子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

よもごろうさんの体験記

よもごろうさん

みっちゃん(中学生以上)

みっくん(12歳)

レベルフォローフォロワー参考になった
4304339
おでかけ日記
2015年5月31日(日)
表示回数:561
よもごろうさん

東寺に行ってきました

教科書にも出てくる京都の有名寺院ということで、京都市南区にある東寺に行ってきました。
教王護国寺という名前があるそうですが、東寺という名前は単なる別称ではなく、古くからある名前なのだそうです。
境内は国の史跡に登録されていて、金堂や五重塔などが国宝に、講堂や南大門などが重要文化財に指定されています。
真言宗の開祖、空海が嵯峨天皇から下賜され、密教の根本道場として栄えた東寺へ、いざ!

体験テーマおでかけ日記
おでかけ体験日2015年5月31日(日)
行ったスポット東寺(教王護国寺)
エリア京都府>京都駅周辺・四条河原町・東寺・伏見稲荷
対象年齢3~6歳児向け小学生低学年向け
目的・滞在時間半日のお出かけ

食堂

食堂は有料の区画外にあるため、拝観料を支払わなくとも参拝することができます。
私は神社仏閣の御朱印を集めていますが、この食堂で御朱印をいただくようになっているため、拝観料を払わなくとも(つまりはお堂に参拝しなくとも)御朱印を受けることができてしまうということになります。
ですが、記念スタンプではなく参拝の証(元々は写経を納めた証)なので、ちゃんと拝観料を支払って先へと進みます。

講堂

国の重要文化財に指定されている講堂です。
当初の堂は文明18年(1486年)の土一揆による火災で焼失し、室町時代の延徳3年(1491年)に再建されたのが現存する講堂だそうです。

五重塔

講堂側から見た国宝・五重塔です。
高さは54.8mで、木像塔としては日本一の高さを誇るそうです。
寛永21年(1644年)に徳川家光の寄進で建てられたもので、通常は内部は非公開となっています。

何がいるのかな?

池があるといつも見つめる子ども。
魚とか、亀とか、いつも何かいないか探しています。
たまに鯉のエサとか100円くらいで販売されていますが、そういうのが大好き。
残念ながら東寺の池には鯉のエサは売っていませんでした。

金堂

国宝の金堂をバックに。
こちらは、拝観料が必要な有料区域外から撮影したもので、南大門の方向から金堂を見ています。
金堂の前にフェンスが見えると思いますが、このフェンスの向こう側が有料区域になります。
わざわざお金を払うのは・・・と思うかもしれませんが、国宝や重要文化財など実際に見ることができるのは貴重な機会だと思うので、ぜひ。
参拝の時間はゆっくり見て回って、2時間弱でした。

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック