いこーよ子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

眼の悪い仔猫の里親になるにあたって

掲載日: 2020年6月29日更新日: 2020年6月29日

初めての投稿です。

先日、知り合いの娘さんが猫(2か月齢オス)を保護されたのですが猫風邪にかかっておりどうやら視覚に障害が残りそうです。
猫風邪がだいぶ進行していたのか目が腫れていて両目ともふさがってしまっていた状態から点眼と内服薬で腫れはだいぶ収まってきたのですが、手術の必要があるかはもうしばらく様子見が必要との診断です。
知り合いのお宅では2匹の先住犬がいて飼うのが難しいとのことで里親をさがしており、先日、我が家にて顔御あわせをしたところ先住犬(チワックス2歳メス)とも非常に相性も良く仲良くじゃれている姿が愛らしく目の障害は全く気になりませんでした。
現時点ではわずかに目が見えているようなのですが、育てる環境や気を遣うことをアドバイスいただけるとありがたいです。
当方、猫は初めて飼うので勉強しながら仔猫とともに成長していきたいなと思っています。人間と異なり、もともと視覚にそこまで頼っていないのでそこまで気にしなくて良いとの書込みもあったのですが、そうはいってもハンデを感じさせない環境を整えてあげたいと思い質問させていただきました。

子どもの年齢別新着Q&A

カテゴリから探す

あなたにオススメの記事