子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

はるべさんの体験記

はるべさん

しおまめちゃん(11歳)

レベルフォローフォロワー参考になった
120022
おすすめコース
表示回数:5,418
はるべさん

石鎚クライミングパークSAIJOでボルダリング体験

最近、家の中で壁のぼりにハマっている7歳の娘をボルダリングに誘ってみました。ちなみに私自身はボルダリングに関する知識・体力・運動神経ゼロですが…。西条市の西の端にある実家から車で出発し、今治市朝倉のタオル美術館ICHIHIRO内のレストラン王府井(ワンフーチン)でランチと庭園散歩を楽しんだ後、石鎚クライミングパークSAIJOでボルダリングを体験。帰りに高速道路からでも一般道からでも入れる石鎚山ハイウェイオアシスに立ち寄りました。

四十にしてはじめての小籠包と豪華なお子様ランチ

盛りだくさんのお子様ランチ!この写真に加え、フルーツや杏仁豆腐などもプレートにのっていました。私は小籠包セット(小籠包3個+ラーメンで1000円)。小籠包は母と二人で分けました。中からスープが溢れてくる小籠包を食べたのは初めてで、汁を飛ばしてテーブルクロスを汚してしまいましたが、とってもおいしかったです。シェフが手際よく手作りしているところを、ガラス越しに見ることもできました。

ウェディングパーティもできるすてきな庭園をぶらぶら

遊具もない「庭園」ですが、車を気にせず、自由に歩いたり走ったりできる広いところって、子どもも気持ちが良く、楽しいようです。
ちなみに、タオル美術館は、展覧会をしているギャラリーに入るには入館料が必要ですが、庭園や売店、レストラン・カフェに入るのに料金はかかりません。展覧会もムーミンなど子供が喜ぶかわいいものがいっぱいで素敵ですが、食事だけ、庭園だけ、お土産(タオルだけでなく四国の物産品もありますよ。)だけでもOKな気軽な立ち寄りスポットです。

いよいよボルダリングに挑戦

石鎚クライミングパークSAIJOは、西条西部公園内にある西条市の施設です。2017年のえひめ国体・山岳競技会場として使用される立派な施設でありながら、西条市内の小学生がボルダリング競技場を9時から17時の間で1時間使用する場合の料金はたったの50円です…。西条市外の小学生でも80円です。また、大会などの予約が入っていなければ予約不要で利用できます。道具のレンタルなどはないので、自分で用意する必要がありますが、ボルダリングの場合、上履きを持参するだけで大丈夫です。あと、すそや袖口の広がった服は飛び降りる時にひっかかっては危険なのでやめた方がいいそうです。

こちらはリード競技場…見ただけです。

ボルダリングもリードも、はじめて利用するときは、受付で事前説明を受け、誓約書を提出しなければいけません。子どもの遊び場、と侮っていてはいけないなぁ、と、実際に行ってみて、認識を改めました…。確かに、あの高さから落下したり、のぼっている人の下でうろうろしていて、飛び降りてきた人と衝突したりしたら、大変なことです。

アイソレーションルームにて

私たちが行った日は、たまたま小中学生の初心者講習をしており、そこに飛び入り参加させていただくことになりました。けれども、いきなり高学年のお兄さんお姉さんと一緒になって本格的に参加するのは小学1年生の娘には不安が大きすぎたようで、始まった途端に怖がって泣いてしまい、多角面のボルダリングルームではなく、隣にある平面のボルダリングルームで少しだけ個別に教えていただきました。
最初まったく登れなかった娘が、簡単な場所で垂直にならスルスルと登れるようになりました。落ちても落ちても、楽しそうにニコニコしながら何度も挑戦している娘を見て、この子…本当に登るのが好きなんだなぁ…としみじみ感じました。また、スポーツとしてのクライミングのことをまったく知らなかった私たちも、「どうして番号が振ってあるのか」など基本的なことを少し知ることができました。
巡回指導を受けられる日、というのが西条市のホームページ内にある「石鎚クライミングパークSAIJO利用案内」に掲載されているので、次は事前に調べてから行こうと思います。

石鎚ハイウェイオアシスで公園を発見!

うちの娘は岡山名物・きび団子が大好きなのですが、岡山まで行かなくても小松で買える、と義父母がよくお土産をくれるので、寄ってみました。が、、、私の勘違いだったようです。私が行ったのは石鎚山ハイウェイオアシスで、義父母がお土産を買ってきてくれるのは石鎚山サービスエリアだったのです。どちらも高速道路と一般道、両方からアクセスできて隣接はしているのですが、同じものではありませんでした。あとから調べてみると、サービスエリアのほうには本当にお土産がたくさんあるようです。隣接していて徒歩でも行けるとはいえ、秋の日暮れは早く、今回はサービスエリアに移動するのはやめました。
きび団子は買えませんでしたが、ハイウェイオアシスの奥のほうで、公園を見つけました!

石鎚山?いえ、公園です。

石鎚山をイメージしてか、鉄の鎖で登る岩場があります。体を動かすのが好きな娘は、もうひと遊びできて、喜んでいました。

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック