いこーよ子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!

英米の赤ちゃんの寝かせ方

掲載日: 2021年8月30日更新日: 2021年9月2日

何十年も前に、心理学か哲学の先生から、
英米の赤ちゃんの寝かせ方について聞いた記憶があります。

ア、「日本では添い寝が一般的だが、英米では暗い別室で一人で寝かせるのが一般的」
イ、「日本では母子密着に父親が風を吹き込んで次第に引き離すようにし、学校教育でも『自立』が大きな教育目標になる。」
ウ、「英米では元から自立させているが、そのせいか精神を病む人が多い」
(古典的名著、土居健郎『「甘え」の構造』でも類似のことが言われていた気がします)

そこでお尋ねしたいのは、それはどの程度ほんとうか、ということです。
まず、アですが、本当ですか?
次に、ウですが、①本当に人口比率的に、英米では日本よりも精神疾患が多いのでしょうか。
またそうだとして、②幼少からの一人寝のせい、なのでしょうか。

最近、ジーナ式とかいう英国流乳母のスパルタ寝トレが流行っていて、身内にも真似る者がおり、泣いてもさ迷っても放置するという、鬼のようなやり方がトラウマにならないか心配しています。

子どもの年齢別新着Q&A

カテゴリから探す

あなたにオススメの記事