いこーよ子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

離婚したいけど、絶ち切れなき情と恐怖心

掲載日: 2020年3月17日更新日: 2020年3月17日

夫とはデキ婚でした。10歳はなれてます。
出会いは職場の先輩で、仕事もでき、後輩の面倒見も良く、尊敬していました。

先輩後輩の期間が長かったので、歳も10離れてるのもあり、リードしてもらってたし、先輩感が抜けない所はありましたが、付き合う前と直後は、とっても優しい人でした。

今思えば食べ物の好みや私の態度に対して結構我慢してたんだろうなと思います。

徐々に夫の性格がはっきりしてきて、歳上なのもあり、ちょっとした冗談やじゃれてる感じでも、気にくわない事があると機嫌が悪くなったり、亭主関白っぽいと言うか。

セックスも少し自分本意で、自分がしたいときだけする感じで、こちらの気分が乗らない時に「やりたくない」と言えば、「じゃー俺はどうしたらいいの?!」と言われる始末で、とりあえずやっておくかとやり過ごしてました。

夫の中で「良しとしない女性像」みたいなのがあり、言葉づかいだったり、自分を立てなかった時などに不機嫌になったりが目だちはじめ、ちょっとこの先怪しいなぁーと思った矢先に、妊娠しました。

その時働いていた職場での退職がもう決まっていて、転職先の内定も貰っていたけど、妊娠したまま働けるような仕事でもなく、「あーこれはもー養ってもらうしかないな」と思い、入籍し、そのまま有給に入り、退職し、妊婦生活と新婚生活が同時にスタートしました。

結婚後からは更に亭主関白度が増し、玄関での見送り、出迎えを強制させ、ツワリがひどく食べ物の匂いが全般ダメで、レンジで温めたおかずをそのままのトレーで出したときにはキレられたりと、身重の私には辛いものでしたが、それ以外では優しく、私の体を労ってくれる所もあり、夫の嫌なことをした私が悪いんだなと思い、反論せずにしてきました。

子供が生まれてからも、とても子煩悩で、優しいん夫なんですが、自分のルーティンを乱されたりするとイライラが出たり、不機嫌になっていました。

そのイライラや不機嫌に対して私も応戦する態度をとると、それを上回る態度で押さえつけられていました。

付き合い当初「何かイヤなことがあったらすぐに言ってくれ」と何度も言われました。
けど、その嫌な事や不機嫌な態度の後には必ず凄く優しい態度をとったりして、言ってくれと言っておきながら、いわせない態度というか、今この良い空気を壊すくらいならもういいやと私が思わざるを得ない状況を作り出すのがとても上手な人なんです。

結局何も言えなくて、まだ小さく、言葉を少ししか話せない子供を寝かし付けながら悔し泣きをした何度目かに、私の涙を流している顔を見て子供も一緒に涙を流し出したんです。「泣かないで」と言われ、それ以降子供の前で泣くのを止めました。

離婚をする気も全くなかったので、子供が産まれるまでは、私だけが我慢してれば、それで平和だと思っていたのですが、子供が産まれて、少しは自分の意見を言うようにして、その時は夫も態度を改めてくれて、円満でいるために我慢するところはして、2人目も産まれ、家も買い、うまくやってきたつもりでした。

おこずかいも相場よりは多めにあげてましたが、子供二人に持ち家、結構大変でした。
私も元はお酒は飲みますが、止めました。夫は飲みます。発泡酒なら一日4本~6本です。
好きなブランドの服も今は買っていません。主人は独身時代から洋服好きで、1着何万もする物を給料が出る度に買っていましたが、結婚してからは少しレベルを下げたブランド服を給料が出る度に買います。自分のおこずかいの範囲なのでなにも言いませんが、私は特に小遣いを設定していなく、自分が欲しい物を買えば家計を圧迫するので、ボーナスなど特別なときに買う感じです。
食べ物のこだわりも強く、お刺身や寿司、なまものが嫌いです。酸っぱいものも嫌い、納豆、漬物などの匂いがするものも嫌いで食卓に出すと、その場から離れます。
子供達もそこが似てしまって偏食になってしまい好き嫌いが激しくなってしまったのに、子供達が残すとぶちギレたり。
外食の時も食べれないものが多い夫に合わせる感じです。
子供への躾も厳しく二人とも女の子ですが、げんこつや、頭を叩くことも珍しくないです。
言葉使いにもうるさく、夫が私に「おやすみ」と言われたことに対して私が「おやすみ」と返すと「おやすみなさい、だろ」と怒られたり。
音楽を大音量で聞く夫は少し耳が遠いのか、夫から「おはよう」と言われ私も「おはよう」と返したのが聞こえなかったようで「おはよう!!」と少し怒った感じで声量を上げて言われたり。
私たちには休日で夫が仕事の時でも、朝起きてないと腹が立つのか、朝7時でも「起きろ!」と怒鳴られたり。
独身期間が長かったからなのか、料理洗濯全部できますが、こだわりも凄く、自分の物だと同じ色形の靴下やシャツには色別で糸を縫い付け、自分の物と区別、ペアがわかるように管理するほどです。洋服へのハンガーのかけ方も指導されました笑
人それぞれ、こだわりや行動パターンが違ってて普通だと思っています。分かり合えない事も合って当然です。

でも、夫の場合は、自分のこだわりと、自分のルーティンを崩されるのが許せなく、そこが危うくなると態度で私や子供達を押さえつけるんです。

「でも」「だって」という使い方も凄く嫌います。
反論させないんです。


子供達が、年長、最年少で幼稚園に上がる春、車で1時間程の距離ではありますが、夫の単身赴任が始まり、平日は母子だけの生活を4年しました。
同じくらいに、私も昼間仕事を始めました。

この4年間はほぼ週末だけ帰ってくる旦那の相手をするだけだったので、ケンカもほとんど無く過ごしてました。

長期の休暇などで家に長く居たとしても、そのときだけ我慢したらいいと思っていたので、あまり苦でもなかったんです。

基本は子供達が家に居ない昼間の仕事をしていたので、幼稚園から帰ってきた後に、夜ご飯はおにぎりにして、子供の好きな海へ出掛けたり、温泉へ行って寝るだけにして帰ってきたり、外食だって皆少食なのでラーメン一杯を3人で分けて食べても十分でそこまでお金もかかりません。夫が居ないからこそできる事で子供達に寂しい思いをさせずにすんだと思います。

4年間わりと自由に、母子だけでも楽しくやっていましたし、週末ガミガミしかるお父さんが居ないと子供達も少しダラけてたりしてたと思います。
内弁慶で幼稚園、学校でしっかり者の子供達のはけ口は家です。少しくらいのダラけや、甘えは良しとしてました。平日の母子生活で私もいちいちガミガミ叱るのも嫌だったので。

上の子が小学4年生、下が1年生に入学する頃、単身赴任から戻ってきました。 

帰ってきてからは、たるんだ私たちの生活を改めるように、子供に叱ったりが酷くなりました。
私に子育てをほとんど任せきりにしてた負い目もあったのか、私へのイライラも子供へ当てるようになってたとおもいます。
そして、夫が居なくてもやってきた、私と子供達の自立ぶりに対して自分の威厳を取り戻そうとしてるのか、一家の主は自分だとわからせたかったのか。

こんな感じでも結婚してから夫婦生活は週に2回、単身中でも最低1回はしてました。
飲みに行って帰ってきた時にするセックスは本当に最悪で、私も仕事で疲れたし、子供に腕枕をして一緒に寝てるフリをしていたら、無理矢理やろうとするので嫌だと拒否をしたのに、子供が隣にいるまま、腕まくらをしたまま行為を続けました。本当に腹が立ちそこから一気に冷めて、先の事を考えて貯金をしよう決めました。

夫は基本土日が休みなので私も一緒に居たくなく、逃げるように土日に仕事を入れるようになりました。
休み無く働く私に少し不満を溜めてるようでした。

ある日子供が熱を出した事で少し言い合いになり、私も腹が立ち次の日夫の出勤後に「お互いに我慢してる所あるからしょうがないと思ってたけど、今は我慢してまで一緒に居なくてもいいと思ってます。この先の仕事が落ち着いたら話し合いましょう」とLINEをしました。

全くその事には触れず何日か後子供が寝た後に話をしようと言われました。
「何か悪いことしたかね?」と聞かれました。
今まで、事を言いました。

私も話してて自分の事を棚にあげてる事もあったと思いますが、そこにつっこむこと無く、なんの反論もせずに私の話を聞き「うちは夫婦喧嘩もなく良い夫婦と思っていたけど、全部「わたし」に我慢させてたんだね」「悪かった」と初めて詫びました。
「変わらないと思うから」と言う私に「変わらないといけないと思ってる」と夫は返してきました。
その後無言が続いたので、それで終わったのですが、それ以来必要以上の会話をしなくなり、次の日から子供達に凄く優しくしています。
そんなにすぐに変わるものではないと思ってるのでたまに怒ったりはしますが、私に対しては一切言わなくなりました。

私は朝起きなくなりました。
おかず等は用意してるので自分で詰めていくようになりました。
私も怒らせないギリギリの線までやってる所が不思議で。

せっかくやり直しうと頑張ってる姿に、やり過ぎかな?と同情したり、ただ甘やかしに近い優しさで単純な子供の株を上げてる夫に腹を立てたり。
情緒が変になります。
バーッと怒られた方がじゃー離婚しましょうと言えるのに。じっと耐えてるようで、また恐いんです。
良い夫になったとしても、私の今までのされたことや、支配されてた恐怖心みたいなのは一生消えないのではないのかと思うのですが、どうでしょう?
それに、これは離婚を申し出た時の理由として成立するのでしょうか?

子どもの年齢別新着Q&A

カテゴリから探す

あなたにオススメの記事