撮りたくて、どこを見て良いのか分からなくなります(笑)

昼間遊んだ小さな家もライトアップされ、光るトナカイや、人に反応して動く人形など、夜は夜でとても楽しめます。

シャボン玉に大喜び

東屋から吹き出るシャボン玉。
イルミネーションにシャボン玉?と思いますが、カメラで撮るとイルミネーションでシャボン玉が色付いてとても綺麗です。
「シャボン玉まてー!」と子供達もシャボン玉を追いかけて大喜び。
子供を喜ばせる工夫が本当にあちこちあり、連れて来て良かったと感じました。

ハートから顔を出してパチリ☆

白い恋人の文字から、顔を出して写真を撮る事が出来ます♡
観光地なのであちこちに撮影スポットがあり、記念になる写真がたくさん撮れました。

「キッズタウン30分無料で、外でもこれだけ楽しめるなら、入館料600円払ってもお得な感じするね」と、大人も大満足。

午前中から遊びに来て、イルミネーションまで子供達の機嫌が持つか心配でしたが、ぐずる事もなく終始楽しんでいたので本当に良かったです。
夏は夏で楽しめるようなので、季節を変えてまた遊びに来たいと感じました。

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック