子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

どれみさんの体験記

どれみさん

レベルフォローフォロワー参考になった
6004
おでかけ日記
2016年8月19日(金)
表示回数:1,734
どれみさん

歴史に触れる旅。蒸気機関車SLパレオエクスプレスに乗って自然の博物館に行ってきました

埼玉県長瀞にある自然の博物館の夏休みイベント、SLミュージアムに行ってきました。
SL機関車に乗って岩畳を歩き、自然の博物館で化石を観る、夏休みならではの盛りだくさんの内容でした。

体験テーマおでかけ日記
おでかけ体験日2016年8月19日(金)
行ったスポット寄居駅、旧新井家住宅、埼玉県立自然の博物館、上長瀞駅
エリア埼玉県>秩父・長瀞
対象年齢3~6歳児向け小学生低学年向け小学校高学年向け
目的・滞在時間一日のお出かけ

寄居駅から長瀞駅までSL乗車

この旅はSLから始まりました。
東京から一番近い蒸気機関車、秩父鉄道のSLパレオエクスプレス。
わたしたちは寄居駅から乗車です。
自由席だったのですが早めにホームで並んでいたので座れました。
車内は満席。
寄居駅から長瀞駅までは、自然の博物館の学芸員さんが車窓から見える名所を解説してくださり、とても勉強になりました。

行ったスポット:寄居駅

旧新井家住宅へ

長瀞駅に着くと、長瀞町資料館の中の旧新井家住宅の見学です。
旧新井家住宅はもとは長瀞町大字中野上にあった故新井正行氏から寄贈された住宅で、昭和50年3月に移築されました。
今から270年前に建設されたといわれています。
養蚕農家だった新井家はその養蚕の様子がよくわかるのと、石葺きの屋根が特徴です。
子供も興味津々。しばし江戸時代にタイムスリップしたのでした

行ったスポット:旧新井家住宅

岩畳を歩く

お昼を食べた後は、岩畳の散策です。
この長瀞の河原は、BBQやライン下りもでき、ちょっとしたレジャースポットで観光客もいっぱいですが、この畳のような岩も特徴なんですよ。
いやー、暑かった暑かった。でも子供もがんばって歩きましたよ。
日陰もなく照り返しが強いので、帽子や日傘、日焼け止めは必須です。
年に何回かある増水で、冠水に強いユキヤナギやテリハノイバラなどの乾燥に強い植物やガマなどの水生植物が育っています。
この日は雨上がりで大きな水たまりを乗り越えたり、ちょっとしたアドベンチャー。
アメンボやガマなどを見ることができました。

埼玉県立自然の博物館へ

岩畳を歩くこと20分
埼玉県立自然の博物館へ
この博物館のみどころは、なんといっても国指定天然記念物になったパレオパラドキシアの化石です。
写真は模型ですが、秩父地方に1500万年前に生きていた哺乳類の全身骨格の化石が見られますよ。
しばし昔は海だった秩父地方を想像するのも楽しいですね。
ちなみに始めに乗ったSLパレオエクスプレスという名前はは、秩父地方から発見されためずらしい化石、パレオパラドキシアにちなんでつけられたそうです。

帰りは上長瀞駅から

埼玉県立自然の博物館からの帰路は上長瀞駅へ。
徒歩約10分ほどです。
のんびり秩父鉄道に乗って帰りました。

行ったスポット:上長瀞駅

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック