子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

ふくろうさんの体験記

Large

ふくろうさん

あーちゃん(5歳7ヶ月)

じゅんくん(4歳3ヶ月)

レベルフォローフォロワーいいね
3334270
おでかけ日記
2016年11月6日(日)
表示回数:1,386
ふくろうさん

子供OKな美術館!愛媛県今治市「タオル美術館ICHIHIRO」で遊ぶ!

四国旅行で、どうしても行ってみたくて組み入れてもらったのが「タオル美術館ICHIHIRO」でした。愛媛県今治市はタオルの有名産地。丈夫で長持ちなので我が家でも愛用しているほか、贈り物に利用したこともあります。
「タオル美術館ICHIHIRO」にはムーミンの巨大ぬいぐるみがあるとか、子どもでも行ける美術館とかクチコミでも評価大でした。そこで、子ども2人を連れて行ってみることにしました。

歩道橋を渡ります!

歩道橋を渡って美術館に行きます。目的地に到着した興奮で、子どもはダッシュ!美術館側の駐車場もあるようでしたが、人気のため歩道橋使用の駐車場を利用することに。

おみやげもの屋さん!

タオル美術館ICHIHIROでは4階が美術館入口で1~3階にショップがあります。タオルをはじめとしてフォションやエディアールの紅茶などもありました。四国おみやげも揃いそうでした。
今治タオルで、何かおみやげを購入しようと意気揚々としていったので、こちらで「先に」おみやげを購入。子供のタオルを買って文字入れ(1文字30円でした)をしてもらいました。この文字入れ、時間がかかることがあります。特に、我が家はフルネーム入れてもらったので、30分ほどかかると言われました。先に買って、待ち時間の間に美術館を巡るのがおすすめです。

記念写真!

美術館前のムーミンと写真。これ、目的でした。

巨大ケーキも!

わたでクリームを作った巨大ケーキもあります。リアリティもあって記念撮影スポットになりそうです。ほか、ポップコーンもありましたよ。

今治タオルがもらえる!

大人は1人800円でしたが、JAF割引が使えました。小学生未満は無料。せっかく来たので美術館に行こうと考えていましたが、大人に今治タオルのプレゼントもありました。男性=グリーン、女性=ピンクでしょうか。
ハンドタオルくらいの大きさです。

工場見学みたい?

4階の美術館内では、タオルの製造工程を眺めることができます。糸をよってタオルを作っていく光景を見ることができます。

ムーミンの世界展

北欧のキャラクター、ムーミンが巨大キャラクターになっています。「ムーミンの世界展」は大人よりも大きなムーミントロールに出会えます。

おしゃれな展示内容

タオル地の織物?を額に入れて飾ってあります。すごくオシャレです。絵ではなくて「織物」を飾るアイデアも素敵です。

廊下がお気に入り

糸が見えるようになっている廊下、いわゆる「渡り廊下」で下の階の様子が見えます。ここが子供のお気に入り。何度も行ったり来たりしていました。下の階の様子を見たり、向こうからこちらに歩いてきたり。ハマっていたようです。

Dick Bruna Towel Art

企画展、ディック・ブルーナのタオルアート展を開催していました。2016年9月10日~2017年2月19日まで開催しているようです。子供、大きなうさこちゃんに駆けよる(というかダッシュ)。

ひじかけ椅子!?

うさこちゃんの足に手をかけてひじかけ椅子のようにして遊んでいます。体験型のミュージアム。子どももご満悦です。

うさこちゃん「福笑い」

これは、うさこちゃんの「目」と「口」がマグネットになっていて、福笑いができる展示物。バランスが案外と難しいことに気づかされます。その位置でいいのかな・・・?

ブルーナ×タオル地のスツールも!

美術館内には、ブルーナのキャラクターがタオル地になったスツールもありました。手触り最高でふわふわです。座れますが、置いてある姿が「超かわいい」です。

記帳しました!

来館者が記帳できるノートに、書いてみました。子供から「書いていく」と主張したので、書いてもらうことに。

3歳児のミッフィー

3歳児が描いたミッフィーを残してきました。

クリスマスイルミネーション中!

美術館内にはクリスマスツリーがありました。イルミネーションもあり、ムードも満点です。オーナメントもかわいい。子供を立たせて写真撮影しましたが、終始オーナメントが気になる様子です。

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック