子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

よもごろうさんの体験記

よもごろうさん

みっちゃん(中学生以上)

みっくん(中学生以上)

レベルフォローフォロワー参考になった
4304344
おでかけ日記
2015年5月30日(土)
表示回数:2,343
よもごろうさん

日本最古の神社・大神神社

日本最古の神社とされる奈良県桜井市の大神神社に参拝してきたときの記録です。
大神じんじゃは、おおみわじんじゃと読み、三輪山という山が御神体となっています。
一之鳥居と呼ばれる大鳥居は高さが32.2mもあり、その大きさは中央に写っている自動車と比較すれば一目瞭然です。
この大鳥居の左右に参拝者用の駐車場があり、空いていますが、社殿までに徒歩で15分ほど掛かるので駐車する人は少ないようです。
この先にも駐車場があるのですが、近くに行けば行くほどなかなか駐車できない状態になるので、時間に余裕があって歩くことが苦にならないのであれば、この大鳥居の駐車場を利用することをオススメします。

体験テーマおでかけ日記
おでかけ体験日2015年5月30日(土)
行ったスポット三輪明神 大神神社
エリア奈良県>飛鳥・橿原・大和高田
対象年齢3~6歳児向け小学生低学年向け
目的・滞在時間日帰り・遠出

大鳥居

駐車場から大鳥居を写したものですが、自動車と比較するとその大きさがよく分かりますよね。
ちょっとアップにしてみると。

大きすぎ!

ニコニコマークがついている子どもが、我が子。
どうでしょう、鳥居の土台の部分が子どもよりもずっと大きいことが分かると思います。
ホントに大きいんです、この鳥居。
ちなみに日本で一番大きい鳥居は熊野本宮大社にあるものだそうですよ。

二之鳥居

こちらが二之鳥居です。
この二之鳥居前にあるのが、大神神社に最も近い駐車場になると思います。
まあ、たいてい混んでます。
ここから社殿まではすぐ近くなので、混んでいるのが分かっていて無理にここまで来ることもないのかな、と思います。

拝殿

大神神社の拝殿です。
一般的な神社は手前に拝殿があり、その奥に本殿があります。
本殿まで行けることもありますが、拝殿から先には進めないようになっている神社も多々あります。
そしてこの大神神社には、拝殿はあっても本殿はありません。
本殿は神様がいる場所という位置付けなのですが、ここ大神神社は御神体が三輪山であり、山そのものが神様なので、本殿がないのです。

狭井神社

こちらは大神神社の摂社、狭井神社です。
子どもが手にしているのは「すがちゃん」といって、春日大社の第六十次式年造替の記念に販売されているキャラクターのぬいぐるみ。
ここに来る前に春日大社に参拝したのですが、そこで購入してから、ずっと持っています(笑)。

祈祷殿

最後は、祈祷殿で記念撮影。
記念撮影用のボードが準備してありました。
拝殿から少し離れているので参拝者が少ないようで、ほぼ独占的に記念撮影できたのは幸運でした。
ちなみに、この祈祷殿では結婚式が執り行われたり日々の祈祷が行われています。

おでかけの参考になったらクリックしてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック